エッチ体験談 13,000話 突破!!

メモリアルヌード

優真さんから投稿頂いた「メモリアルヌード」。

これは大学生の時にあったとーってもラッキーな出来事
俺は彼女はいなかったけど、男の友人1名と女の友人2名が同じゼミを受講してて、楽しいキャンパスライフを送っていた

男はノボル、女は志穂と洋子
そんな卒業を控えたある日、志穂がヌード写真を撮りたいと言い出した
ヌード写真とは個人撮影的なものじゃなくて、プロのカメラマンに撮ってもらうやつだ
「まあ、お前の自由だしな、別にいいんじゃね?」
と大して気にも止めなかった
志穂はみんなに付いてきてほしいと言い出した
特に断る理由もなくて俺達は4人でゾロゾロとカメラマンの元を訪れた
そして撮影開始。最初はがっちり着こんでいたのが徐々に脱いでいく志穂
俺「俺達、見ててもいいのかねー?」
洋子「志穂がいいって言ってるんだからいいんじゃないかな?」
ノボル「わー、美味しそうなおっぱいだなぁ、舐め回したい」
そして撮影終了
志穂は全裸のまま俺らの所に来て雑談始めた
俺は雑談してたけどバッチリ見えてるマンコとか気になってやりたくなってた
「せっかくだしこの後、ハメ撮りしないか?」
俺が自分を指差しながら思いきって言ってみたら、「いいよ。やろやろ」
とあっさり了承した
「あっ、俺も混ぜて」
とノボルも食いついてきた
とりあえず俺達は洋子の部屋に移動した
俺「よし、じゃ、二本差ししないか?」
ノボル「二本差しって、マンコとアナル?」
志穂「あ、ちょっと待って」
志穂がアナルはまだ経験無いと言うので、俺とノボルにハメ撮りする前に2回ずつアナルをやっちゃってくれと言われた
肛門にチンコをあてがい俺は一気に肛門を貫いた
「ひっ!」
「キツいか?志穂」
「あうう、変な感じ。ちょっとスピード緩めて」
スピード緩める代わりに力一杯アナルを突き上げた
「ひい!」
俺はアナルに精子をぶちまけてノボルとバトンタッチ
ノボルも志穂を容赦なく攻め立て1回ずつしただけなのに志穂はぐったりしてた
「ちょっと休憩ー」
仰向けで大の字になってベッドで志穂が寝転んだ
ノボルは志穂の横に座りおっぱいをモミモミしてる
「洋子も参加しねぇ?」
「えー?どうしよっかなぁ?いいんだけどね、今日は安全とかじゃないから、ゴム持ってる?」
「あ、私、持ってるよ。私は今日は大丈夫だから中でもいいよ」
志穂より先に洋子の相手することに
洋子はアナルイヤだと言うので口とマンコの二本差しすることになった。志穂がスマホ構えて洋子を犯すのを撮影
次は洋子がスマホで撮影して志穂を犯す番
俺はマンコをさせてもらった。中出しオッケーなので膣内に飲まさせてたこうして俺達の4Pは終了
この時撮った画像は4人で共有してたのだけど、志穂の彼氏(がいたとは知らなかった)にバレて俺もノボルもしばかれた

1 COMMENT

サイトウシンイチ47歳

まあ、4Pセックスをたくさん楽しんだんだから、そりゃ、志穂さんの彼氏に文句をたくさん言われても、仕方無いよね❗️。でもまあ、良い想い出になって良かったね❗️。

返信する

コメントを残す