エッチ体験談が11,000話を突破しました。

サクラのテクニックで

PR

テレクラのさくらのバイトについて書いてみます。

ティッシュの裏面には
「在宅OK!」「空いた時間で気軽にお小遣い稼ぎ!」
とかの、よくある謳い文句が書いてあったんで、
記載されてあった電話番号に電話をかけたら、
感じの良い女の人に応対されて、面接の日程を決められました。

履歴書など自分で用意するものは何もなくて、
住所を伝えられたのでホイホイ出向いていきました。
今となっては怖くてできません>< 出向いた先は事務所がたくさん集まったようなビルの一室。 面接とかあるのかと思ったら、簡単な説明の後、即契約の手続きに入りました。 結構きちんとした書類をいろいろ渡されて、 目を通したらサインして、という感じ。

事務手続きのあとは、仕事をするブースを案内されました。

12畳ぐらいの広さのフロアをパーテーションやらで間仕切りしてあって
誰が仕事をしてるのかは見えないけど、声は聞こえる状態。
4人ぐらいが待機できるような感じでした。

仕事をする場所は、意外に快適。
マッサージチェア・テレビ・ヘッドセットが常設されていて、
その会社が用意していたドリンクバーから飲み物持って入っていいし、
漫画や雑誌なども用意されていたので、それらも持って入っていいみたいでした。

ブース内に常設されているもので、変わった物としては
フィルムケースに入っているスライム、小さいローター、
西暦と和暦と干支の一覧表、市内の地図がありました。

仕事の内容なんですが、テレクラに電話をしてきた男性の相手をする。
というものなので、簡単なようですが、チャンネルが多様なので
キャラ設定をして下さい、と言われました。

例えば、人妻チャンネルに電話をかけてきた相手には、
結婚している設定で、という感じです。

チャンネルにはアダルトチャンネルとノーマルチャンネルという
大きくわけて2つのカテゴリがありました。

アダルトチャンネルとノーマルチャンネルでは報酬に差がありました。
給与体系は、通話時間に比例してキャッシュバックという方式。
5分○円という計算方法だったんで、単価が違ったような…

バイトするときは、自分の割り当てられた待機ブースに入ってから、
まず最初に、有線の機械みたいな装置を自分で設定するんですが
そのときに、今日はアダルトはやめとこう、と思えば
「ノーマルのみ」みたいなボタンを押すだけでよかった記憶があります。

大体基本「ランダム」を設定して、アダルト・ノーマル関係なく受けていました。

2ヶ月ぐらいで辞めましたが、週に2回ぐらいを3時間バイトして
1ヶ月に6万ぐらいもらったような記憶があります。

当時スカイプが出る前でしたから、
こんなバイトが成り立っていたんだろうと思います。

ではメールのサクラバイトを。
結論からいうと、この時代でもひっかかる人は居ます。

広めのビルワンフロア内を20席くらいずつに区切って、
それぞれ一つのサイトを担当していました。

区切るといってもパーテーションなどがある訳ではないので、
他サイトのやりとりは丸聞こえです。

ワンフロア上は正社員だけがいるフロアで、
そこでサイトごとの週の売り上げを集計しており、競わされていました。

正社員は集計以外に何をしてるかよくわかりません。

サイトごとに責任者的なバイトが2、3人いて、
その人たちが他のバイトをまとめていました。

全体の流れを箇条書きすると
・えっちな動画がただでみられる、などの文句につられて餌サイトに客が登録
・同時に出会い系にも登録される
・出会い系サイトに登録され、トライアルポイント(メールの送信3回分)が付与された旨の連絡メールがくる
・定形と呼ばれる、全員に一斉送信されるメールが3~4キャラクター程おり、15分置きくらいで発信される
・そのメールに返信した客に、新規隊と呼ばれる部隊が丁寧なメールを送る
・メールの回数を調整し、待ち合わせの直前でトライアルポイントを0にさせて、

キャラクターと会うにはどうしてもポイントを追加しなくては!
という状態においこみ、ポイントを購入させる

・後は継続部隊が待ち合わせを上手くまき、日常会話的なメールでポイントを削り、再度購入させる

というような流れでした。
バイトはバンドマンや、服飾の専門生、元お笑い芸人なんかがいました。

メールのコツというか、私は新規隊にいたので、
なるべく丁寧に、リアリティを持たせながらも
即会いたいんですという気持ちを伝えるようにしていました。

相手の住まいは、細かく登録してくれる人は最寄り駅まで、
ざっくりした人でも都道府県はわかるので、
近くのショッピングセンターなどを検索して、
今〇〇ショッピングセンターの〇〇っていうお店で買い物してて~など、
固有名詞をだすようにしていました。

継続客相手の人になると、またやり方が違って、なるべく日常のあたりさわりない
やりとりでいかに速く返信し、量をさばくかが大事になっていました。

メールの一例としてあげられているのは、私達が定形と呼んでいるメールですね。

4000人くらいに一気に送っています。
登録名が変だとこんな風になってしまうので、
特に大切なトライアルのお客さんにはなるべく名前を入れないようにして送っていました。

あと、サイトはサクラが99%でした。
奇跡的に一般会員同士でやりとりがされたのを見た事がありますが、
サクラに慣れきった横柄な男性会員だったので、すぐに返信がなくなっていて笑えました。

2人のやりとりがはじまった時はバイト同士がざわめき、
暖かく見守ったくらい、サクラ相手ではないやりとりは珍しいものでした。

毎週4000人くらい、新しいお客さんがトライアルで登録されて、その中で購入するの
10人いればいい方、二回目購入するのは1人か2人でした。

会おうと誘ってくる方はたくさんいましたよ。
というよりは、そういう目的のチャンネルがあったので
そこにかけてくる人はやはりそういう人たちでした。

でもバイトの契約上、会うことは禁止されていましたので
「その場所に行っても好みじゃなかったら帰ってもいい」という
条件付きで約束をしたりしていました。

当然電話を切ったあと、その場所に行くこともないのですが。
そういった積み重ねが嫌になってきたのもあり、
人を騙しているのが申し訳なくなって辞めたんですけどね…

会話を長くするコツというよりは、楽しく会話してれば
長引いていたような気がします。普通のおしゃべりです。

スライムはテレHしてる最中に濡れてる音聞かせて、って言われた時に使う(それっぽいクチュクチュ音がするので)
小さいローターも上に同じく音をryと言われた時に使います。

チャンネルがたくさんあるので、目的にあった会話を。

M男専用チャンネルとかはキツかったです。
罵倒しなくちゃいけなかったんで…

男「今、女物の下着を履いて興奮してますぅぅ」
バイト「変態だねー。どんな風になってるの?」

とか。内心、あああああああああ、ってなってました。

抜けそうではないですね。
でも、保管庫のどこかに乗っけてもらえれば、引っかかる人少なくなるかなぁ~
と、思っています。

皆さん注意しましょう。

以上です。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR