エッチ体験談 13,000話 突破!!

見せたがりの私

美結さんから投稿頂いた「見せたがりの私」。

私が18の時、私は自分でアソコの毛を全部キレイに剃ってしまった
子供のようにキレイにツルツルおまんこ

これ、誰かに見られたらどうなるんだろう?見られてしまったことを想像して、それだけで濡れてしまった
とりあえずアソコをデジカメでパシャリ
プリンターでプリクラサイズのシールを作りました
さて、これどうしよう
街中で放置自転車を見かけるとさりげなく通りすぎる振りでサドルとかにシールを貼り付けました
絶対誰かに見られたよね私のおまんこ
もう、ゾクゾクして濡れた愛液が足から伝って垂れてきそうなほど
サイド私はカメラでアソコを撮り直し、今度は普通の写真サイズでプリントアウト
それを見ながら赤くなって顔がホクホクしてきました
私はその写真を持ち歩きながらどうするか考えてました
電車の中でふと目についた男性が持ってた紙袋。私は隙を見て写真をその紙袋にそっとイン
しばらく様子を見てましたが男性が紙袋を触る気配もありません
私は気になって、用もないのに男性と一緒にホームへ降りました男性は駅の出口に向かうことなくベンチへ座り、胸ポケットから手帳を取りだし何やらメモをしています
私はさりげなくそばの自販機でコーヒーを買い、チラチラ男性を見てました
不意に男性が紙袋をゴソゴソ
ん?なんだこれ?と言う感じで写真に気付き、紙袋から出して眺めています
男性がキョロキョロした時、私の視線とバチッと合って、私は不自然に目を逸らしてしまいました
男性は写真を持ったまま私に詰め寄りました。「これ、ねーちゃんの?」
私は顔を真っ赤にして何も言えません
男性が私の手を握り、どこかへ
私は男性に男子トイレに連れ込まれ、個室に二人で入りました
「見られたいの?」
そのままキスされそうなくらい至近距離で男性はニヤニヤしています。男子の手は私の胸を揉んでいました
「やっ」
「嫌ならこんなことしないよなぁ?」
「は、はい」
胸を触る手は私のブラの中に入ってきて直接触り出しました
服をめくられ、ブラも剥ぎ取られ、おっぱい丸出し
私は便器に腰を下ろさせられ、足を広げさせられました
男性がパンツにも手を掛け、パンツを脱がし出します
「うわー、スッゲー濡れ濡れ」
「言わないで」
私は恥ずかしさで手で顔を覆いました
「こんだけ濡れてれば前戯要らないよなあ」
男性がズボンを下ろしてチンコ出しました
チンコは立ってましたが、ちょっと小さかったです
私は立たされ、体を反対に向けられ、バックからハメてきました
私は声を殺して男性の攻めに耐えました
しばらく突いてきて、男性が、「このまま出すのと飲むのどちらがいい?」と聞いてきたようでしたが、声が出ないように必死だったので気付きませんでした
私が何も言わないので男性はそのまま中にぶちまけました
「あっ!」
中に出されて焦る私
「ふう、気持ちよかった」
「中に出すなんて!」
「だって聞いたのに答えないから仕方ないじゃん」
「どうしよう」
「んじゃ、そろそろ行かないとな」
「あ、待って」
私を放置して男性はさっさと出ていってしまいました
私はとりあえず便器に腰掛け、こぼれてくる精子をトイレットペーパーで拭いました
なんかムラムラしてきてオナニーしてたらいきなりドア開けられました
「え!?わっ!」
開けたオジサンがビックリして慌ててドアをまた閉めました
そういえば鍵してなかった
私は時間を空けてそろーっとドアを開いて様子を伺うともう、オジサンの姿はなかったです
ビショビショのパンツをその場に捨てて私はノーパンで帰りました

1 COMMENT

匿名

イタズラのつもりが、少し痛い目にあった感じだね。

俺も似たような経験があって、そのイタズラをした子には、しっかりとお仕置きを
して、今も俺専用の性欲処理にしてるわ。

もっと痛い目にあいたいなら、続けるといいさ。

返信する

コメントを残す