エッチ体験談 13,000話 突破!!

C学生の頃、地元の秋祭りで

ひろさんから投稿頂いた「C学生の頃、地元の秋祭りで」。

今から約20年前、地元の小さな神社で毎年あった秋祭りでS3〜4年くらいの女の子が社務所の隣に設けられた仮設トイレでおしっこしてるところを見た。

社務所のすぐ近くでボーッとしていると、境内の方から社務所に向かってその女の子が自分のおばあちゃんと思われる年配の女性と一緒に歩いて来ました。

そして社務所の隣に仮設トイレを見つけると「あれってトイレ?ちょっとおしっこしてくる〜」とおばあちゃんに言い、トイレに入ると扉を閉めました。

ですがすぐに扉を開け「中暗いからやっぱり開けとく」と言い、扉を開けっぱなしにしてしまいました。

そのトイレは水洗ではなくボットントイレのような物で、ライトも付いておらず1人が入れるだけのスペースしかなかったので扉を閉めると狭く真っ暗になるので怖かったのでしょう。

扉を全開にしたまま外にいるおばあちゃんに「恥ずかしいから、誰も来えへんか見といてな?」と言い、外から丸見えになっているにもかかわらずズボンとパンツを一気に下ろしてかわいいお尻を丸出しにして便器を跨いでしゃがむと「誰も見てない?」とまたおばあちゃんに聞いていました。

外を歩いていく人達にはチラチラ見られ、僕も女の子のお尻が良く見えて二人の会話が聞こえるほどトイレの近くにいたのですが、おばあちゃんは「大丈夫やから早うしい」と言いました。
多分、早くおしっこをさせてしまおうと思っていたのでしょうね。

おばあちゃんから大丈夫と言われると女の子は安心したのか、ジョロッジョロッ、ジョオオオと凄い音を立てて勢い良くおしっこを始めました。

ジャアアアと次第に音が強くなり、勢いも増してきてなかなか止まる気配はありませんでした。

おしっこをしている女の子に向かっておばあちゃんが外から「あんた、よう出るな〜···」と言い、女の子は「だって我慢しててんもん···」と恥ずかしそうに言い返してました。

だんだんおしっこの勢いが弱まり、おしっこが止まりかけると最後にピュッピュッと残尿を搾り出し、股からお尻に伝ったお尻をポタポタと便器の中にしばらく垂らしてからトイレットペーパーを取り、しゃがんだまま大股を開いてアソコを拭き始めました。

すると、その様子を見ていたおばあちゃんが「あんたもっと綺麗に拭かな···」と言い持っていた鞄の中からウェットティッシュのような物を取り出して「ちゃんと拭いたるから、ちょっとモーしてみ?」と女の子に言いました。

これは小さな子供のお尻を拭く時によく使われる言い方なのですが、その女の子は見た目的にもう10歳くらいの子だったのでこの言い方に少し違和感があったのですが、祖母と孫という関係からこのような言い方になったのかなと思いながらそれからの様子を見ていました。

この頃になると立ち止まって見ている人もいて多くの人に見られていたのですが、女の子は素直に中腰のような格好になりお尻を高く上げ、おばあちゃんにお尻からアソコにかけて拭いてもらってました。

おばあちゃんは拭きながら空いた片手でお尻を拡げ、アソコとお尻の穴を丸見えにして優しく丁寧に拭きながら「冷たいから気持ちいいやろ?女の子はここ綺麗にしとかなあかんねんで?」と言い女の子は「うん···」と恥ずかしそうに返してました。

後ろからある程度拭き終わるとおばあちゃんはウェットティッシュを取り替え「じゃ、今度はこっち向いて?」と言いました。

そんなことをすると、外からアソコが丸見えになるので女の子も「えっ、でも···」と躊躇してましたが、「前から拭かな綺麗にならんよ?」となだめ、少し強引に女の子の体を反対に向け、女の子は外に向かってまだ毛も生えていないかわいいアソコを披露してしまいました。

そのままがに股のような格好にさせ、また空いた片手でアソコを少し拡げて丁寧に拭いてあげてました。

初めて外の様子を知った女の子は顔を真っ赤にしながら顔を伏せましたが、一度だけ視線を上げた時に僕やその他の人達と目が合うと泣きそうな顔になってまた下を向いてしまい、まるで(早く終わって···)と願うように自分も股を拭かれている様子をじっと見てました。

やがて拭き取りが終わり、おばあちゃんに「スッキリした?」と聞かれると「うん···」といい、急いでズボンとパンツを上げると恥ずかしそうにトイレから出ておばあちゃんと一緒に手を洗い「早く帰ろう···?」とおばあちゃんにしがみついて顔を隠しながら神社から出て行きました。

時間にすると2〜3分程拭いてもらっていたのですが、女の子にはそれ以上に長く感じたのでしょう。

女の子がおしっこをするところや股を拭いてもらう様子を初めて見たので僕はもうギンギンに勃起してしまい、女の子が帰った後そのトイレに入ってオナニーしてしまいました。

もう約20年位前のことですが、この出来事は今でも鮮明に覚えていてオナネタにも使っています。

コメントを残す