エッチ体験談 12,000話 突破!!

娘と

父ですさんから投稿頂いた「娘と」。

○歳の娘がいます。
お父さん子で私に良く懐いています。
お風呂も寝るのも私と一緒が良いと言う可愛い娘です。
なので、昨日のお風呂で手マンとクンニをしてマンコとアナルの気持ち良さを教えてあげました。

驚いた事に、初めてにもかかわらずしっかりと逝っていました。
特にアナル舐めと指入れがお気に入りになりました。
何度も繰り返し要求され、正確な数は数えていませんが、十回近く逝ってたと思います。
お風呂から上がってもまだ気持ち良くなりたいとせがまれ、ベッドでフェラチオを教えました。
小さな口で私のペニスを一生懸命舐めたり咥えたりしてくれます。
ぎこちないやり方がまた可愛い。

ご褒美に口内射精してあげます。
溢さずに受け止められたので、お礼にまた手マンとクンニをしてあげます。
感じすぎてうっかり精子を飲んでしまったようです。
吐き出させずに口の中に溜めさせてたので、仕方ないかもしれません。
かなり渋い顔をしていました。
ですが、精子を飲むとおっぱいが大きくなって美人になると教えたら、もっと飲みたいと言ってペニスにしゃぶりついてきました。
結局私は娘の口の中に三回射精しました。

娘は全て飲みます。
疲れたのか、娘がペニスを咥えたまま寝てしまいました。
可愛い寝顔を記念に携帯で撮影し、ついでにマンコとアナルも撮影。
嫁が風呂から上がって寝室に向かって来る足音を聞き、急いで私は娘の口からペニスを抜き肌掛けを掛けて寝たふりをします。
娘と私は裸なので、見られる訳にはいきませんから。

嫁が隣のベッドに寝たのを薄目で確認したら、抱き締めている娘のマンコとアナルを再び弄り始めます。
ベッドの中に雌の匂いが充満しています。
嫁の寝息が聞こえてきたので、娘の身体の向きを変えさせ、後ろから抱く形にしました。
熟睡して力が抜けたマンコにペニスをゆっくり挿入。
散々逝き続け、更に熟睡してるので予想通りすんなりと挿入出来ます。
それでもやはり穴が狭くてキツキツなので嫁より気持ち良いです。
半分程挿入した時点で突き当たりに到達しました。

優しく静かに子宮口を何度もペニスで突き、同時にクリトリスを指で愛撫します。
愛液が更に溢れてペニスの滑りがアップします。
不意に娘のマンコがギュウっと締まり、私は耐えられずに子宮口にペニスを押しつけたまま膣内射精してしまいました。
寝ながら逝くとは…。
これだけ射精してもまだ治まらないペニスを一旦マンコから抜き、娘をうつ伏せにさせて覆い被さり、アナルに挿入します。
若干締まりの違いで苦労しましたが、やはり脱力しているので挿入しやすくなっていたと思います。
アナルにはペニスを根元まで挿入出来ました。

嫁の寝息に合わせて腰を振り、音を誤魔化します。
再び娘のアナルの締まりが強まった刺激に耐えられず、直腸内に思い切り射精してしまいました。
ようやく勃起が治まり、アナルの圧力に負けてペニスが押し出されます。
私は記念に撮影した後で処理せずに娘にパンツを履かせ、自分もペニスを汚したまま下着を履きます。
嫁を起こさない様に注意を払いながらパジャマを着せて寝ました。
今朝、娘に携帯の写真を確認させました。
娘はマンコとアナルにペニスが入った事に驚いていました。
指は入っても、ペニスのような太くて長い物が入ると思わなかったそうです。

ただ、寝てて知らない内に入れられた事を怒られました。
ちゃんと見て、感触を知りたかったそうです。
なので嫁に見つからない様に気を付けながら昼間から娘とセックスしました。
娘はたいへん喜びました。
マンコもアナルも、中に射精されるのが面白いみたいです。
夏休みの間、毎日娘とセックスする事になりそうです。

コメントを残す