エッチ体験談が12,000話を突破しました。

童貞AVに迷いながら出たら、痴熟女3人が同時で、50代なので中出しの初体験でした

PR

むさしさんから投稿頂いた「童貞AVに迷いながら出たら、痴熟女3人が同時で、50代なので中出しの初体験でした」。

ぼくは○0代の学生(男)です。
自粛で家に居る時間が長くなって、先々月はPCをする事が多かったです。
親は2人とも、在宅じゃなくて職場に行っていて、昼間は1人だったから、学校の課題をしたらPCばっかりしてました。

やっぱり、エッチな話とか掲示板とかをよく見たのですが、動画に出てくれる童貞くん募集、というのを見つけました。
セックスはすごく興味があってやりたかったけど、ヤバいのとか釣りとかある事は知ってたから、3日ぐらいは、毎日見るけどスルーしていましたが、でも、やっぱり気になって、気軽に問い合わせて、と書いてあったから、捨てアドで聞いてみました。

すると、裏、という、レンタルとかショップとかに出ない、お金持ちの会員専用のものだから、バレることは絶対に無いし、○8歳未満でもOKで、男の子は法律的に大丈夫、と返事が来ました。
ぼくは、すごく興味が出て、相手の女優さんはどんな感じか聞くと、もちろん年上だけどきれいでやさしいお姉さんですよ、と返事が来ました。
ぼくは、撮影でカメラの前で大丈夫か気になると言いましたが、それも、年上のお姉さんがリードするから君は何も心配いらないよ、と返事が来ました。
そして、説明だけでも聞きに来ない?と言われて、ぼくは、5月の土曜日に、待合せ場所の、ある駅前に行きました。

すると、ニコニコした、スーツを着たやさしそうなおじさんが居て、ぼくを見つけてくれました。(ぼくの服装を言ってありました)
車でマンションに連れて行かれました。すごく広い部屋でした。
ソファーがあって、その向こうに、大きなベッドと周りに映画みたいな証明とかの道具が並んでました。

ソファーで、社長さんと監督さんと迎えに来てくれた人と、ぼくの4人で座りました。
監督さんから、君いいねえ、かわいいねえ、と言われて、びっくりしました。
ぼくは、顔を褒められたのは生まれて初めてでした。
自分では変な顔だとは思ってないけど、普通レベルで、それにモテた事がなかったからです。
だから、彼女も居たこと無いし、童貞でした。

社長さんからも、○5歳の童貞くんはウチも撮影したいねえ、それにキミ本当にいいねえ、年上にモテる顔してるよ、と言われました。
今までモテた事ない事を言うと、同い年に君の良さは分からないんだねえ、と言われました。

ぼくは、何となく、褒められていい気持になってきたら、監督さんから、実はキミの話を、ウチの女優たちにしたら、3人も出演したいと言って来て、今日、3人とも来ちゃってるんだよねえ、来ちゃってるから、いいよね、と言われました。

ここで気が付くと、車の男性が、会話を録画していました。
そして、監督さんから、3人は熟女さんなんだけど童貞は熟女が一番相性がいいし、みんな美人で巨乳だから、と説明されると、直ぐに3人が入って来ました。
本当に熟女さんという感じのおばさんで、1人は割ときれいで、2人はおばさんという雰囲気でした。

そして、監督さんから、3人は、ちじゅくじょ、だと説明されました。
意味は、痴女と熟女を足した言葉で、漢字は痴熟女です。
○0代の童貞の男の子を、痴漢みたいにしながらセックスするのが3人とも大好きと説明されて、ぼくは、年上の範囲が予想よりも上過ぎるのと、痴漢されるのが想像できなくて、断ろうか迷っていましたが、直ぐに3人のおばさん達がぼくに抱き着いてきて、ぼくをベッドに引っ張っていきました。

