エッチ体験談が10000話を突破しました。

遠い昔の家族の記憶を

与太郎さんから投稿頂いた「遠い昔の家族の記憶を・・・」。

「今までありがとう・・・短い間だったけど、幸せだった・・・私、あの人のところに行くから、あなたも、いい人見つけてね・・・」
この後、妻は意識を無くし、翌日息を引き取った。
妻の亡骸は、妻の希望通りに亡き前夫の墓に葬った。

俺28歳、妻45歳、結婚生活はわずか2年だった。

結婚する前から、妻は長くないことは知っていた。
でも、俺にとって妻は初恋の人であり、初体験の女性だ。
妻は俺が中学2,3年の時の担任だった。
中学の卒業式の時に告白した。
「先生には旦那さんがいるのよ・・・」
と言っていた翌年、前夫が亡くなった。
俺高3、先生35歳、ご主人の一周忌の後、先生に童貞を捧げた。
美しい先生の美しい女体、麗しい女の穴を何十分も観察して、言われるままに舐め、男根を入れて腰を振った。
先生は、喘ぎながら泣いていた。
俺は約半年間、初恋の先生に思いを遂げる生活をして、大学進学のために東京へ出た。

大学を出て故郷に戻った。
先生を訪ねた。
先生は変わらず綺麗だった。
交際が復活した。
職業柄清楚な先生はとても美人だったが、23歳の男と40歳の未亡人の組み合わせは好奇の目に晒された。
「いい人が見つかるまで、先生が付き合ってあげる・・・」
という始まりだったが、体調を崩した先生が療養するにあたり、俺は夫であった方が都合がいいと説き伏せ、結婚した。
突然、高2の娘が出来たが、彼女は俺を父とはみなさなかった。
療養中でも週2~3回は夫婦の営みを持っていた。
前夫を亡くして10年、女手一つで育てていたひとり娘が高校を出て就職したのを見届けるようにして、妻は旅立った。

妻の遺品を整理していたら、8ミリビデオを見つけた。
再生すると、日付から俺が大学生の頃とわかった。
SMホテルだろうか、X字のハリツケ台に縛られた先生の両乳首には洗濯バサミ、股間にも何かぶら下がっていた。
股間のアップを見ると、女核にスポイトが吸い付いてぶら下がっていた。
スポイトはガラス製なのか樹脂製なのか透明で、吸い付かれて女核が包皮から剥き出ている様子がハッキリ写っていた。
ハリツケ台の下にはバイブレータを固定した置物があり、横のハンドルを回してハリツケ状態の先生の女穴にバイブレータをめり込ませていく過程が記録されていた。
乳首を挟まれて女核を吸われながら女穴内をバイブで刺激され、虚ろな表情の先生・・・
「アァ・・・堪忍して・・・こんな恥晒し・・・映さないで・・・」
吸われ続けて飛び出た女核を洗濯バサミで挟まれて、その洗濯バサミをバイブで振動されて、潮を噴きながら悶絶するはしたない先生・・・
「ホホーー!先生、潮まで噴いて、亡くなった旦那さんが見たら、どう思うかしらねえ・・・」
「アァァァアァアァァ~~ウゥウゥそんな~~」
惨めなM字開脚に縛られてうつ伏せにされ、尻穴に牛乳浣腸をされる先生・・・
「ウゥゥゥゥゥゥゥ~~~」
「先生、我慢しないで、遠慮なくケツから牛乳ぶっ放してくださいな・・・」
耐える先生の女穴に、バイブが挿入されると、括約筋が緩んで、
ブバババーーーーっと尻穴から牛乳を噴出す先生・・・
「アァ~・・・」
その先生の尻穴に男根を捻じ込む男は・・・中学時代の教頭だった。
「私だって先生を好いておったのに、あんな奴と結婚して、やっと死によったと思ったら、今度は教え子に抱かれくさって・・・そんなに俺が嫌いかっ!」
尻穴に男根を出し入れしながら、教頭は先生の剥き出し女核を摘まんだ。
「ンアァアァァァァァァァ~~~クハァァァァァァァァァァ~~~・・・」
「うおーーーーケツが、ケツが締まるぅーーーーうおうおうおおおーーー」
教頭は、先生の尻穴深く精液をぶっ放したようだった。

俺は、VHSに映る教頭の消息をたどったが、定年退職後すぐに既に亡くなっていた。
俺は、VHSのテープを引き出して、燃やした。

俺は、32歳で28歳の女性と再婚した。
俺はいつまでも先生が恋しくて、結婚する気など全くなかったが、両親に拝み倒されて見合いした。
彼女はお淑やかな若奥さんのような綺麗な女性で、バツイチかと思ったら、24歳の時に、結婚式の1か月前に公園で複数の男に強姦され、破談になった過去を持っていた。
やっと立ち直ったので、恋愛対象に俺が選ばれたようだった。
見合いから半年、彼女は、
「あの・・・口説かないんですね。」
「口説いてほしいのかい?セックス、大丈夫なのかい?トラウマになってるんじゃないか?」
「だからこそ、早めに試した方がいいかなと・・・ダメなら、私は一生独身を通します・・・」
結婚する1年前、当時27歳の股間に開いたのは、新品同様の女陰だった。
クンニに震えながらも濡らし、恐る恐る男根に触れ、女穴への侵入を許した。
「・・・ンアッ・・・アッアァッ・・・」
横暴な数本の男根は、きっと濡れていない女穴を抉ったのだろう。
きちんと濡らして感じさせてからの男根の美味しさを思い出したように喘ぎ始めた。

結婚を決めたのは、4年ぶりに会った義理の娘の結婚報告だった。
「私、就職先で知り合った方と結婚します。籍、抜きますから一応お父さんに報告したいと思いました。これで、もう、一切赤の他人という事で・・・母も亡くなった父と一緒にいますから、邪魔しないであげて欲しいんです。お見合い、なされたと聞きました。是非、お幸せになってください。では、さようなら・・・」
あれ以来、一時娘だった彼女には会っていない・・・

再婚して今年で21年が過ぎた。
今年の4月、一人娘が東京の学校へ進学して、夫婦2人になった。
結婚する気もないのに、生の女体で性欲処理できるからくらいの想いで再婚した妻と、21年暮らした。
今では、かけがえのない存在になっているから不思議だ。

そんな俺を訪ねてきた男がいた。
彼は、一時娘だった女の夫だった。
「妻は、7月に永眠しました。44歳でした。先日、四十九日を終えましたので、一応、お知らせしておこうと思い、お訪ねしました。」
彼女は、母親より1歳若くして、母親と同じ肝炎でこの世を去った。
父娘らしいことは何もなかったけれど、俺の人生では忘れ得ぬ人物の一人だった。
最後に会ったのが23歳だった元娘も、どこかで生きているのともういないのでは、寂しさが違った。
何となく、昔を思い出してしんみりしたが、妻に話せることではないので、ここに投稿してみた。

13+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!