エッチ体験談 15,000話 突破!!

他人棒を知らないドMの妻

しんさんから投稿頂いた「他人棒を知らないドMの妻」。

妻の名前はカナ3児の母で28歳。
スタイルは締まっていないがくびれはあります!
経験人数は私のみですが相当なドM。

1年前の話になります。
今回はそんなドMのカナに他人棒の経験をさせたいと密かに計画しました。

寝取られサイトで相手を探しました。
私が決めたのはマッサージ師のKさんにしました。
アソコは18cmで太くカリが大きいです。
私は短小ですのでカナからしたら見たことも無い大きさです。

Kとは何度も打ち合わせしKは私の先輩の設定にし整体とオイルマッサージをやりそのまま本番へと言う流れにしました。
嫁にはKのマッサージの練習に付き合うようにだけ言いました。
Kには本番までやった際はカナには私には絶対に言わないように約束する様に伝えました。

ここからはKの話と隠し撮りビデオの内容になります。

土曜日のお昼にカナを最寄りのコンビニに送りました。
服装はTシャツにジーンズでした。
私は子供を見るためにKに全てを託しました。
Kと会ったカナは愛想良く挨拶をして車でホテルに向かいました。
車内では他愛のない会話をしたそうです。
ホテルに着いたらすぐにKの用意したジャージに着替えて整体を行いました。
整体は普通の施術を行い30分程度でした。
オイルマッサージのためにカナは着替えました。
カナの格好はノーブラに紙のTバックでした。
恥ずかしそうに腕で胸を隠してました。
Kはカナにうつ伏せになる様にいい、従いました。
足からオイルを垂らし始めました。
足の裏、ふくらはぎとマッサージしていきます。
なぜかカナの息遣いぎ荒いと気になりました。
Kに聞くと車内で飲み物を進めて中に規定量の3倍の量の媚薬を混ぜたそうです。
そのせいでカナは内腿を指でなぞるだけでもじもじしてます。
うつ伏せではKはまったく誘ってませんでした。
そのまま腰や背中、首周りをマッサージし、
仰向けになる様に指示しました。
カナは恥ずかしいと言ったのでアイマスクをしました。
Kはカナにオイルで汚れるから俺も服脱ぐねって言うとカナは頷き、Kはパンツだけになりました。
カナはKのパンツを見ました。
Kのパンツは勃起しているのが分かりました。
K何事も内容にカナに両手はバンザイしてと言うとカナは従いました。
Kは足から施術を始めました。
うつ伏せにしてからも誘う事なく施術をしました。
Kがカナに少しエッチなマッサージして良い?と聞くとカナは黙って頷きました。
Kはカナの耳元で何かを言い、カナがまた頷きました。
するとKはカバンから色々は物を出しました。
Kはカナの手をベットに固定しました。
そして紙のTバックを脱がしました。
カナは全てを受けれていき、Kはクリにローターを固定しマンコにもローターを3個入れました。
全て遠隔のローターでした。
全て動かすとカナは腰を浮かせて大声で喘ぎ出しました。
Kはそのままカナを放置しました。
カナはずっと喘ぎ続けていて、イキそうになるとスイッチを止めました。
それを何度も続けていくとカナが逝かせてと悲願してました。
Kはそれもシカトしローターを全て取りました。
カナのマンコはびしょびしょになっていました。
ベットにシミができてました。
Kはカナの足をM字に拘束してベットに固定しました。カナは足も閉じれなくなりました。

カナは何一つ嫌がることはありませんでした。

Kはクンニをはじめ、びしょびしょのマンコに指を入れ手マンをしはじめました。
カナはすぐにイキそうになりますがイキそうになると直ぐにやめて逝かせません。
するとカナがお願いだから逝かせて下さいとお願いをしました。
するとKは手マンを始めてカナは大量に潮吹きしました。
何度も何度も潮吹をさせ、カナがビクビクと痙攣をし始め、それでも手マンを続けました。
Kはいつの間にかアナルにローターを入れていスイッチを入れていました。
カナは訳が分からない状態に喘いで潮吹を続けてました。
一旦、全て止めて休憩をさせていました。
Kは何かを準備を始めました。
Kはカナの拘束を解いて立たせました。
天井から垂れている紐に手を固定しました。
片足を吊るして常に片足立ちでマンコが丸見えになります。
Kはカバンからバラムチを取り出してお尻を叩きました。
お尻が真っ赤になったらなんとマンコをそのままの勢いで叩き出しました。
カナは最初は悶絶してましたが徐々にに麻痺して喘ぎ出しました。
Kはクリに当たってないと言い、カナのクリが出るようにテープで止めました。
すると勢いを増してクリにバラムチが当たります。
カナはまた悶絶し、逃げようとします。
ですが体は反応していてマンコはびしょびしょになって愛汁が垂れていました。
Kはまた手マンを始めてまた潮吹をさせました。
Kはカナを下ろして目隠しを取りました。
カナの目はうっとりしてました。
カナからKのちんこを咥え出しフェラを始めました。
Kはカナの頭を押さえてイマラを始めてカナはえずいていました。
Kは問答無用に続けていくと音を立ててカナの喉に直接発射しました。
カナは吐かないように全て飲み込みました。
Kはお掃除する様に指示しカナは舌を使って綺麗にしました。
お掃除フェラが終わるとKは仰向けに寝てカナに上に来る様に言いました。
カナはKの顔の上にしゃがみ69を始めました。
カナはKの舌使いに喘ぎ続けていてフェラができていないためKが足でカナの頭を押さえました。
Kの手はカナの腰を押さえてカナが逃げれないようにしました。
するとカナはそのまま逝きました。
Kはカナを仰向けに寝かしてカバンから超極太の手持ち付きのディオルドを出しました。
Kはカナの口に入れようとするが先っぽしか入りません。
するとKはカナのマン汁を塗りマンコに入れようとしました。
カナは無理無理と言ってますが徐々に入っていきます。
すると途中で痛いと言いました。
Kは痛がる所でピストンを始めました。
すると徐々に奥へ入っていきマンコは全てを飲み込みました。
カナは最初は顔を歪ませてましたが慣れてくると喘ぎ始めてすぐに潮吹をしました。
Kは何度も何度もピストンし抜くとマンコはポッカリと開いていました。
少し休憩して雑談をするとカナが自分からKに御奉仕を始めました。
Kが立ったら自ら上に跨ぎ手で当てがい自分で入れました。
すると奥まで入れて自ら動きました。
腰をグラインドさせて初の中イキをしていました。
さらにそのまま潮吹をしました。
Kはカナを仰向けに寝かして正常位で犯し、バックと次々と対位を変えていきます。
最後に正常位になるとピストンを早くしカナの奥に中出しをしました。
カナは嬉しそうに自分のマン汁と精子の付いたちんこを綺麗にお掃除フェラをしました。

2人でお風呂に入りお風呂でももう一回戦しました。

お風呂をでて服を着終わったらビデオが終わりました。

Kの話ではホテルを出る時には夜だったためノーパンで車に乗りマンコにローターを入れて乗っていたそうです。

家の近くの人気のない駐車場で最後にフェラして帰ったそうです。
カナは夜の22時ごろに帰ってきました。

夜は妻から誘ってきました。

コメントを残す