17,000話以上掲載!!毎日更新!!

今夜も母が僕のチンポを求めて部屋に来た。

[AD]

[AD]

ケイタさんから投稿頂いた「今夜も母が僕のチンポを求めて部屋に来た。」。

父に相手をしてもらえなくなったみたいで、欲求不満の母からお願いされて以前SEXしたのがきっかけ。
「ケイタ、今夜も…ね?お母さんを抱いて」
「良いよ、全部脱いでベッドに入りなよ」
僕は母が必ず来ると思って予め裸でベッドに入って待ってた。

母は全て脱ぎ捨てて嬉しそうにベッドに入ってくる。
「ケイタも準備して待っててくれたのね、お母さん嬉しいわ」
僕に抱きついて舌を絡めてくる。
僕も母を抱きしめて舌を絡ませ、胸やマンコを愛撫する。
「ああ…いつもありがとうね、こんなお母さんでごめんね」
「良いんだよ、気にしないで。僕もお母さんとSEXするの好きだから」
「優しいのね、今夜もたくさん中に出してくれる?」
「もちろんだよ、お母さんの中にたくさん出す為にオナニーもしてないんだから」
「ふふ…お母さんの為に溜めてくれるなんて本当に嬉しいわ」
チンポを撫でる手が握ってきてシコシコと擦り始めた。
「もう挿れて欲しくてたまらないんでしょう?でもまだだよ、僕にお母さんのマンコ舐めさせてよ」
「お母さんにもケイタのチンポしゃぶらせてくれる?」
「精子が出ちゃわないように手加減してね?出す時はマンコの中に出したいから」
「わかってるわよ、お母さんもオマンコの中に全部出して欲しいもの」
布団に潜り込んでお尻を上から突き出して僕の顔を跨ぐ。
さっそくチンポを咥えてきた。
僕も既にビッショリ濡れてるマンコを舐める。
粘り気の強い本気汁が舌に絡んで、味も香りも濃くて美味しい。
マンコを堪能してると、母は約束を守って僕がイク前に口を離して焦らすように玉や亀頭より下を舐める。
本音を言えば母の口に出して飲ませてみたいとも思うけど、マンコに中出しする量が減るから口には出さない。
それに、中出しした後のマンコは舐めたくないから今の内にたっぷりマン汁を味わってから存分に中出ししたいとも思う。
そんな事を毎回考えながらマンコを舐めてる。
そして母がマンコとアナルをヒクつかせて越しを小刻みに震わせ始めた。
そろそろイクんだろう。
予想通り震えが激しくなっていってチンポを舐める余裕も無くなり、只々チンポを握ったままマン汁を大量に溢れさせてイッた。
「お母さんがイク時のマンコはエロいね、そろそろ挿れてあげるから出ておいで」
モゾモゾと布団から顔を出す。
「お願い…オマンコめちゃくちゃになるまで激しく犯して…お母さんを妊娠させるつもりで中に出して」
クンニでイクと毎回こう言われる。
「お母さんに本気で種付けしてあげるから安心して、一気に奥まで挿れるからね」
正常位で宣言通り一気に深く挿入する。
「あひいぃ!チンポきたぁ!ああん!イクぅ!」
僕のチンポで母をイかせる瞬間がたまらない。
僅かに残ってた母親の顔も完全に消えてメス全開の顔になる。
イッてる母を容赦なく突いて休ませない。
「ひいぃぃ!あひぃ!」
相変わらず大きな喘ぎ声で父が目を覚さないか心配になるけど、未だに父から何か言われたことが無いから大丈夫なんだろう。
母をイキっぱなしにさせると全身が性感帯みたいになるから、軽く胸を触ったり乳首を舐めるだけでビックンビックン反応してくれる。
マンコの締まりもハンパじゃない。
「一回目の中出しするよ」
聞こえてないけど一応宣言してから中出しする。
出す時も強く腰を打ち付けて子宮を突き上げながら出すんだ。
「はうぅん!はひ…あひ…」
半分意識が飛びかけてる母。
だらしない顔で半開きの口から涎を垂らして恍惚としている。
僕の精子が流れ込んでいくのがよほど嬉しいみたいだ。
射精が終わりかけたら、チンポが萎える前にまた腰を激しく振ってマンコを突く。
これで完全に意識を飛ばした母を僕は好き放題犯して中出しを繰り返す。
涎を垂らす口にキスして舌を絡めると無意識に反応してくるのが不思議だ。
白目を剥いて痙攣が止まらない母を好きなだけ犯して精子が出なくなるまで中出ししたら、チンポがマンコに押し出されるまで抜かずに母の唇や胸を堪能する。
母は僕の女だと印を付ける意味でキスマークだらけにする。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次