エッチ体験談が11,000話を突破しました。

男の子二人と部屋で飲んでしまったらヘロヘロになって脱がされて・・エッチな体験談

PR

同級生の男の子におっぱい触らせてよ〜って言われて神社に行って・・エッチな体験談
続編
時々遊んでいた写真部の男の子に告られました。
友達でいる分にはなんの問題もなかったけれど、
顔がガッツ石松っぽいのも、まあ構わなかったんだけど。
こいつ、とにかく不潔。
頭から豚小屋の臭いがしてました。
それに、密かに想っている人もいたことだし・・と
傷つけないように
「ごめん、考えさせてくれる?」
と、曖昧な返事をした。
次の日から毎日「考えてくれた?」と聞かれまくった。
「付き合えないなら、文通でもいいから!」
一度も返事を出さなかった。
遊ぶ事も少なくなった。


それからしばらく経って、12月。
クラスの男子からクリスマスパーティに誘われた。
「Hも来るんだけど、来ねえ?」
好きだったH君が来るなら!と喜んで行く事にした。
着いた場所は写真部の子の家だった。
うげっ!と思ったけど、他にもいるからいいかぁ・・・と
気にしない事にして、パーティを楽しんだ。
子供らしく、ケーキとジュースをぱくついて、
みんなでD&Dで遊んだりして、楽しい時間だった。
「ねね、オヤジのビールあんだけど」
写真部の子がそれを持って来て、みんな飲み始めた。
私も少しだけ飲んだ。
あっという間に酔っ払ってしまって、へろへろになった。
みんなも酔っ払って、へらへらしていた。
H君がいきなりプロレス技をかけてきた。
「な~にしてんのさぁ~~~」
とへらへらする私。
じゃれあってるうちに、誰かが胸を揉んでいた。
「だ~れよ~~駄目ですよ~~
踊り子さんに手を触れちゃいけませんよぅ~~~」
(どこでこんな台詞を覚えていたんだか)
「おっぱいはタダじゃないんだからね~~」
「へ~じゃあいくら?」
「え~~?500円~」
何を思って500円なんて言ったんだろう?
しかし、この一言がまずかったらしい。
「500円でいいなら、俺、払うわ」
「んじゃ1000円出したらもっとしていいんか?」
何言ってるんだろう、この人たち?
冗談なのに。
すると、いきなり抱きかかえられて、2Fに連れて行かれた。
2Fには夫婦の寝室があり、大きなベッドがあった。
勢い良くベッドに放り込まれる。
物じゃないんだから・・・痛いっつうの・・・
後ろから羽交い絞めにされて、身動きが取れない。
じたばたしても、男の力には勝てない。
「ちゃんちゃららんらん らんらんらん♪
ちょっとだけよぉぉ~~ん」
あの、カトちゃんのちょっとだけよを口ずさみつつ
服のボタンをはずしていくH君。
あんたこんなにスケベな人だったの?
どうせなら二人っきりで見せたいよー
いやせめて、写真部のあいつには見られたくないよー
そういえば、あいつはどこに行った?
隣の部屋から写真部がやってきた。
手にはカメラ。
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!
何するつもりなんだよ!
横でカメラマンよろしく撮影開始している。
H君はノリノリで服を脱がしていく。
後ろで押さえてる子は、服が剥かれるたびに奇声を上げている。
足をじたばたさせて抵抗したけれど、
パンツもしっかり撤去された。
丸裸に靴下だけ。
シュールな格好だ。
準備万端とばかりに、胸を揉みはじめるH君。
痛い痛い!
力任せに揉むなぁ!
へたくそ!
よっぽどT君の方が気持ちよかった・・・
「お前だけずるいなぁ~」
羽交い絞めにしている子が不満を漏らす。
そこらに転がっているワイシャツで手を縛り上げた。
「お前右乳ね、俺左もーらい」
左右から揉まれまくる。
写真部は相変わらずカメラマン。
