エッチ体験談 13,000話 突破!!

まさかK校生と・・・

若い男子が好きさんから投稿頂いた「まさかK校生と・・・」。

泥沼の離婚から2年経過して、今は一人暮らししてます。
そんな時に、同じ高校の同級生からお世話になった先生の定年を在校生とOBOGでお祝いをしようというお話になって、先生を送り出しました。

定年後は故郷に戻る予定だと先生は言っておられ、気軽に会えなくなるが、こんな会をしてくれて、本当にありがとうと感謝された。

それから1か月ほどした時に、このお祝いの会で一緒に頑張ってくれたK校生の子が私に連絡を取ってきて、これから会いませんか?と言ってきたので、私は快諾した。
待ち合わせ場所に車で向かうと、男の子が待っていて、急にお呼び出しをしてすみませんと言って、私も暇だったから別に大丈夫だけど、今日はどうしたの?と聞くと、ちょっと相談したい事がありましてと言葉を濁した。

車に乗せ、それなら静かな場所で聞くし、車の中で話してもいいよと促すと、お姉さんで童貞を捨てたいと顔を真っ赤にして告白して、ふ~ん、やっぱりねと言うと、分かっちゃいました?と聞くから、君、初めて会った時から、そんな目で見てたよね?これでも女だから分かるわよと言った。

でも、私、君より年上だし、おばさんだよ?と言うと、おばさんなんて全然思ってませんし、物凄くキレイですと言うから、あとで後悔しないでねと家に連れ込んだ。
いきなり家ですか?てっきりラブホとかかと焦るので、もし学校の先生にみつかったりしたら、お互い面倒でしょ?それに家ならどうとでも説明できるじゃないと安心させると、余裕がなくてすみません。それとかなり興奮してきちゃって・・・と。

少し待ってて、用意してくるからと、その場で待たせ、長い男物のTシャツ1枚姿で戻り、この下は裸なの?と言うと、ゴクリと聞こえる感じで、彼にキスをした。
服脱いで、私に見せてと言うと、上だけ脱ぐから、下もよと促す。恥ずかしそうにする彼に少しキュンとして、順番そっちのけで、彼のチンポをパクリと咥えた。

嬉しい?と聞くと、夢の様ですと彼。まず1回抜いておこうか、気持ち良くなったら、遠慮なく口の中で出していいからと伝えて、久しぶりのフェラに熱が入った。
アッ、アッ、と可愛らしい声を出す彼が、お姉さん出ますと言うと、口の中が苦さ十分の精子で溢れ、ティッシュに出して、見て、この量。若いのねって言うと、また顔が赤くなるが、彼のチンポはまだ十分な硬さがあって、まだ出したい?と聞くと、ウンとだけ頷いた。

今度は私のカラダも気持ち良くしてと、彼の前で脱いで、またゴクリと唾を飲む。
濡れやすいから、程々でいいよと言うと、襲い掛かる様に私に抱き着いて、この辺を舐めてくれない?と指で弧を描くようにすると、なんの疑いなしに舐めてくる。
ハッキリ言うと下手だけど、それでも一生懸命ってのだけは伝わってきて、感じ始めた所で、ゴムして挿入してみようかと言ってみると、上手くできませんという彼に、リードすると、スルッと入り、どう?どんな感じ?と聞くと、なんか気持ちいいとだけ。

余裕あるなら、少し動いてみてと言うと、出来ないなりに動いて、お姉さんまた出そうと言うので、そのままイッていいよと言ったら、あっさり出して、そのまま私に覆い被さるから、大丈夫?と聞くと、はい、とても気持ち良くてと返ってきた。

ゴムを外して、またフェラすると、すみませんという彼。
私は首を横に振って、よく頑張ったねと笑顔で返し、彼とお喋りして、シャワーを浴びて帰る準備して、待ち合わせ場所に車で向かい出すと、僕、お姉さんと交際しないと言いかける彼に、私ね、一度結婚に失敗してるの。今度は慎重に行きたいと言いつつも、君がまた私とセックスしたいなら、いつでもしてあげるから、でも勉強もちゃんとねって伝えた。

私から付き合いたいとは言えないから、あくまでセフレとしての関係だけに。
彼も理解してくれたけど、若いだけあって、学校帰りの彼から連絡が入る事もあって、生理の時は口で、それ以外はセックスと彼の親さんには申し訳ないことしてるという意識はありますが、彼の気持ちが私だけに向かわない様にだけは気を付けてるつもりです。

彼のお友達も、私で童貞を捨てて、一時は童貞狩りみたいな感じだったかも。
今は彼も卒業して働いていますが、時々、連絡をしてきては関係しています。
若い子はタフで大好きです。

3 COMMENTS

ポチ君

僕もK高生の時に童貞を奪ってくれるお姉さんに会いたかったぞ

返信する
サイトウシンイチ47歳

本当。俺もそんなお姉さんに童貞をもらって欲しかったですね❗️。これからも、彼といつまでもラブラブセックスをたくさん楽しんでほしいですね❗️。

返信する

コメントを残す