雨の中で激かわJKを拾った

PR

さとあきさんから投稿頂いた「雨の中で激かわJKを拾った」。

あれは、僕が20才ぐらいの時の話だった。
僕は当時、大学に通っていて、
住んでるところは、人が少ない田舎。しかも、一人暮らし。

僕は、いつものように大学から家に帰ろうとした。
しかし、外は大雨(しかも寒い)。
いつもより、嫌な気持ちで帰る。

しかし、家の近くの、人があまり通らない暗い通りを歩いていると、
見慣れない制服姿のめっちゃ可愛いJKがいた。

こんな大雨だというのに、彼女は傘を持っておらず、ビショぬれになっていた。
そして、彼女は震えていて、
すごく弱っているように見えた。

心配になって、声をかけた。

「大丈夫ですか?」

すると、彼女は、縦に小さく頷いた。
僕は、自分の上着を彼女に被せた。

「こんな大雨のところにいると、
風邪ひいてしまいますよ」

と、僕がいうと、彼女は震えた声で言った。

「私は、もう帰るところがありません。」

僕は、驚いたが、とりあえず彼女の
体を温めてあげないといけないし、家に誘った。

「何かあったんですか?
もしよかったら、僕の家で休んで下さい。」

すると、彼女は震えた手で僕の腕を掴んだので、そのまま家へ連れて行った。
家に着くと、僕はすぐに彼女の体を拭いて、温かいお茶を入れた。
彼女の震えは次第に治り、
普通に動けるようになったので、
僕は自分の服を彼女に渡し、
着替えさせた。

着替えが済んだところで、改めて聞く。

「何かあったんですか?」

彼女は、少しためらいながらも、
すべて話してくれた。
どうやら、彼女は親から虐待を受けており、家から追い出されたという。
彼女は、人生が嫌になって、
今からどこかでひっそりと死のうと思っていたらしい。
その話を聞いて、思わず彼女を抱きしめてしまった。
「もう大丈夫だ。今は、僕があなたを守りますから。」
そう言うと、彼女も僕の胸に顔を押し当て、泣き始めた。

その日は、家に泊めた。
彼女はグッスリ寝ている。
彼女の体は、スリムでモデルさんみたいで少し興奮した。
僕は興奮を抑えることができず、
彼女のズボン(僕の渡したやつ)
を下ろして、パンツも下ろした。
すると、毛が少し生えたマ●コが顔を出した。少し刺激してみる。
しかし彼女はグッスリで気づいてない。
僕の肉棒は大きくなり、
僕は、その場でオナってしまった。

ーーーーーーーーーーーーーー
翌朝、
僕は大学に行かず、彼女の服を買いに行くことにした(彼女は制服を着て行く)。
朝飯は、トーストと、目玉焼き。
彼女は喜んで食べてくれた。

朝飯を食べたあと、
彼女と一緒にショッピングモールに行った。
行く途中に僕は、彼女に聞いた。
「名前なんていうんですか?」
彼女は、すぐに答えてくれた。
彼女は、リナというらしい。
そして、リナの年齢が16才であることもわかった。

ショッピングモールに着いた。
僕はリナに服を選ばせ、
それを買った。
その後ゲーセンに行って、二人でエンジョイした。(確か3000円程払った…)
そんなこんなで、昼になったので、
フードコートに行き、二人でラーメンを食べた。

その日の夜、リナから意外なことを言われた。
「私、昨日の夜、あなたにマ●コをいじられていましたが、すごく興奮しました。今日、セッ●スしませんか?」
と。
僕は、昨日、リナのマ●コをいじっていたときに、リナが寝ていると思っていたが、気づかれていたようだ。
僕は、リナの服を脱がして裸にした。僕も裸になった。
僕の肉棒はビンビンだ。
もう我慢できない。
僕は、リナのマ●コに、自分のを挿入した。
その瞬間、
「あっ、あん」
とリナがエロい声を出した。
すぐに僕は腰を振り、シコシコしまくった。
「あん、あん、イク、イクー」
リナの喘ぎ声でテンションが上がる。
しばらくしたら、僕も気持ち良くて、ついに、ドバーッと大量のザーメンを出した。(もちろん中出しはしない)

