大好きな先生と…

PR

ゆうきさんから投稿頂いた「大好きな先生と…」。

高校の頃、本気で好きになった先生がいた。
若い女の先生で、美人でスタイルが良く、その上優しくて、男女を問わず人気があった。
うちのクラスでも当然人気があったけど、仲の良い友人は俺に遠慮してかあの先生がどうのとは言わなかった。
というのも、その先生は俺の初恋の人だったのだ。

あれは小学校四年生の頃、住んでいた市が主宰する小学生対象のサマーキャンプに参加したときのことだった。
ボランティアの人が先生役として色々と教えてくれるのだが、俺は自分のグループの担当になった高校生に一目惚れをしてしまった。
すらりと背が高くてスタイルが良くて、ノーメイクだけどめちゃくちゃ可愛かった。
彼女は「もも」という名札をつけていたためみんなから「もも姉」と呼ばれ、人気があった。

そのサマーキャンプは毎年恒例で、参加者が後々ボランティアとして戻ってくるというのが通例だったため、もも姉もベテランボランティアの誰それは怖いけど弱点が…とかキャンプに関係ないことも教えてくれたり、ホームシックで泣き出した子を上手にあやしてくれた。

その次の年ももも姉目当てで参加したが、もも姉はいなくて、代わりに暑苦しい大学生が俺のグループの担当になった。

もも姉と再会したのはは俺が高校二年生のとき、彼女は新任の教師だった。彼女は俺の七つ上で二十三歳だった。
彼女は俺のクラスの授業を受け持つことになったが、前述の通りすぐに人気者になった。生徒にはもも先生と呼ばれていた。
男子生徒の中にはもも先生を好きになるのがけっこういて、もちろん俺もそのうちの一人だったのだけど、俺の場合初恋を引きずってるから、他とは年季が違った。
そのことからか小学校から一緒で事情を知る友人に師匠と呼ばれるようになった。
当時の俺は自分でいうのもどうかと思うけどかっこいいと人気があって、わりと告白とかもされていたから、事情を知らない人間は俺がかなり経験豊富だと勘違いしていたけど、実は童貞だった。
キスも自分の二の腕としかしたことなかったけど、体育会系でけっこう引き締まってたから、「女の唇ってこんなんなのか!?」と幻滅してた。それこそ勘違いだわ。

もも先生は若くて美人だったから、さぞかしモテるだろうと言われていたけど、先生ははぐらかすだけで、彼氏がいるかどうかはわからなかった。
でも秋前ぐらいにクラスメイトの一人が、もも先生が同年代の社会科教師と二人きりで歩いていたのを見たと言い出し、二人が付き合っているという噂が上がった。
二人とも否定したけど、否定するだけで他に恋人がいるとか言わなかったから、誰も信じなかった。

それくらいから元々かなり良かった俺の成績が落ち始め、いつしか射程圏だった志望校の判定もやばいことになってしまった。それまでほとんどしたことのなかった遅刻、早退も一気に増えた。
原因はもちろんもも先生と社会科教師の熱愛疑惑なわけだけど、そんなこととは知るよしもないもも先生はあれこれ声をかけてくれる。
担任はベテランだったけど面倒くさがりで、若くて面倒身の良いもも先生に俺の世話を押し付けたんだと思う。

ある日の夕方、その日も昼過ぎに学校早退した俺を訪ねてもも先生がやって来た。
本当なら来る前に電話をするんだけど、何度も家に電話したのに誰も出なかったからアポなしになってしまったらしい。
確かに電話は何度も鳴っていたけど、親は共働きでしかも揃って忙しい時期を迎えていたし、俺も電話なんて出る気なかったから、それがもも先生からの電話だなんて知らなかった。

俺はリビングのテレビの前に出しっぱなしになっていたAV数本(女教師と生徒ものオンリー)を棚に放り込むと窓を開けて空気を入れ替え、それから先生を自分の部屋にあげた。
さすがに部屋はまずかったかもしれないけど、あまり物を置かない主義だし、若干臭いの残るリビングよりはマシだと思った。

