エッチ体験談 13,000話 突破!!

彼女の鼻の穴めがけて

木曜の夜から丸二日、外にも出ないで彼女とエッチ三昧だった。いっしょに電車男を見てからやりはじめたんだけど、電車とエルメスのキスシーンがエロかったので、オレも彼女と正上位でハメまくりながら、ブチュブチュベロベロとエロエロパワー全開でキスをした。

マッハピストンで彼女を何度もいかせてから、トドメの一撃のチンボビームを鼻の穴にビチャーッと直撃させてやった。もう彼女には何発も顔射してるけど、大の字になって鼻の穴や口から白い汁をたらして ハアハア言ってるのを見るのは、何度見てもナイスな気分になる。

二発目はオレが四つんばいになって、彼女にケツの穴をなめさせてたんだけど、なんかコーフンしてきて、彼女を四つんばいにしてケツの穴にローションぬって チンボにゴムつけて、ケツの穴の奥までズホッとブチこんでやった。

20分くらい獣のようにピストンしまくって「ケッ、ケツの穴ーっ」と叫んでゴム中出し。彼女もあえぎまくった後グッタリして、完全にやっつけてしまったようだ。後は二人ともすっぱだかのまま過ごして、食う、やる、寝る、の繰り返しでオレは七発も発射した。

後日談
昨夜、彼女とデートしたんだけど、もう顔射したくてたまらんかった。 木金とオナニーしないで精子をたっぷりためていたので、オレ自身が鼻の穴から精子が出そうなドスケベな気分だった。三発射精して、一発目が正上位からものすごい量の顔面シャワー。

二発目が正上位、騎上位、立ちバック、普通のバックの順で40分くらいハメまくってからゴム中出し。汗だくでへとへとになった。三発目は彼女に足を持ち上げられおむつがえのポーズにされて、ケツの穴を舐められながらチンボをしごかれて、最後は 「ああーっ、ああーっ」と情けない泣き声を上げて口の中に発射した。

後日談 2 
一発目の顔射はたまっていただけあって勢いよくチンボの汁が飛び出して、 あごから鼻の頭を通っておでこにかけて太くて白い一本筋ができた。なかなか射精がおさまらず彼女の顔中に白い汁を飛ばしまくった。鼻の穴にも精子がスッと入って、彼女はその瞬間ピクッと顔を震わせた。 写真を撮った後(アップはできないけど・・・)二人でハアハア言いながら、彼女のヌルヌル顔を間近でじーっとながめていた。

彼女の口元がかすかに笑っていたのが妙にいやらしかった。

1 COMMENT

コメントを残す