リナは、おしっこがしたくなったようだ。
僕は、リナをトイレに連れ込み、
便器に、おしっこをためるために容器を入れてから、おしっこさせた。
リナのおしっこは、
「シュイーーー」
という、音を立てて、マ●コから出ていく。
おしっこが止まったら、
僕はマ●コを広げて匂いを嗅いだ。
そのあと、舐めまくった。
便器から容器を取り出す。
リナのおしっこは程よく黄色かった。
おしっこを少し飲んでみると、
すごく美味しかった。
残りは、
僕の家で大切に冷蔵庫に入れて保存する。

ーーーーーーーーーーーーーー
次の日、
リナはもう、すごく元気になっているので、クルマでリナの家の近くまで送ってやることにした。
しかし、リナはクルマに乗ろうとしない。
「私は、あなたとずっと一緒に過ごしたいです。」

でも、向こうは、未成年だ。
一緒に過ごすことは、本当はダメだ。
だから僕は、言った。
「僕がずっとあなたといると、
僕はあなたを誘拐したことになってしまう。そして、僕は逮捕だ。
だから申し訳ないけど、お家に帰ってもらえないでしょうか?
あと、連絡先を交換しましょう。
今後、困ったことがあったら、相談に乗りますから。」

彼女は、やっとクルマに乗った。

ーーーーーーーーーーーーーー
4年後、リナは20才、一人暮らしを始めたようだ。
そして久しぶりに会うことになった。
リナは、4年前とあまり変わっていなかった。

僕たちはホテルに行き、
たくさんエッチなことをした。

ーーーーーーーーーーーーーー
2018年

僕(30)とリナ(26)は、なんやかんやで夫婦になった。
子供(5・女の子)が一人いる。

今でも、リナとはエッチしてます!

35+

他に読まれているエッチ体験談

  • お友達の前で女子高生二回イカせたったw 先週の事、いつものようにターゲットはいるかな・・等と考えつつ自宅から駅についた所、何と激込みで滅多に女性がいない先頭にJKを一人発見!しかも身長165位とかなり背が高くスカートもミニスカートなので簡単に手を入れられそう […]
  • メル友JKを会ったその日に悪戯、性処理、記念の中出し ゆきさんから投稿頂いた「メル友JKを会ったその日に悪戯、性処理、記念の中出し」 みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です! エッチ体験を投稿する SNSで知り合ったJKゆみと学校帰りにデート。まずは食事。そ […]
  • しくじり…変なおっさんと彼女のアソコ ぞうさんさんから投稿頂いた「しくじり」。 俺が夜勤が終わった後、よく公園の駐車場で昼食をして昼寝をする場所があった。人通りもほとんどないひっそりした場所。 俺はその日彼女の美伽と一緒に連れて行き、俺はいつものよ […]
  • 書道教室JK生徒を睡眠薬を使っていたずらした ゆっきーさんから投稿頂いた「書道教室JK生徒を睡眠薬を使っていたずらした」。 書道教室の講師をしている。生徒は老若男女いろんな人がいるが女子○生のゆかりに弱味を握られていた。人妻にはるかさんとキスをしてるところを […]
  • 抵抗できない清楚JKを満員電車でじっくり痴漢 カルピスさんから投稿頂いた「抵抗できない清楚JKを満員電車でじっくり痴漢」。 地獄のようなラッシュで有名な某私鉄。その日はドア点検か何かで朝からダイヤが乱れていて、駅のホームは大混雑。電車が来ても乗れない。3本か […]
  • オークションのJK 2…私利私欲プラン! すの人さんから投稿頂いた「オークションのJK2」。 前回、中途半端に終わってしまって申し訳なかったです。 続編をみたいとコメント入れてくださったので続きを書きたいと思います。 はじめて観覧される方は、「オーク […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    いやお前障害か草、精子からやり直せボケカス

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2380記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。