エッチ体験談 15,000話 突破!!

🌸筆卸しは、妖艶なお姉様!

スーパーMAXさんから投稿頂いた「🌸筆卸しは、妖艶なお姉様!」。

【🌸私がボーナス貰い、同僚男3人で居酒屋で酔い出した2人が童貞で無くなっのは何時?】俺18 .俺21 とか言い、私は童貞にも関わらず2年前の泊まりで海に言ったら時たがら22とか嘘を着いてしまった!2人ともそうなんだ!とは言ってくれたが、何か自分自身に対して〜何とも言えない気分になった! 

🌹今週は金曜日休みだ⇒札幌薄野でやって来よう! ★何とも変な期待と知らない不安定で,トルコ風呂に行き、受付で写真を見せられたが、パネマジが無いお化粧したそのまま【2人の美系のを選び、どっちが仕事長いですか?⇒長いのはこっちですが,お客様のアンケート評判が良いのはコッチです】⇒アンケートの写真を指定し、待つこと30 分位【ホットコーヒー飲んでも、本を読んでも落ち着か無いけど、悟られたく無いから、足を組み煙草に火を着けた、2〜3吸したら呼ばれて階段の行ったら、1〜2 階段の中間くの字所でお姉さんが待っていた!】🌸プレイ個室に入り、ジックリ顔を見ながら【写真より綺麗じゃん=速く身体みたいと思っていたら】=ソロソロ脱ぎましょうか?をかごを用意してくれた!ズボンはハンガーに掛けて、その上から上着!下着だけ籠の中⇒お姉さんはワンピースを脱ぐとパンティだけ! 23歳に成っていたけど〜27:28歳でCカップの美系スタイル良い。。洗い場に案内され、全身洗われて私の手を取りお姉さん様はマタギ股間の手首から肘から肩まで4回5 往復を両腕を泡立てた女性の股間で洗われて,シャワーで洗われて浴槽に案内された! 浴槽に歯磨き粉を付けて、手渡してくれて,カップに1杯お湯を組んで暮れた! お姉さんは自分身体を洗うと浴槽に入って来て、お姉さんの両膝の上に私の腰を載せてペニスを水面から出して、フェラしてからお姉さんが先に上がり、空気マットを敷き洗面器で石鹸を泡立てて,私に浴槽から上がる様に、マットにもうつ伏せに私を寝る用に促しながら自分はオッパイ当たりに泡立を沢山付けて私の横⇒上⇒横⇒頭側にお姉さんのお尻になったり手際よく洗って、私の右手を私の胸の下に入れて,左側からお姉さんが私右手首を掴み引っ張ると、石鹸水がマットに落ちているのも手伝いわたしは簡単に仰向けに成った、そこからはわたしの興奮は上がりぱなし、お姉様のアナルからマンコが次々に至近距離に見えなり離れて行ったりマット洗いが終わりに成りかけた時私の両手だけ洗って昏れて、貴方こうゆう所初めてでしょう? ハイ受付の男性から,お客様は初かも知れない?と連絡来たのそれで、普段やらない技も90 分を120 分にしてくれたからサービスした、最後のサービスはわたしには出来ないの私のマンコに指を1本入れて中で360どの壁を触る様にして動かしてご覧。次は中指も足して2本にして! 私は2本からで大丈夫だけど素人の彼女さんは1本で試して.2本はやるやらないを判断しないと一般的な女性からは助平で嫌われるかも知れないからね! 女性のイヤは①気持ち良いから恥ずかしい②本当に辞めて欲しいイヤは違うよ!⇒強くハッキリイヤと気持ちの良いイヤの違いも教えてくれて私の身体を寝たままシャワーを掛けて,また風呂に入って、マットとか洗面器等片付けたら風呂から直ぐに上がった,このマットに来てね。バスタオルで服から、私身体を拭いて貰う頃にはかなりリラックスして来た、上着を脱がす時私の煙草を見ていたみたいで,灰皿を出して来て二人で煙草を吸い出して、何飲む?コーヒーを頼むとお姉さんはフロントに電話していた! 3分位してドアを開けると、コーヒーが置いて有り私の前に有るテーブ Hだけは1人じゃ出来ないから薄野に来ました! と二人で笑い有った! お姉さんは目覚まし時計をちらっと見てソロソロ始める無いと、2回出来ないからしょう、フエラから私の乳首から,最後に69に成る、さっき指入れたから,今度は舐めて見る?⇒私はつくづく思った女の身体っていいなあ〜そしてお姉さんが私に上に成る?下に成る?聞いて来た⇒後で思ったけど正常位、後背位、座位、帆掛舟を2発出す内に教えてくれた⇒ゴム付けなく良いよね!【プロフィール記号は生じゃ無いけど】⇒この時の私はゴムと生の気持ち良さの違いが解らなかった!

2 COMMENTS

ポチ君

18才の時に、兄貴が「お前、まだやろう」ってトルコ風呂に連れて行ってくれた。彼女とセックスしてたんだけど、どれは黙って「ラッキー」とついていったけど、兄貴が「こいつ初めてやからベテラン頼むわ」と兄は若いピチピチのボイン嬢と個室へ。
僕は「キャー若い子大好き」とどう見てもオバサンに当たってしまった。
チェンジ出来る事を知らなかったので、そのまま個室に行ったがベテランだけあって、おっぱいはしぼんでたけど気持ち良かった。

返信する

コメントを残す