エッチ体験談が10000話を突破しました。

嫁が結婚前に出ていたエロ写真集を見て感じる

古本屋で○○出版の「カルテ通信」という本を数冊買って、
嫁さんの留守中に見ていた。

この本はモデルの女の子が患者になり、
医者役の男優が患者役の女の子のオマンコを開いて診察をしている設定での写真集であった。

驚いたことに、その本にモデル役の女の子の一人が私の妻であった。
その本の出版された日を見ると、嫁さんと知り合う以前であった。

開いて写されたオマンコは黒塗りになっていたが、
ほとんどのポーズはオマンコを開かれて診察をされている写真であった。

この本は今でも隠してもっているが、この事は未だに嫁さんには内緒にしている。

今の嫁さんと知り合い初めてラブホテルに行った時の話であるが、
二人でお風呂に入った後でベッドでキスをし、
両方の乳首を舐めて乳首を立たせたあとで
脚を左右に開かせて明るい部屋でスジマンに近いワレメを
左右にパックリと開いてピンクの綺麗な内部を見せてもらったが、

今まで付き合った女性のほとんどは
「絶対いや」とか「見ないで」とか言いながら
アソコを手で隠して見せてくれなかったが、
今の嫁さんは何の抵抗もなくごく自然に見せてくれた。

結婚してから現在までも同様にシャワーを浴びたあとであれば、
こちらから見せてと言えば何の抵抗もなく見せてくれ、
見せてくれたお礼にアソコを開いて彼女が何度もいくまで舐めまわし、
彼女を十二分に満足させている。

またいく瞬間の膣口の動き
(膣口が自然に直径約1センチくらい口を開け中から透明な液を出してくるのとか、
膣口が内部から押し出されるような感じで膣口が開き始めて開くまでの様子とか)や

ワレメの内部が薄いピンク色から感じてくると
濃いピンク色に変わっていく様子などを観察するのが趣味になっている。

嫁さんのアソコはクリトリスの付近だけ小陰唇?が少しワレメから出ているが
それ以外はスジマンでクリトリスの上に少なめに陰毛は生えているが、
クリトリスより下は天然のパイパンである。

そのため私の持っている「カルテ通信(嫁さんがモデルになっている号)」も
他のモデルに比べて、黒の線で隠している部分が極めて少なくなっている。

私はバツイチですが、今の嫁さんのように
私好みに女性はこの世の中にはいないと思っているので、一生大切にするつもりです。

逆に今の嫁さんが「カルテ通信」のモデル
(他の号とかこの会社のカルテ通信のビデオにも何度か出ていたのではないかと思っている)
をやっていたため、私と知り合った時に私好みの女性に自然となっていた為、
現在私も彼女も幸せになれたのかもしれないと思っています。

結果的には、今の嫁さんが「カルテ通信」のモデルの仕事をしていたので、
自分のオマンコを開いて見せることに何の抵抗もなくなっていた頃
(彼女と出会ったのはその仕事が一段落した頃と思う)に彼女と出会い、

二人の相性がピッタリとあった為その後結婚をして現在お互いに幸せです。

彼女がもしこの仕事をしていなかったならば、
彼女と私がこれほどうまく相性が合わず、彼女と結婚していなかったと思っています。

彼女がこのモデルをしていたことはもちろん全然OKです。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!