エッチ体験談が9900話を突破しました。

セックスを経験したら気が付いたこと

田端さんから投稿頂いた「セックスを経験したら気が付いたこと」。

大学1年の時、バイト先で知り合った同い年の専門学校生と付き合った。
お互い初めて同士の19歳、嬉し恥かしの初体験をした。
そのうち、お互いの性器を舐める、フェラとクンニを覚え、大好きな彼女のオマンコを舐めて喘がせるのがお気に入りになった。

彼女も俺のチンポを舐めてくれて、気持ちいいだけでなく、汚い排泄器官を舐めてくれることに愛情を感じて、嬉しくなった。

彼女は2年間の専門学校生活を終えて、故郷に就職を決めたので別れてしまったが、セックスという行為を覚えてしまうと、女性を見る目が変わった。
大学で見かける彼氏とラブラブのあの子も、街で見かける美人のお姉さんも、コンビニで見かける可愛い子も、彼氏が愛おしくて、気持ちよくなって貰いたい一心で汚い排泄器官を笑顔でしゃぶっているんだろうと思えた。
しかも、あのスカートの奥の白いパンツに覆われている中身を彼氏に見せるだけでなく、彼氏のチンポを抜き差しさせているのだ。
大学で見かける清純そうなあの子も、街で見かける清楚なお姉さんも、コンビニの可愛いあの子もオッパイを揺らして、オマンコに抜き差しされる彼氏のチンポに喘ぎながら、淫らな姿を見せているのだ。
信じ難い事だが、あの専門学校生だった元カノも同じ行為に耽っていたのだから、他の女の子だって同じなのだ。

そして、大学の後半に付き合ったセーラー服の女子高生も、就職先で付き合った朗らかな笑顔の受付嬢も、その後付き合って今も俺に抱かれて喘ぐ姿を見せているお淑やか系の女房も、みーんな俺のチンポを舐めて、オマンコにチンポを抜き差しされて、アンアン言いながら仰け反っていた。
女とは、そういう生き物なんだ。

高校生の頃は、考えもしなかったことだ。
とても綺麗な保健室の先生に憧れていたけど、あの先生も彼氏のチンポをしゃぶって、マンコに抜き差しされてアンアン言ってたんだろうなあ・・・

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!