エッチ体験談が10000話を突破しました。

妻の過去の裏ビデオ

祐太郎さんから投稿頂いた「妻の過去の裏ビデオ」。

結婚した直後、行きつけの喫茶店に妻を連れて行った。
誰とでもエロ話をする気さくなマスターで、マスターの奥さんと妻もすぐに友達なった。
始めて連れて行った時、「マスターがどこかで会ったことある?」と聞いた。
当然あったことが有るはずはない。

次に行った時に、思い出したわ「昔大学の時見た裏ビデオの子にそっくりなんでどっかで会った気がしたんだ。」と言った。「確か実家のどこかを探したらどっかにあるはず。」と言った。
次の日、「あったで。」と言ってもってきてくれた。「やるよ」と言うのでありがたく頂戴した。
妻が出かけているので都合がよく家に帰って見ることにした。

昔のビデオでかなり画像が荒く見づらい。
内容はストーリ性も無く男女が入り乱れているだけの物だった。
女性が全裸で両方の足を持たれて股を開きあそこが丸見えだった。
よく見ると、太腿に黒子がある妻と同じところにだ。
でも毛が無いので違うと思ったのだが、声が似ている。

そこに大根を挿入されて悲鳴を出した時の声だ。
大根を出し入れされていたら、女性は甘い声を出しだした。
今度は「この子の筆おろしをしてくれや」と言われてカメラが男の子を移すと、そこに小学校高学年か中学生位の男の子が立っていた。
すでに勃起しているが皮は被ったままで薄く毛が生えていた。
「嫌よ!」と言って拒んだが、「じゃもうこれはやらないよ。」と言うと頭を持たれた女性が男の子前に連れて行かれた。アングルが変わり女性の横顔が映った。妻にそっくりだ。

女性は観念したかのように男の子を咥えて顔を前後させ始めた。口を話すと男の子の亀頭は露出していた。おそらく口で剥いたのだろう。
舌先で舐める様にしたり竿をしゃぶったりしたら「ウッ」と言う声と同時に女性の顔に発射した。「オナニーじゃない初射精だから舐めてやれよ」と言われると手でこそぐ様にすくいとり舐め始めた。
どう見ても妻に似ていた。
妻は男の子を寝かせ跨ったと思うと、まだ直立している物を握り締めて、自らの中に導いて腰を落とした。
妻らしき女性は男の子に覆い被さる様に抱き着き腰を振り出した。

そこに男が尻の谷を撫ぜると上から覆い被さり腰を振り出した。
その部分がアップになるとお尻の穴にも入れられているようだった。
やはり妻ではない。尻の穴に指1本でも痛がる妻がそんなことするわけがない。
次は男が女の顔を横に向け口に入れた両脇に座った男のチンポを扱き始めた。
絶対妻なわけがないと思ったが、やはり凄く似ているし黒子の位置も声も一緒だ。
5人を満足させた女は、男にトイレに連れて行かれた。便器に座った男を一生懸命ジャブっていたら、女がむせび始めた、カメラが顔を移すと、口から水らしきものを大量に吐いた。多分小便を飲まされたのだろう。
男が立ち上がり尻を向けると、女は尻をかき分け舐めは始めたではありませんか。

そこに妻が帰ってきました。
「このビデオにお前に似ている奴が出てるんだけど」と言って、巻き戻すして再生すると妻の顔が見る見るうちに青ざめました。
「よく似てるけどお前じゃないでしょ」と聞いても返事がありません。
ようやく観念したのかしゃべり始めました。
「友達と踊りに行った時の事なの。ナンパされて気が合って家で飲み直そうと言うので行ったの。」
「お前バカじゃないの」
「御免なさい」
「飲みものを出されたら急に良い気持ちになって」
「後で聞いたらエスって薬入れられてたの」
「お前さあ、エスってアンフェタミンの事じゃない!覚せい剤の事だよ!」
「覚せい剤だったの?知らなったわ」
「お前さあ、俺の前で演技してたの?」
「そんなこと無いわ」
「じゃあ何故、俺が尻の穴さわるだけで凄く怒ったのにあの様はなに?」
「御免なさい」