3人ともバスローブと言うタオルの服を1枚だけ着ていて、身長が低くて、珍しく黒髪ストレートでした。白いバスローブと正反対で目立ったから、黒髪の印象を感じたのを覚えています。
3人とも自分でバスロースを脱ぐと全裸でした。説明で聞いていた通りで、3人とも巨乳で嘘じゃありませんでした。でも、3人とも、ぽっちゃり体型でしたが、デブではありませんでした。

その時、気が付いたのは、3人ともアソコの毛が無くて、ぼくは女の人のアソコは縦に線が入ってる事は知っていましたが、3人とも線がそのまま見えました。
そして、3人が協力して、ぼくの服を全部脱がしてしまいました。ぼくは、断ろうか迷ってる間に、気が付いたら、裸にされて上向きに寝かされて、3人の裸のおばさん達に、ベッドで抱き着かれていました。

すると、監督さんが、おばさん達にくじ引きを持ってきました。
監督さんは撮影しなくて、でも、いつの間にか、ベッドの周りで何人かが、照明とかカメラとかを操作しています。
そして、くじ引きは、初キス、と、初フェラ、と、どうていぐい、でした。どうていぐい、は、後で、童貞食い、という感じだと知りました。

ぼくは、本当は、童貞食いは一番美人のおばさんが良かったけど、美人は、初キス、でした。
2番目に美人、と言うか普通のおばさん顔のおばさんが、童貞食い、でしたが、顔はおばさんだけど、巨乳がぱんっと張っていて一番きれいに見えました。茶色い所の色が薄くて乳首が小さくて、ぼくがネットで見ていた動画の、プロのAV女優さんみたいな胸だったから、それで良かった、と思えました。
3番目のレベルのおばさんが、初フェラ、でした。

くじ引きが終わると、また、3人がぼくに抱き着いて、直ぐに1番美人の顔が近づいて、ぼくの口に吸い付きました。キスのイメージは唇を合わせる想像でしたが、吸い付く感触がして、それから直ぐに、おばさんの舌がぼくの口に入って来て、動き回って、ぼくの舌に吸い付きました。少しびっくりしました。
でも、気が付くと、舌でぼくの舌を巻き取ったり、舌を吸われるのが、すごく気持ち良くなって、頭がぼっとしました。

何か長い時間キスが続いてたと思います。ぼくの想像より、全然長くて、キスが続くものだとは知りませんでした。
一番美人のおばさんの顔が離れると、他の2人のおばさんが、ぼくの胸を舐めてるのが見えて少しびっくりしました。でも、そんな変な事をされてるのに、そこがものすごく気持ち良くて、びっくりしました。そして、その感じは、キスをしてる時から続いていたことも気が付きました。
だから、キスをしている間に、他の2人がぼくの胸を舐めていたみたいでした。

ものすごい気持ち良さでしたが、何となく舐めてる所を見たら、舐め方が分かりましたが、舌全体で舐めたり、舌先で引っ掛けて弾かれた時は、ぼくの身体に電気がはしりました。

それを繰り返していると、1番美人のおばさんと3番目のおばさんが胸を交替して、3番目がぼくの脚のところにいって、ぼくの脚を大きく拡げました。
ぼくは、最初のキスと、今の胸の気持ち良さで気が付いてなかったけど、おちんちんが、自分で見た事のないぐらい大きくなって、立ってました。
ぼくは仮性包茎でしたが、亀頭が完全に剥けて、膨らんでました。

ぼくは、膝の裏を持たれて、大きく開かれて、そして、3番目のおばさんの顔が、口を大きく開けて、亀頭を咥える所が、はっきり見えました。
そして、口に入ると、信じられないやわらかい物が亀頭を動き回りました。ぼくは少ししてから、舌だと気が付きました。
3番目のレベルのおばさん顔が、口を大きく開けてる顔が、ぶさいく、よりもひどくて、でも、それがものすごくいやらしいと感じると、ぼくは全然イヤじゃなくて、ものすごく興奮しました。
そして、亀頭と胸を、3人の舌が同時に舐めてるのに気が付いて、気持ち良すぎて、とけそうになりました。
ぼくは、痴熟女の意味がよく分かりました。そして、今日ここにきて、しかも相手がおばさんですごい年上だけど、痴熟女で良かったと本気で思いました。