先生的にはリビングの方が良かったのか、床に座ると緊張したような顔でふう、と息を吐いてから急に成績が落ちたこと、授業態度が悪くなったことについて遠慮がちに聞いてきた。
俺は「恋愛で悩んでるだけ」と素直に答えた。
下手に嘘をつくよりはましだと思った。
ずっと好きだった人に彼氏がいるらしいということも言った。
先生は「そうなんだ…」と小さく呟いた。
同情してくれているのだろうけど、その相手がまさか自分だとは思ってないんだろうな。
と思うとだんだんイライラしてきて、俺は床を軽く叩いた。つもりだったんだけど思ったより大きな音がして、先生はびくりと肩を揺らした。

俺「先生は?彼氏とうまくいってんの?」
先生「いや、それ関係なくない?」
俺(関係大有りだよ!)
俺「○○先生(社会科)と付き合ってんでしょ?」

するともも先生はガンガン首を横に振った。

先生「だから違うって言ってんでしょ!」
俺「もも先生も○○先生も違う違うばっかり言って、嘘っぽい」
先生「嘘じゃないって!○○先生付き合ってる人いるもん!」
俺「誰?」
先生「…それは内緒」

少しむっとした。
俺が荒れている現在を探ろうとしているくせに自分は何も教えないなんて、全くフェアじゃない。
俺は先生の細い腕を取ると思い切り引き寄せ、強く抱き締めた。先生は「ほへ」とか変な声を出して、ちょっと可愛いと思った。

俺「先生さ、俺らのことガキだと思って馬鹿にしてない?○○先生のことだって、いっつも適当に誤魔化して、それで良いと思ってんの?それにさ、担任に言われたからって他に誰もいない家に一人で来る?調べりゃうちの事情だってわかるだろ?」

先生は俺の腕の中で固くなってた。たぶん何が起こってるのか頭が追い付いてなかったんだと思う。

俺「なんで俺がリビングに入れなかったかわかる?あそこね、テレビあんの、俺そこでさっきまでAV見ながらオナニーしてたんだよ。先生みたいな女教師が俺みたいな生徒に教われるやつ」
先生「俺君、AVの見すぎは良くないよ?」
俺「じゃあ先生がエッチさせてくれんの?」
先生「意味わかんねえわ」

初めて会ったときのもも姉は俺よりずっと背が高かったけど、今俺の腕でアップアップしてるもも先生は俺よりずっと小さくて、やばいくらいふわふわしてた。

その時点で俺はかなり勃起してて、それが先生の体に当たってさらに硬くなってしまった。
それに気づいた先生はさらに体を小さくした。

俺「○○先生のとどっちがでかいか比べてみる?触っても良いよ?」
先生「興味ねえわ!」

AVとかエロ漫画ならそっと触ってくれそうだけど、もも先生は触ってくれなかった。
童貞め、AVに毒され過ぎだ。

俺「先生、エッチしたいんだけど」
先生「わたしに言うな!」

先生はパニックに陥っているのか口調が変わって、先生が好きだって言ってた某コンビのツッコミみたいになってた。これはこれで新鮮で良い。

俺「もも姉、エッチさせて」

俺はあえてサマーキャンプのときのように呼んでみたけど、先生は反応しなかった。

俺「一回エッチさせてくれたら、俺明日からちゃんと学校行くし、ちゃんと勉強する」
先生「駄目に決まってんでしょ!」
俺「じゃあ明日から学校行かないし、勉強もしない」

俺最低。でもうちの高校はお世辞にも頭の良い学校ではないから、数少ない進学希望者である俺の進学失敗は避けたいはず。ちょっとは効くかなと思った。本当に最低。

先生は「そんかの好きな人に…」とだけ言ってやめた。たぶん「エッチしたいなら好きな人に言え」と言おうとして、俺の好きな人には彼氏がいるという話を思い出したんだろう。