「なあなあ、これってSEXしてるように見えねえ?」
と、私に覆い被さるH君。
「服着てたら見えないっしょ」
「そーか」
そそくさと服を脱ぐH君。
「これならどう?」
フラッシュが光る。
「おお、いい感じいい感じ!」
恥丘にちんちんを押し当ててこすりつけている。
上半身は別な手と舌が一生懸命働いている。
とうとうやられちゃうのかなぁ・・・H君ならまだいいかぁ・・・はぁ・・・
覚悟したものの、挿入はしてこない。
やりかた分らないのかなぁ?
乳担当がいそいそとちんちんを出して、目の前に持ってきた。
でか!
T君よりH君よりでか!
何コレ・・・
「尺八て知ってる?ちんちん舐めるんだって」
(フェラじゃなく尺八といっていたw)
口に押し当ててきたので、舌を出してぺろぺろ舐めた。
・・・しょっぱいし、なんか臭い・・・
下半身担当は、起き上がって割れ目の観察をしていた。
指で開いてみたり、つついてみたり。
カメラマンもそちらの撮影に熱心になっていた。
「なんかぐにょぐにょしててわからんな~」
乳担当はちんちんを咥えさせて、腰を動かす。
苦しいって!苦しいって!
声に出したくてもモゴモゴとしかならない。
下半身隊は顔を近づけて、まじまじと見ている。
「ここが穴かなぁ?」
「入れてみたらどうよ?」
グリッと指がねじ込まれた。
「いったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!」
マジ痛い!死ぬ!
その瞬間、ちんちん思いっきり噛んでしまった。
反射的に蹴りも飛んでしまった。
下半身隊H君のみぞおちに見事にHIT。
乳担当は股間を押さえてうずくまる。
おろおろするカメラマン。
飛び起きて、カメラマンのあごに蹴り1発。
「ほどいて」
ワイシャツで縛られた手が自由になった。
落として転がってるカメラを拾う。
くしゃくしゃになったワイシャツを羽織り、部屋の隅に逃げる。
蹴られたH君は情けない顔でこっちを見ていた。
ちんちん噛まれた子はまだうめいていた。
「あんたら、何考えてんの?」
「ごめん」
「ごめんなさい」
「う~~~」
なんかイライラする。体は唾液で変な臭いするし。
なんなのよ!下手糞ども!
「シャワー貸してよね」
犯されかけた相手の家で悠々とシャワー浴びるというのも
どうかと思うけれど。
臭いまま帰りたくなかったんだもの。
シャワーから出たら、居間で3人ならんで正座していた。
声を揃えて「ごめんなさい」
「学校には言わないで・・・」
「とりあえず言わないけど、あんたらがやった事、
全部この写真に写ってるの忘れるなよ?」
証拠品を持っているほうが強いわけで。
写真部を呼んで、問い詰めた。
「付き合わなかったからこういう事したの?」
「そうじゃないけど・・・」
「なんで写真撮ったのさ?」
「好きだから・・・」
わけわかんない。
好きなら自分が真っ先にやりそうなもんなのに。
「嫌いになった?」とおずおずと聞いてくる。
「大嫌いだね」
言い放った。
半泣きの顔のまま、自分の部屋から何か箱をもってきた。
「もう忘れます。これがあると、好きなの忘れられないから」
と、渡された。重い。
箱とカメラを持ったまま、さっさと帰る。
途中、大学の焼却炉に寄ってカメラを放り込んだ。
持ってても現像できないしね。
ついでに箱を開けたら・・・
おそろしい数のストーカーアングルの写真。
ポスターサイズもある。( ´Д`)キモッ
こいつも一緒に焼却炉へ。
卒業までの間、写真があるフリをしておごらせたりしました(w
糸冬
後日談
寝てたら下半身の違和感で起きて・・・初めてだったのに、後ろも・・エッチな体験談

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR