エッチ体験談 12,000話 突破!!

太陽のような笑顔の初カノのハメ撮り

初彼さんから投稿頂いた「太陽のような笑顔の初カノのハメ撮り」。

高校時代に付き合ってた初めての彼女とのハメ撮りが、実家のウィンドウズ2000のPCに残っていました。
ショートカットが可愛くて、夏のセーラー服姿で太陽のような笑顔が1枚目です。

スカートを脱いで、上半身はセーラー服をまくり上げるとノーブラ、貧乳で乳首も小さく小学生のような体つきです。
M字開脚で開帳すると、全体的に小さく小陰唇が殆ど無い超美麗な陰部です。
ここでデジカメが三脚に固定、私の陰部いじりが始まると彼女はウットリします。

陰茎にコンドームを被せ、正常位で挿入、客観的に見ると、私の陰茎ってこんなに大きかった?と思います。
その後開脚騎乗位で、自分の指で陰唇拡げてご開帳、結合部見せ見せ、バックで結合部見せ見せと続きます。

次にマン繰り返しで陰唇拡げ、激しいセックスの途中で膣口回りが赤くなっています。
その後騎乗位の後、正常位でフィニッシュ、精液の溜まったコンドームをぶら下げてピースサインの彼女の太陽のような笑顔がラストの1枚です。
終始夏のセーラー服を上だけ脱がないから、ロリ物の裏本みたいな仕上がりです。

こんなに仲が良かったのに、高校3年生の9月末、受験勉強が忙しくなってイラつた私のせいで別れてしまい、会話もほとんど交わさなくなりました。
でも、卒業までの間ずっと彼女を思い続けていました。
卒業式の日、私を見つけて走り寄ってきて、
「色々あったけど、元気でね・・・」
って言って、太陽のような笑顔で去っていきました。
その日、家に帰ったら、いろんな感情が溢れて静かに泣きました。
今はいい思い出として残っています。

大学進学で一度故郷を離れて、就職で戻って、彼女への思いは残っていましたが、チクってくらいになっていました。
そのうち私は結婚して、妻を愛し、彼女への気持ちは思い出になったつもりでした。
ところが、先日街中で彼女を見かけてしまい、目で追っている自分がいました。
彼女は相変わらず可愛くて、太陽のような笑顔で微笑んでいて、胸がキュンとしました。、
もう、別れて20年近く過ぎているのに、ハッキリ彼女と分かった自分は、きっと、私の人生の特別な意味を持った人なんだと思いました。
彼女はどうなんでしょうね。
私のことは、処女をあげた相手ぐらいにしか思ってないのでしょうか。
久々に実家に帰って、PCで元カノのハメ撮りを見ましたが、
「さようなら、私の初めての彼女さん・・・」
そっとお別れを言って、画像データは削除しました。

コメントを残す