エッチ体験談が10000話を突破しました。

久々に会った幼なじみのヤンキーJKとサカリまくった

高校では地味な文系オタクだったので女に縁はなくて
1年以上セックスしてなくて悶々としてた。

2年の時に、高校帰りに地元駅から歩いていると
他校の女子生徒に声を掛けられた。

相手は近所に住んでいて、その子とは顔見知り程度で
あまり会話したことはないけど、妹同士・親同士が友達だった。

その子は中くらいかやや低めの高校に通っていて、
中学までは黒髪で普通の生徒だったけど、
会った時には茶髪で軽くヤンキーになってた。

時代や地域にもよるんだろうけど、
偏差値が低い生徒の半分はヤンキーになるような土地柄ですよ。

家が近所なので駅から道は同じなんだけど、歩きながら
「背が高いね」とか「背が高いと見える風景もきっと違うよね」
というようなことをしきりに言ってくる。

俺は当時身長174ぐらい。クラスの男子の真ん中より
ちょっと高いぐらいで、そう感心するほど高くはない。
ヤンキー女だって157ぐらいで、女子の平均よりはちょっと高いぐらいだし。

そこで何となく、
「こいつ、俺に気があるんじゃないか?」
と思った。

俺の高校は制服がダサかったけど、
その子の高校は当時田舎ではまだ珍しかったチェックのブレザーで可愛かった。
ヤンキーだから当然スカートは短いし。

そう言う目で見てると顔も結構可愛いし、
ちょいちょい手に触れてきたり肩をぶつけてきたりして
ボディランゲージがフレンドリーだから
こっちも良い気分になってくる。

確か定期テストが終わった後で、午後の授業がない時期だった。

開放感もあったので「これから遊びに行かない?」
と誘ってみるとOKだったので、
いったん帰宅して、着替えてすぐ待ち合わせた。

お互い、家は知っていたけど
家に行くのは何か恥ずかしかったので。

妙に待たされるなと思ったら、軽く化粧していてさっきより可愛くなってた。
あと、制服だと分からなかったけど、私服だと胸が意外に大きかった。

軽く待たされて苛々してたけど、それを見たら苛々が消えた。
けどそこで下手に出るのは負けな気がしたので
「おせーよ」と、一応軽く怒ってみせたら
「ごめーん」と言って体をくっつけてきた。

住んでる所はド田舎だったから、
電車で数駅先の、田舎なりに栄えてる所に行って
カラオケとかボウリングとかマックとか、まあ健全なお決まりのデートをした。

高校でどうしてる? って話になって、
俺の高校には空手部がなかったので
部活はしないで道場に通っているという話をした。

今から思えば、ヤンキー女には格闘技をやっているのは受けが良い気がする。

柔道は知らんけど、空手とボクシングは受けが良い。
知り合いのボクサーも、本人はヤンキーではないけど
付き合ってる女は大体元ヤンだった。

女は元水泳部だったけど、一個上の先輩と付き合って、
半年ほどで別れて、部に居づらくなって辞めて、
今はフリーだと言っていた。

初めてのセックスは水泳部の更衣室だったとか、
この近くの公園でやったとか、慣れてくると生々しい話をし始めた。

そこがヤンキー女の良い所。
「へぇ~」と相づち打ちつつ、その情景を想像して勃起した。

マックを出た後「これからどうする?」ってなって、
とりあえず近くの公園に行くことにした。
歩く頃にはもう普通に手をつないでいる。

その公園はかなり広くて、1キロ四方ぐらいあり、
茂みや道からは死角になって見えない木立がいくらでもある。

俺は昔友達と何度か行ったことがあるぐらいだけど、
ヤンキー女は先輩と何度も来ていたせいか詳しくて、
人気のない茂みに連れて行ってくれた。

茂みに着いてすぐキスした。
キスしながら胸を揉んだ。
大きかったので揉みごたえがあった。

ブラのホックを外して、服ごとめくりあげて胸を露出させた。
顔は俺が脱童貞したクォーターの方が可愛かったけど、
体のエロさでは断然こっちの方が上だった。

短パンの裾から指を入れておまんこをコスっていると
ヤンキー女もえろい声を出した。

俺が「ここに入れたい。脱いで」と言うと
「まだ明るいからここじゃ恥ずかしい」
といわれて、少し離れたトイレに連れて行かれた。

障害者用・赤ちゃんを連れたママ用の大きな個室があって、
そこに入ってお互いズボンとパンツを脱いだ。

俺はもう勃起してるし、ヤンキー女もおまんこが濡れていたので
洗面台に手を着かせて立ちバックで入れた。

久しぶりのオマンコは気持ち良くて、1分もしないうちに出そうになった。

「やばい、気持ち良すぎてもう出そう」というと
「服に付いちゃうから中に出して」と言われた。

「口は?」と聞くと口は嫌だ、と言うので中に出した。

それでも頭を押さえて口の中に出し入れしてたら
またギンギンになってきたので、
指でオマンコの中の精液をかき出してからまた入れた。

今度は顔をちゃんと見たい、と言われたので
立ちバックじゃなくて、俺が便器に座って
ヤンキー女が俺にまたがった。

キスしながらオッパイを揉んでいると
ヤンキー女が俺の上で腰をゆっくり動かしていた。

さっきよりは長くつながっていたけど、
やっぱり気持ち良くてすぐ出そうになった。

スパートを掛けたいから立ちバックでしようとしたけど、
顔が見たままが良いと言うから
女を便座のギリギリ前に座らせて、
俺が中腰になって正常位で突いた。

ちょっと動きづらかったけど、すぐに出た。

中に出してすぐに抜くと時間差で精液が出てくるけど、
つながったまましばらくキスしたり胸を揉んだりしてると
女も感じておまんこをピクピクさせるせいか
抜いてくすぐ精液が垂れてくるのがえろい。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!