俺「先生が良い」
先生「俺君年上が好きなんでしょ?だからって誰でも良いってのは違うと思うんだ」
俺「だから先生が良いって言ってんじゃん」

ちなみに俺の年上好きはもも先生が来る前から有名だったけど、好きになった人がたまたま年上だっただけのことで、実際は年上が好きってわけじゃない。
誰でも良かったのなら童貞こじらせてない。

俺「ゴムないけど、ちゃんと外に出すし、やらせて」
先生「ゴムあっても駄目!」
俺「じゃあ中に出す」
先生「アホか!」

はい、アホです、先生とエッチしたすぎてアホになっております。今までの真面目な俺君はもういません。

先生「ねえ俺君、そろそろ放してもらって良い?もう気済んだでしょ?」

先生はなだめすかすように俺の腕を軽く叩いた。

先生「大人をからかうのもいい加減にして。先生怒るよ」
俺「大人って七つしか変わんないじゃん」
先生「七つも違ったらもう別人種でしょうが。それにわたしは先生で俺君は生徒なの、わかってる?」
俺「じゃあ俺が卒業して生徒じゃなくなったらエッチさせてくれる?」
先生「させるわけないじゃん」
俺「わかった」

俺は先生を抱きしめたまま床に押し倒すと、先生にキスをした。二の腕の感触に近いとか、あれ嘘だろってぐらい柔らかかった。
さらに勃起した。
先生はそれに気付いて「やめて」と体をよじらせた。

俺「先生がエッチさせてくれないならこっちからするしかないじゃん」

先生のスカートをまくし上げると肌色のストッキングの向こうに薄いピンク色の下着が見えた。
先生は嫌がったけど、俺が馬乗りになってるから思うように動けず、手をバタバタさせた。
たぶん悠長にストッキングを脱がせていると顔面を蹴り割られるだろうから、強引に破いて下着に直接触れると、柔らかかったけどAVや漫画みたいに濡れてはいなかった。
でもふにふにと触っていると次第に濡れてきた。
上に着ているブルー系のシャツをまくしあげるとブラジャーも薄いピンクで、胸を揉むとこれまた信じられないくらい柔らかかった。
同時に下もいじるとどんどん濡れてきた。
ガンガン押し返されたり殴られたけど、あんまり力が入ってなくて、全然痛くなかった。

俺「先生、入れて良い?」

先生は両手で口を押さえて首を横に振った。若干涙目だ。
ひょっとして気持ち良いのを必死で抑え込んでいるのかと思うと興奮した。

俺「ごめん、先生、入れるね?」

着っぱなしになっていた制服のズボンのファスナーをおろすと、下着をずらす。するとガチガチのムスコが飛び出した。

先生「俺君、本当に駄目だって」
俺「うん、わかってる」

俺は先生のピンクの下着を横にずらすと我慢できずに思いっきり挿入した。先生は「痛い」と叫んだ。
まさか初めてかと思ったけど、いきなり入れられて痛くないはずがない。でもそのとき俺は童貞で、そんなこともわからなかった。

先生の中は温かくて柔らかくてザラザラもしていて、入れただけでイキそうだった。
ずっと好きだった人とエッチしている、それだけで涙が出そうになった。というか泣いてた、ガンガン腰振りながら。
先生も口を両手で塞いだまま泣いてた。

AVとかだと男優が「気持ち良い?」だの「どこそこがどうなってる」だのベラベラ喋ってるのをよく見るから、意外と余裕あるのかと思ってたのに、余裕なんか全然なくて、ほとんど言葉になってなかったと思う。
最後だってAVだとだいたいイク直前で抜いて外に出してるけど、あれも実際は無理。
頭の中では「あ、もうイキそう」ってわかってるんだけど腰は止まらないし抜けないしで、結局中に出してしまった。
そもそも童貞にAV男優の真似なんて出来るだけわけなかったんだよな。って今ならわかる。

俺「ごめん先生、中に出しちゃった」

って言ってムスコを抜いた瞬間左耳の鼓膜が右耳から飛び出すんじゃないかってぐらいの勢いでビンタされた。
めちゃくちゃ痛かったけど、それでは済まないことをしたって自覚はあった。