しばらく、とろけそうになってたら、2番目に美人のおばさんが、胸を放して、口に吸い付いてキスをしてきて、やっぱり舌が入って来ました。
それから、2番目と1番目が順番にキスと胸を舐めるのを繰り返していると、おちんちんが少しずつヤバくなってきました。
おちんちんは、ゆっくり舐められていて、だからしばらく大丈夫だったのに、それでもいつのまにか、射精しそうになっていました。
ぼくは、ヤバい、と思って、出そうです、と言おうとしたのに、キスされ続けていて言えません。
だから、最後は、舐められたまま射精してしまいました。

舌で舐められたままで、口の中に包まれたままなのは、亀頭の感じで分かっているから、ヤバいはずなのに、口の中に舐められたまま射精している時は、オナニーの10倍以上も気持ち良くて、止められませんでした。
それに、ティッシュを受けないで射精するのも初めてで、それも、すごく気持ち良かったです。
ぼくが、全部出し切ってしばらくすると、おちんちんのところで、ちゅぽっ、と音がして、キスしてるおばさんが離れると、3番目がぼくの目の前に来て、ごくっと言って飲み込みました。
ぼくは、AVだと口から出すのに、飲み込んでくれたからびっくりしました。

すると、1番目と2番目が、今まで通りに、キスと胸舐めをまた始めると、ぼくはおちんちんが、すぐに立つのが分かりました。
そこからは、3人が、キスと胸舐めとフェラを交替で続けました。
痴熟女は、いやらしい感じがしてたし、本当にいやらしいけど、3番目が射精を飲み込んだ後で、水で口をゆすいでから、ぼくにキスをしてきて、それは、おばさんはぼくの精液が好きだけど、ぼくが自分の精液が気持ち悪いだろうから、と言ってくれて、だから、熟女の礼儀みたいなのが伝わって、いやらいしだけじゃないんだと見直しました。

そのまま続いていくと、2人のおばさんに同時にキスをされたり、3人に同時にキスされたりもしました。
それから、3番目以外のおばさん2人ともの口の中に射精して、合計3回の射精をしました。
でも、また、キスと胸舐めをされたら、4回目も直ぐにおちんちんが立ちました。

すると、2番目に美人のおばさんが、1人でぼくの上から抱き着いてきて、キスを繰り返しながら、さあ、これからキミの童貞、もらうね、覚悟なさい、みたいなことを言って、やっぱり、キスを繰り返しながら、ぼくのおちんちんが手でつかまれました。

そして、おちんちんの先が、舌よりももっとやわらかいものに当たりました。
それが、ゆっくりと、おちんちんの先を前後にこすっていって、すごくぬるぬるしていました。
そして、それが、ある所で止まって、そこが押し付けられると、にゅっ、という感じで亀頭がやわらかいところに、すべって半分ぐらい包まれるのが分かりました。

その時、キスを放して、2番目おばさんが、さあ、いくわよ、ここからキミも大人よ、と言うと、もう1回、舌が口に深く入ってぼくの舌をくるむと、おちんちんがすごくやわらかい所に、にゅーっ、と入っていきました。
さっきのフェラも気持ちいいけど、フェラの10倍以上、気持ちいいです。

しばらく、にゅーっ、と進んで行って、奥に突き当たると、2番目おばさんが、くはっ、と言いながらキスを放しました。
そして、もう1回、両手でぼくの首に抱き着いて、舌をぼくの口に入れ直して、舌を動かしながら、ぼくのおちんちんを擦り始めました。
舌と舌の感触と、おちんちんとおまんこの感触が、同時にすごい気持ち良さです。