「そんなに俺の事が嫌いならあの男達の所に行けば?」
「許してください」
「許すとか許さないとかじゃなくて、あの男達が良いから言う通りにして、俺が嫌いだから嫌がるんだろう?」
「それとも遺産目当てか?」
「違います」
「どう違うの?今でも連絡を取り合っているんじゃないの?」
「これから一言でも嘘や辻褄が合わない事を言ったら、離婚だ」
「・・・・・・・」
「一度だけ」、彼らが実家の近くに来ました」
「いつだよ」
「あなたと結納した日」
「電話してきて」
「何で実家の電話番号を知ってるんだよ」
「私の事は何でも知ってるわ」
「そうでしょうよ!俺の知らないこともね!」と皮肉を込めて言いました。
妻は「好きにしてください」と言って服を脱ぎ始めました。
「そんなガバガバの尻の穴なんかいるかよ!!!」と言って蹴飛ばしてやりました。
妻は、股を開き「入れて」と普段は言わないようなことを言いました
自分でビラビラを開くと、すでに涎を垂らすように愛液が伝っていました。

それで、問い詰めたらしぶしぶ白状しだしました。
「あの快感が蘇ったの、でも断るつもりだったのよ」」
「それで?」
「家を抜け出して断りに行ったわ」
「すると車に乗せられて、ここじゃぁなんだからとホテルに行ったのよ」
「のこのこ付いて行ったの?」
「・・・」
「それで?」
「ホテルに着くと、すぐ服を脱がされた・・・抵抗したんだけど」
「口移しにあのジュースを飲まされたの」
「彼らが服を脱ぐと、オチンチンがグロテスクになってたわ」
「どんなに?」
「凄い数のイボイボがあったのよ」と言って何も言わないのに自らオナニーを始めました。
「ビデオも撮られたの」
「あるのか?」と言うと「あるわ」「どこに」「鏡台の椅子の中」
取りに行くとビデオテープが3本ありました。その中に“新妻になって復活した彼女”と言うタイトルがありました。
画面に普段着を着た妻が座っていました。
男に「久しぶり。元気だった?結婚する前にまたやりたくなったの?」と聞かれ「そんなことはないいわ」と答えました。
「じゃぁ見せてごらん」と言いわれ股を開かれ下着を横にずらされてモ抵抗しません。
「こんなにボウボウになっちゃって」と指を入れられても抵抗しません。どころかそれどころか「ア~ン」と甘い声まで出していたのです。
「でもこれが欲しかったんでしょ。」と言って男がズボンを脱ぐと、妻は自ら男のパンツをズラシました。
男のチンポはすでに十分勃起し、イボイボが沢山あります。妻は躊躇もせず口に含みました。
舌先舐めて思いっきり扱いていました。
次のシーンは、男に跨り自ら男のチンポを握り自らに導きました。
男の上で思い切り腰を振りヨガリ狂う妻。
次のシーンは風呂場の湯船の中で男の上に座り虚ろな表情をしています。男の手は胸を触っています。
多分挿入しているのでしょう。
湯船から出て妻がスケベ椅子に股を開いて座りました。局部がアップになり男の手が陰毛を触っています。
「こんなにボウボウになって、旦那は手入れしてくれないのかい?」
「はい」
「じゃあ、代わりに手入れしようか?」
「お願いします」
妻が剃毛されて行きます。
そういえば、SEXをやたらと拒否した時期があったことを思い出しました。
次のシーンは、ベッドで四つん這いになって後ろから挿入されています。局部がアップになると白濁した妻の愛液が流れていました。
違う男が裸で妻の前に座ると、躊躇なく咥えました。
シーンが変わると、男の膝に座っています。股を開いてマンコが丸見えになっているので尻の穴に受け入れているのでしょう。
次は、正常位で繋がっていいます。
パンパンと激しい音を鳴らし、懸命に男が腰を振っています。「出る」と言うと男が動きをやめました。しばらく余韻を楽しんでいるかと思うと、抜き去り次の男が挿入しました。
計5人の男に中出しされ、虚ろな表情の妻に「これで誰かの子供を妊娠しましたけど、気持ちはどうですか?」と尋ねられ、「嬉しいです。濃い精液をありがとうございます。」と言ってマンコから流れ出るMIXされた精液と自身の愛液が混ざった物を手で救い取り口に運びました。
「お子さんを大切にお育て下さい。」と言われ「分かりました」と答えた所でビデオが終わりました。

妻は「違うの違うの」と言って泣いていましたが、「何が違うの?これって合成にしちゃぁリアルすぎるだろう!」と言うと号泣しだしました。

結局、離婚しました。今は、妻の友達と再婚して幸せに暮らしています。
後から聞いた話ですが、元妻は当時堕胎を繰り返していて妊娠できない体だったそうです。
今はカミングアウトして、私達夫婦のセフレとして付き合っています。
現妻は、高校時代から元妻に憧れていたようで、二人でレズてるのを見るのも楽しいこの頃です。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!