先生「あのね、俺君、何にイラついてんのか知らないけど、だからってしていいことと悪いことの区別はつけよう?もう高校生なんだから。わたしのことが嫌いだからって、こういうことはしちゃダメだよ」

先生はどう考えても大激怒状態だったと思うけど、それでも感情を抑えてそれ以上手を出してくることはなかった。
やっぱり七つ上って大人なんだね。
先生の言葉は正論過ぎて言葉も出なかったけど、正直、最後の一文だけはまるで意味がわからなかった。どこをどう解釈したら俺が先生のことを嫌いってことになるんだ。

俺「なんで俺が先生のこと嫌いってことになるの?俺先生のこと好きだよ?好きだからエッチしたいんじゃん」
先生「そうなの?」
←反応薄!たぶんそれまでが強烈過ぎたんだと思うけど。

俺は先生と初めて会ったサマーキャンプで撮ったグループの集合写真を見せると、そのときからずっと好きだったと告白した。
先生はめちゃくちゃ驚いてたけど、俺のことはぼんやり覚えてた、肝試しで一人だけゲラゲラ笑ってた変な子って…変な子…

それから先生は冷静に話をしてくれて、俺は泣きながらそれを聞いた。説教とも言えるかもしれないけど、ちょっと違うような気もする。話、てのが一番しっくりくるかな。
内容に関しては正論過ぎて思い出すだけで心が痛くなるから割愛。 
それでいくつか約束をした。

このことは誰にも言わないから、代わりに俺は真面目に学校に行き、真面目に授業を受ける。
AVは見すぎない。見るにしても女教師と生徒もの以外にする。内容を鵜呑みにしない。
もしまた同じようなことをすればこのことは学校にも保護者にもすべて話す。

あと、これはダメ元で俺から言ったんだけど、モチベーションを上げるためにこれからも「好き」って言っていいかって聞いたら、それくらいならいいって言ってくれた。

その次の日から俺は毎日真面目に学校に行くようになって、授業態度は前にも増してよくなった。
先生との約束だからというのもあるけど、ほぼ毎日「好きです」って言うことで、モチベーションが想定外なくらい上がったんだと思う。
先生は俺が告白する度に「はい」って頷いてくれた。たぶんそれも良かったんだと思う。
俺の変わり様は端から見てもすごかったようで、周りの教師は「もも先生すごい」ってなってた。

親の仕事が落ち着いた頃には成績も元通りどころかちょい上がりぐらいになってたから、親も特に怪しまなかった。元々成績にはあまり口出さなかったし、模試の結果も適当に誤魔化してたから、ひょっとしたら何も気づいてなかったかも。

それでもサボってたつけばしっかり払わされて、前期入試はだめだった。
(センターは受けていない)
もも先生と離れるくらいなら地元の大学でも受けて、卒業してからも毎日先生に告白しに来ようかな、なんてふざけて言ったらがっつり怒られた。
先生は「一回落ちたくらいで後ろ向きになるな」って言ってたけど、ひょっとしたらほぼ毎日の告白が迷惑がられてたのか?だから地元に残ってほしくないのか?とちょっと勘ぐってしまった。
いや、普通に考えて迷惑だろ。

次の日から俺は志望校の後期入試に向けて勉強を始め、同時にもも先生への告白はやめた。先生の迷惑になるのなら、しない方がいいと思ったから。
そしたら担任とか周りの教師が「もも先生(実際は名字で呼んでた)のこと嫌いになったのか?」って聞いてきてびびった。
そりゃ、毎日告白してりゃ、そうなるわな。
でも俺は告白しなかった。
志望校に合格したら、最後に一度だけ告白しようって決めてたから。
もちろん不合格なら告白はしない。

さくっと言っちゃえば、後期試験で奇跡的に合格した。
その頃には卒業式も終わってたから、合格の報告と最後の告白のために高校に行くと、先生たちがニヤニヤしながら俺を迎えてくれた。
合格の報告に関しては、俺が合格した大学から連絡が行っていたみたいで、口々におめでとう、と言ってくれてた。
でもその時もも先生はいなくて、その代わりに例の社会科教師が呼んできてくれた。
テメーかよ、となんかすごい腹が立った。