ぼくは、童貞は直ぐに射精する、と前にネットの情報で読んでましたが、物すごく気持ちいいのに、すぐには射精しませんでした。
後で監督さんに教えてもらったのですが、これはおばさん達の作戦で、先にフェラで3回射精させたから、セックッスの本番で長持ち出来たそうです。
こういう所も、痴熟女のテクニックだそうです。

もっとしばらく、キスしながらセックスが続きましたが、2番目おばさんが、くはっ、と言いながらキスを放すと、上半身を立てて、ぼくの手を持って自分の巨乳をつかませて、その上から、自分の手で押さえながら、腰を動かしておちんちんをおまんこで擦り始めました。
ネットで見た騎乗位だと、直ぐに分かりました。そして、自分が、AVに出てるみたいに、本当に感じました
(AVじゃないけど、裏、という撮影だから、してる事は同じでした)

2番目おばさんの巨乳は、大きいのに張りがあって、本当につかむ手応えがあります。
その内に、巨乳をつかむのはぼくの手だけに任せて、2番目おばさんの両手は、両側に拡げながら、ふらふらと揺れたりしていました。
そして、その両手を自分の膝について、相撲みたいな両脚を開いたまましゃがむ格好で、脚で立って、浮いている腰を上下させ始めました。
それでも、おちんちんが抜けないからびっくりしたし、ぼくのおちんちんがすごく長く立ってるのも分かってびっくりしました。

2番目おばさんが、腰を上下しながら、顔を左右に振り始めました。
ひいん、ひいん、という、息が聞こえます。
ぼくは、ものすごく気持ちいいのは同じですが、まだ頑張れそうです。
もう少しすると、おばさんの口から、あぶぶ、あぶぶ、の感じの声が聞こえてきました。
ぼくは、今まで、おばさんの顔と、つかんでる巨乳ばっかり見ていましたが、ふっと下を見ると、ぼくのおちんちんが上を向いて立っていて、そこにおばさんのしゃがんで上下している股間の真ん中に、出たり隠れたりしているのが見えました。
全然毛が生えていないから、ぼくのおちんちんが出入りするのが、すごくよく見えます。
しかも、ぼくのおちんちんが、信じられない大きさになってます。

ぼくは、ずっと年上でセックスもベテランの女の人(後で監督さんから、40歳ぐらい上だと教えてもらいました。母親よりも年上みたいです)が、ぼくのおちんちんで、顔を振り回しながら、あぶぶ、と唸っている事が、何となくすごい事だと思いました。
そう思うと、気持ちが良いのに、頭が冷静になって、もう少し射精は我慢できそうです。

そして、2番目おばさんが、きゅーっ、と言いながら、ぼくの腰に座り込んで、ぶるんっぶるんっ、と何回も変な震え方をしながら固まっていきました。
その時、監督さんが、あー、いったね、と声を掛けました。
しばらく、おばさんは、そのままの姿勢で、ぼくの腰に座っていました。

数分ぐらいしてから、2番目おばさんの身体の固まりが解けて、前に倒れてきて、ぼくの上に傾きました。だから、ぼくは、巨乳を両手でつかんで支えてから、監督さんの声で、横にゆっくり倒しました。
すると、1番目と3番目のおばさんがじゃんけんを始めて、勝った1番美人の方のおばさんが、しゃがみ立ちの格好で、ぼくのおちんちんの上から跨って、腰をゆっくり下ろしました。
すると、にゅーっ、という、2番目と同じような感触で入っていって、奥に突き当たると、おばさんがアゴを上げて、くーっ、と唸り声を出しました。

それから、2番目と反対の順番で、すもうのしゃがむ姿勢から、次に騎乗位の姿勢でぼくが巨乳をつかみました。2番目よりは張りは少ないけど、やわらかくて大きさは負けていません。
もっと続けてから、おばさんが疲れてきて、ぼくに抱き付きながら、キスしながら腰を動かすセックスになりました。

