エッチ体験談 13,000話 突破!!

紹介してもらったヤリマン

真人さんから投稿頂いた「紹介してもらったヤリマン」。

2・3年くらい前の話
その頃は俺もまだ大学生で彼女とかいなかった
とにかくセックスできる女が欲しくて、けどソープとか大阪にはないし、どーしたものかとやきもきしてた

彼女はいなかったけど大学に女友達はいたので誰かイイ子いない?とダメ元で聞いてみた
そしたら友達の義理のお姉さん(になる予定)が超セックス大好きで個人撮影とか日常的にしてるとかで1度会ってみる?と手応えあったので連絡先教えてもらった

そんだけセックス好きならと直球でヤらせて貰えないかとアクセスしてみたら。ためらいもなくオッケーを貰った
地下鉄の駅から地上に出たとこにある大きめの本屋の前で待ち合わせ
どんな人だろう?声だけしかわからなかったので内心ドキドキ。超ブサイクとかだったらどうしようとか思ってた

時間が来て、やって来たお姉さんは超絶美人とかではなかったけど、平均以上でスタイルも悪くなかった
うわー。この人がヤらせてくれるのかぁ。俺はズボンの中でチンポ膨らませた
「ねえ」
ニコリとしながら話しかけてきて、「ただ普通にエッチするのも面白くないよね?」
「普通じゃないって?」
「エッチする条件を考えたんだけど」
「え?」
お金とか取るのかな?ちょっとヒヤリとした

「ここからね、私のマンションまでほぼまっすぐで、暗くて人通りもあんまないんだ」
「はぁ」
「でね」
お姉さんがパンとか入ったコンビニの袋を差し出してきて、「今から部屋に着くまでチンチン出して歩くのが条件。人が来たらその袋で隠してね」
「ま、マジですか?」
「うんマジ。15分も歩けば着くからね」
うわ、本気だ
仕方ない。この人とのセックスを逃すのも惜しい俺は社会の窓を開け、チンポを丸々出した

いざ出してみると変な興奮がこみ上げてきて俺のムスコはみるみる大きくなった
「あはは!満更でもなさそうじゃん」
お姉さんが嬉しそうに笑った
お姉さんの言う通り、ほとんど人はいなくてたまにすれ違う時にはさりげなく袋でチンポを隠した
「ほら、これが私の住んでるマンションだよ。5階だから。エレベーターのカメラに気をつけてね」

エレベーターで5階に上がりお姉さんに部屋に案内され、ドアを開けて、はい。どうぞと部屋に入るよう促されたので俺はろくにドアも閉めないままお姉さんを抱き抱えて中のソファーに放り投げるようにお姉さんを押し倒して、速攻でハメた。お姉さんはノーパンだった
もう1秒も待てないほど俺の興奮はマックスだったのだ
乱暴に扱われたのがお姉さんの性欲をくすぐったようで即ハメにも関わらずすぐに濡れ濡れで気持ち良さそうに喘いでいた
生でハメてたのをすっかり忘れてて中に出してしまった

「あっ、しまった。ゴムとか付けるの忘れてた」
「ああ、平気だよ私日頃からピル服用してて、中出しとか普通だから」
あー、このお姉さん最高だわ
俺は頑張って4回ヤらせてもらった
今日はありがとうございます。そろそろ帰りますねとお暇しようとしたら
これおみやげねと1本のDVDを渡された

中身を聞くと個人撮影で撮ったものだよ。おかずにしてねと
帰ってから観させてもらうと、お姉さんが真っ昼間から草が人の背丈ほどある草むらで5人くらいに回されている動画だった
今でもこれはおかずにさせてもらっています

1 COMMENT

スカ山隆夫

これのヤリマンさんから見た視点の話を別のサイトで見たことあるわ

返信する

コメントを残す