エッチ体験談 13,000話 突破!!

お泊まり会で同期のおち○ぽを手コキ

20代OLさんから投稿頂いた「お泊まり会で同期のおち○ぽを手コキ」。

先日、同期数名とエアビーでお泊まり会をした時の話です。
こんな世の中なので居酒屋が空いておらず、エアビーにて飲み会を行いました。

男子6名、女子2名ほどで、皆記憶が曖昧になるまで飲み進めていました。
エアビーには、人数分の寝る場所は確保されているものの、ダブルベットでペアで寝なければなりませんでした。

私以外のもう1人の女の子はソファでそのまま寝落ちしてしまい、どういった流れか私自身も覚えていないのですが、私は同期男子(以下A君)と同じベットで寝ることになりました。
(私は以前より少しだけA君のことが気になっていたので、ついて行ったのだと思います)

翌朝明け方、ふと手の感触に違和感を感じると、掛け布団の中でA君と手を繋ぎながら眠りについていることに気がつきました。
しかもその手はA君の太腿の上あたりに置かれていたのです。
そして私が少し動いたことに気が付いたのか、A君も眠りから意識が戻ってきたようでした。

私は手が繋がれた状態に戸惑い、離そうかもぞもぞしていたところ、それがA君の刺激になってしまったのか、突然股間の上まで手を持っていかされました。
私は寝起きでまだ意識が朦朧としていること、お酒が残っていて頭が回っていないこと、A君が気になっていること、Hなことがすきなこと、など諸々が重なり、興味本位でA君の股間の上に置かれた手をわさわさとしてみました。

するとA君も、目覚めだしたのでしょうか、私の手をズボンの中、パンツの中へと誘導し出したのです。
薄ら目を開けて確認するとA君は目を瞑ったままです。私も寝起きでボケていることを理由に、本格的にA君のおち○ぽの手コキをはじめました。

段々と固くなるおち○ぽ。
興奮して堪りません。

するとA君は私の太ももへ遠慮がちに手を伸ばし、軽く手で愛撫したあと、履いていたショーパンの間からパンツに手を伸ばし、最終的に私のおま○こを弄り始めました。

暫くお互いに弄り合い、私も流石にこのままだとよくないと思い、そっとおち○ぽから手を離しました。
すると、A君が再び私の手をおち○ぽへ誘導するのです。

これはもう私も手コキを続けるしかありません。

結局お互いに20分ほど弄り合い、最終的に私は寝落ちてしまいました。

短い間でしたが、その部屋には他の同期も別のベットで寝ておりとても興奮しました。
もし2人だけだったら、フェラまでしてしまっていたと思います……。

コメントを残す