時々、キスを放して、きゅーっ、と唸って、それから、またキスしながらセックスを続けました。
そして、もうしばらく頑張ってると、監督さんから、ほら、おばさん、もういきそうだよ、キミ、ここで出せるかな、と声がかかりました。
ぼくは、出せるとか、そんな余裕は無いけれど、そろそろ限界で我慢していたので、監督さんに、もう出そうです、と正直に言うと、あと30秒我慢して、そうしたら出していいよ、と言われて、ぼくが頑張ってると、おばさんの両腕の力が強くぼくにしがみついて、ぶるっぶるっ、と変な震えがしたので、ぼくも一気に射精をしました。

びゅっびゅっ と10回ぐらい発射しました。オナニーよりも量が多いです。
しかも、オナニーよりも気持ちが良いフェラで口の中に射精するのよりも、もっと気持ちいい射精です。

最初から、当たり前みたいに、コンドームとかは着けていなくて、ぼくはコンドームの事とかは元々全然気が付いていなかったけど、この時、さっき、しゃがむ姿勢の時にもコンドームは見えなかったし、2番目から1番目の交替した時にもコンドームみたいなのは無かった事を思い出しました。

だから、ぼくは、これはおばさんの膣内に射精している実感がして、だから、もっと気持ちが良いんだ、と気が付きました。

後で監督さんから、3人ともぼくよりも40歳ぐらい上だからコンドームは必要ない事を聞かされました。

しばらく、1番目おばさんは、ぼくに乗って、しがみついたまま固まっていましたが、力が抜けてきたから、監督さんの声の指導で、横に転がしました。
ひっくり返ったおばさんは、股間をガニ股に拡げていたので、真ん中の、毛の全然生えていないおまんこの縦の線の下の端から、肛門の方に、ぼくの精液が溢れてくるのが見えました。
監督さんに後で教わったのは、ここが、熟女AVの1番の見どころらしいです。

その後は、3番目おばさんが、1人でぼくの口と胸を舐め回して、ぼくが直ぐに立たせると、キスしたまま入れられて、その後は、2番目美人と同じ内容で、騎乗位と巨乳つかみになって、しゃがみ立ちセックスになりました。
ぼくは、この日は、3回フェラで射精して、4回目はかなり頑張れて、その4回目の射精もしたから、5回目は、もっと射精に余裕があって、頑張れました。
それから、これも後で監督さんに教わったのですが、ぼくが4回目に頑張れたのは、フェラ射精も理由だけど、50代のおばさんのおまんこがゆるい事も理由で、そして、たぶん、3番目おばさんが一番ゆるそうだから、この5回目はもっと頑張れてしまいました。

だから、最初は、2番目おばさんみたいに、ぼくが射精する前に固まっていったけど、交替できないから、おちんちんが入ったままおばさんが回復するまで待って、その後、もっと続けて、3番目おばさんは3回いかされてから、ぼくが膣内に射精をしました。

普通は、童貞のおちんちんでいく事は難しいけれど、おばさん達の作戦と、おばさん達の方もいきたかった事と、そして、監督さんの一番の作戦勝ちで、いく事が出来たそうです。
でも、ぼくのおちんちんが、フェラで3回と、セックスで2回で、合計5回も射精出来た事も、大きな理由だと褒められました。

ここまで、思い出しながら、思い出せたことを書いてみました。長くなってすみません。
記憶が跳んでる部分もあるかもですが、たぶん、大丈夫です。

それから、その後も、ほとんど毎週土曜に、同じマンションで、同じ3人のおばさん達とセックスを続けています。
2週間目は、膣内に射精してなかった2番目美人おばさんの膣内にも、大量には射精できました。
それから、セックスは、撮影は最初の日だけで、2週目からはセックスだけになっています。

社長さんによると、ぼくがすごく気に入られたそうで、3人のおばさん達が部屋代を払って、ぼくとセックスしてくれているそうです。
でも、また、別の熟女さんとの撮影もしたいと言ってくれています。
だから、出来る限り、頑張ろうと思いました。
最初は、ヤバい撮影だったらどうしよう、と思ったけど、皆さん、やさしいから、安心してます。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR