エッチ体験談 13,000話 突破!!

熟女にハマって年上の女性と結婚して艶かしさを楽しんでいます

健治さんから投稿頂いた「熟女にハマって年上の女性と結婚して艶かしさを楽しんでいます」。

私は初体験がK校1年の夏で、相手が当時46歳の未亡人の伯母だったんです。
正確には、亡き伯父の奥さんなので、血縁関係はありません。
母より4歳年上の伯母には上京して大学生活を送る娘さん、つまり従姉がいました。

なので、従姉が帰省している時以外は、伯母は一人なので、ヤリ放題でした。
母より年上の伯母ですが、46歳の裸を見せられたら勃起しました。
中年女性の裸って、もっとダルダルかと思ったらそんなことなくて、少し下腹が出てて、お腹にシワがありましたが、あれはシワではなくて経産婦の証だったのですね。

伯母が陰唇を拡げて膣口を見せてくれましたが、もう、痛いくらい勃起してしまいました。
陰茎にコンドームを被せられて、対面座位で童貞を卒業しました。
膣口からヌチャヌチャとイヤらしい音がして、凄く気持ちよくて、結合部の卑猥さに興奮して、ピュルル~~~と漏れてしいまいました。
勢いよすぎて、尿道が痛いくらいでした。
「若いんだから、もっとできるでしょ・・・」
と言われて、お風呂で陰茎を洗って、今度は正常位で腰を振りました。
「ああ~~健ちゃん、硬くてすごいわ~~」
と伯母に抱きつかれながら、初体験で5発抜かれました。

男子K校生の性欲は凄かったですね。
毎日、放課後に伯母の家に寄り道して、少なくても3発は抜かれていました。
そのうち、生入れ外出しを覚え、安全日には中出しも経験しました。
あの、抜かずの3発って、自分の精液がブチュブチュって噴き出してきて、何とも言えない感触だったし、中で出す快感は何者にm代えがたいと感じました。
伯母に生理が来ると、最初のうちは伯母に手で抜かれていましたが、後半は伯母に起たされて扱かれた後、放置されて自分で扱いて出すという、オナニー射精を見られて恥ずかしい思いをしました。

そのせいで、大学進学で上京しても、同じ大学の女子大生に魅力を感じず、中年女性、それも四十路、五十路の熟女に魅力を感じていました。
そんな出会いを求めて、パートのおばさん狙いでスーパーでバイトをしていましたが、仲良くはなっても、なかなか男女の関係にはなれませんでした。
そこで、大学の友達がやってたのを見て、出会い系サイトのようなものを使いました。
40代、50代の熟女とお付き合いしたいと募集をかけたら、結構な反応がありました。
私は、大学を卒業するまで、40代3名、50代5名のセフレができました。
8人のうち、既婚者は半分で、バツイチが2人、未亡人が1人、独身を貫いている人が1人で、私は、その独身を貫いている50代女性と最も長く付き合いました。

でも、優しくセックスを教えてくれたのは、やはり既婚人妻さんでした。
人妻さんなので頻繁には会えませんが、現役で夫婦の営みをしているので、生々しいセックスができました。
やっぱり、夫という男性の存在、男の匂いがする女性って、魅力的ですよね。
めくれたドドメ色の陰唇を舐めるとき、昨夜、ご主人の生陰茎が入ったのかな・・・なんて思いながら舐めると、ゾクッとしました。
50代の閉経熟女の場合、生入れで中に出しちゃいますが、息子より若い男の子に抱かれたがる人妻って、結構いるんですね。

一番親しくしてた独身を貫いていた熟女は、大学2年の夏、私が20歳の頃、出会い系で知り合った当時53歳の女性で、友里さんといいました。
切れ長の目が凛々しい、綺麗な人で、若い頃に親に結婚を反対された男性がいて、それ以来、その男性を超える男性と巡り合わず、独身のまま親に孫も抱かせることなく見送ったそうです。
「独身でいることが、ある意味親に対する復讐だったのかもしれなんわね・・・」
なんて言ってました。
友里さんも出会い系に応じて来た女性なので、セックスは積極的でした。
閉経してるから、毎回中出しで、しかも濃厚なセックスを味わえました。

友里さんは、私を「ペット」と言って、可愛がってくれました。
53歳でもダルダルではなく、やや弛みかけたボディラインが、何とも落ち着きました。
ご奉仕系の方でしたが、時々、サディスティックなプレイをされました。
ベッドで腰の下に枕を入れられ、大の字に縛られて手足の自由を奪われ、陰茎を玩具にされました。
腰枕で、腰を突き出す格好で睾丸や陰茎を弄ばれると、被虐的羞恥快楽に染まります。
亀頭だけを責められて、射精一歩手前で焦らされ続けて涙目になったり、そこから一気に扱かれて射精した後に受ける亀頭責めで悶絶させられたりしました。

そのプレイ、大学2年から4年までのクリスマスイヴに、友里さんのお友達の女性を集めてのパーティーで、余興として披露されました。
私は覆面をして、7~8人のパーティー参加者が見えるんですが、中には20代の若い女性もいて、大勢の女性の前で大量射精して、その亀頭を責められて悶える姿を見られたのは羞恥の極みでした。
でも、その後、結構な額のお小遣いをもらえました。
その友里さんとも、大学卒業でお別れしました。
私は、就職した最初の配属先が大学のある街じゃなかったから、引っ越しました。
「さよなら。お仕事、頑張ってね。元気でね。」
なんて言われて、33歳も年上のセフレなのに、別れが哀しくて泣いてしまいました。

最初の配属先で、営業の仕事に就きました。
その時、私を指導してくれたのが、6歳年上の恭子さんでした。
流麗なロングヘアーは美しく、6歳どころか10歳以上年上に見えるお色気を放つ美人でした。
ブラウスにタイトスカート姿では、クビレのあるな腰つきから伸びる美脚は煽情的で、ボンッ!、キュッ!、ムチッ!とした肉感は、その太ももに挟まれたくなりました。
恭子さんは清楚そうなルックスですが、妖艶さも醸し出していて、大人の既婚女性という雰囲気で
失礼でしたが、実年齢+10歳のアラフォーに見えました。
もう、私は夢中になってしまい、何度も恭子さんにアタックを繰り返しました。

入社2年を過ぎても、まだアタックを繰り返す私に、
「ねえ、私ね、所帯じみて老けて見られているけど、もしかして健治君、熟女好きだったりする?」
見抜かれたので、大学時代は50代の女性と付き合っていたことを打ち明けました。
そしたら、恭子さんは付き合ってくれました。
初セックスは恭子さんの30歳の誕生日、24歳の若い私と恥ずかしそうにキスをしましたが、段々とスケベなスイッチが入って、その表情は、清楚なアラフォー人妻から淫女になり淫靡でした。

恭子さんは、彼氏いない歴3年だそうで、3年ぶりに味わう性行為に肉欲が溢れ出し、クンニにヨガリ狂う姿がとっても卑猥でした。
見た目はアラフォー熟女な恭子さんでしたが、陰唇はまだ薄紫程度で小ぶり、陰核も皮を被ったままでした。
でも、見た目は清楚なアラフォー人妻で、疼く肉欲に溺れていくようで興奮しました。
老け顔ですが、とても綺麗な方で、Dカップも張りがあって、膣口も濡れ方が充分で、喘ぎ声も色っぽくて興奮しました。

現在、私36歳、妻の恭子さんは42歳、結婚して10年が過ぎました。
子供は、小1の娘が一人います。
今も妖艶美人の妻ですが、42歳になった恭子さんも+10歳の見た目かというとそうではなく、40代後半かなってくらいです。
恭子さんは、大学時代は年上の男性にかなりモテたようです。
セックスの時、挿入しながら恭子さんが今まで経験してきた性行為の話をさせています。
初体験は大学1年、相手は4年生の先輩で、大学時代は4人の男性に抱かれていました。

就職してからは、その見た目が妖艶で老け顔なことで、単身赴任中の40代男性の愛人をしていたそうで、そこで性のテクニックを身に付けたそうです。
そういうことを聞くと、激しい嫉妬で恭子さんの中で陰茎がカッチカチに勃起力が高まり、恭子さんもイキまくりです。
これまでの10年は、私が恭子さんを抱きたくてウズウズしていましたが、この頃、恭子さんの方がセックスしたがります。
ズボンの上から握って勃起させたり、下だけ脱がされてセックスしたり、生理日以外はほぼ毎日セックスがあるような気がして、うれしい限りです。
これからも、艶かしい恭子さんの女体を愉しんで、いつかは閉経した五十路の恭子さんに中出し三昧したいです。

5 COMMENTS

匿名

どうして、彼のふりをして書くの?これ、彼の書いたのじゃないよ…彼に酷いことするの、悲しい…こんなの、酷過ぎるよ…

返信する
ポチ君

閉経なんか待たんと、パイプカットしたらええやん。
そしたら、一回5~6万円の費用でずっと安全に中田氏できるで~

返信する

コメントを残す