三分ほどでもも先生が来て、全力で合格を祝ってくれ、握手した。手が小さくて可愛かった。
そういえば胸の柔らかさとかは知ってても手の小ささは知らなかったな。
社会科教師に「俺君、頑張って」と肩を叩かれたけど、余裕ぶりやがって、と、やっぱり腹が立った。
他の先生にもバシバシ肩を叩かれた。
もも先生はちょっと恥ずかしそうだった。

俺「これで最後にします。ずっと好きでした、俺と付き合ってください」

最後ということで、いつもより本格的に告白して、頭を下げた。
たぶんそのままだと泣いてたと思う。

「よろしくお願いします」

パッと顔を上げるともも先生がほっぺたを真っ赤にしてて、その後ろで他の先生たちがきゃっきゃきゃっきゃ盛り上がってた。

わけがわからなかったけど、聞くと毎日告白してるうちに情がわいてきたらしい。
正直、志望校合格よりもミラクルだと思う。

その後俺は大学進学とともに独り暮らしを始め、もも先生とは遠距離恋愛になった。

ちなみにもも先生と社会科教師は本当に付き合ってなくて、社会科教師に恋人がいるのも本当だった。それならそうとちゃんと言ってくれればいいのに、何も言ってくれなかったのは、その恋人が「彼女」ではなく「彼氏」
だったから。
つまり、そういうこと。

その後俺たちは大学を卒業した俺が地元に戻って社会人として金銭的余裕が出るのを待って結婚した。
時間はかかったけどずっと俺を信じて待っててくれた嫁には感謝しかない。
嫁は相変わらず年の差を気にしてるけど、嫁以外考えられないし、自分も嫁にとってもそうでありたいと思ってる。

後半駆け足どころかダッシュで駆け抜けたけど、これが俺と嫁のなれそめ。

他に読まれているエッチ体験談

  • 昭和の夏の夜…町全体がセックスに狂う夜這乱交 東京でオリンピックが開催される直前の夏休みの事だった。都会ではオリンピック特需とかの影響で、老若男女が盛り上がりを見せていた頃、私の住んでいた地域はライフラインは電気だけで、どこの家庭にもテレビすらなく、戦前を引き摺っ […]
  • ビッチな転校生にグループ全員の筆下ろししてもらったら… 中学3年の時にやたら可愛い女(A子)が転入してきた。 隣の席になって色々話してたら、どうやら前の学校で 素行がひどくて親に持て余されて祖父母の家に預けられたんだと こっちは田舎だから本当に遊ぶところが遠く […]
  • 初めての彼女と初めてのデートで初めてのセックス…で情けない射精 中1の時、生まれてはじめて 女の子にデートに誘われたんだ。 そのコカワイかったし、俺も好きだったから 何日も前からウキウキしちゃって 別に相談しなくてもイイのに […]
  • 精通もまだなのに保健室の先生にパックリ咥えられて童貞卒業 確か小4か5の頃だったと思う。 俺は当時、ませてるって言うのとは違うけどエッチな事に興味しんしんだった。 いつの間に覚えたのか、精液も出ない頃からオナニーをしてた。 でも顔がすごく幼くてちょっとコンプレックス […]
  • しくじり…変なおっさんと彼女のアソコ ぞうさんさんから投稿頂いた「しくじり」。 俺が夜勤が終わった後、よく公園の駐車場で昼食をして昼寝をする場所があった。人通りもほとんどないひっそりした場所。 俺はその日彼女の美伽と一緒に連れて行き、俺はいつものよ […]
  • 幼馴染との嬉しい出来事 KY男さんから投稿頂いた「幼馴染との嬉しい出来事」。 つい一ヶ月前の幼馴染との出来事について書きたいと思います。 俺の名はYとしておく。俺には幼稚園から高校まで一緒だった幼馴染のあや(仮)がいた。 あやは俺の […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2003記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。