お隣の…避妊具装着レッスンでアヤシイ雰囲気に…

ぴゅあらば

どうしようもない私さんから投稿頂いた「お隣の…」。

私は今年34になった既婚者の女性です。夫と子供が二人いて、なに不自由ない暮らしをしています。子供は12歳と10歳の息子娘がいます。家は16階建てのアパートに住み、15階が私達の家になります。
私はと言うと特に特徴もなく、男性にはあまり魅力がないであろう細身で、胸もお尻ももちろん特徴があるほど大きくありません。夫に男性は少しポッチャリの方が燃えるんだぞーなんてふざけて言われた事があります。

そんな私ですが、あっちの方はもう何年もしておらず、夫も仕事から帰ってきても疲れたと言って寝てしまいます。
夫のアレは私の経験の中でもっともたくましく、もっとも相性の良い人でした。

若い頃は休みとなると一回終わって仮眠、終わって仮眠の繰り返しで朝までしたくらいです。
それがあったからか今ではすっかりしなくなったせいで誰もいない一人の時間に思う存分一人でするようになりました。
そんな生活をして、もう何年、何十年にもなり、私の限界も近く、サイトで何度も大人の玩具と言われるような物を買おうか迷うくらいまで追い込まれていたある日、隣に住むたかしくんが訪ねてきました。

たかしくんは隣の奥さんと話してる時も良く出てくる人で、高校卒業してもまともに働かず、部屋にこもってフィギュア集めなんてしてる少し小太りの人です。何度か会ったのですが挨拶はもちろんしますが小声で、通りすぎた後に物凄い視線を感じる事があり、あまり親しく出来ないような人でした。

そんな人が急に訪ねて来た事にビックリしましたが、なぜかより暗い顔をして、「相談があります。」と言ってきたのです。それは今にも泣きそうな顔でした。
私はとりあえず部屋に入れてお茶を出し、話を聞きました。たかしくんの相談は、やっと出来た彼女に性行為を断られたと言う事でした。
「親にも相談出来ないし、僕こんな感じだから、彼女くらい作って安心させたかったんだけど…」と。
なんで断られたのか聞くと「避妊具を使わないなんてやだって言われて、じゃあ付けようと思っても全然付けれなくて…」と言いました。
「なんで私に聞かなかったの?付け方くらいならわかるわよ、付けたことはないけど…」「何度も相談しようと思ったんです、でも奥さん見てるとやっぱり聞きづらくて…」

あの視線はそうゆう事だったのかと思いました。
「別れてはないんでしょ?」「まだ大丈夫です…でも付け方なんて携帯で見ても実際しないとわからない訳で…」「じゃあ今度避妊具持っておいで?付け方くらい教えてあげるし、それこそ避妊に失敗したら大変だし」「いいんですか?ありがとうございます」
話してみるとなんともない普通のシャイな子だと思い始めていました。
「じゃあ来週の土曜日、避妊具買ってくるのよ?来週は夫、会社の泊まりの飲み会だし、息子は夫のお母さんの所に泊まりに行くから」「はい、それじゃあお邪魔しました…」

そして土曜日、私はそんな約束をすっかり忘れてついつい一人でしていました。
何度も焦らして焦らしていくのを我慢して限界までせめてもう無理って思っていた時、ピンポーンとチャイムがなりました。まだ午前中です。
タイミング悪すぎと思いながらもワンピース風のキャミだけでインターフォンに出ました。そこにはたかしくんがいて約束を思い出しました。
焦ってしまった私はすぐ開けるねと言いそのままの格好で開けてたかしくんを入れました。

たかしくんは少しびっくりしていて、流石に格好がまずかったかな?と思いましたが、何も無かったのようにしてくれました。
居間のテーブルを挟んで座り、鞄から避妊具を出しました。
「じゃあ何か分かりやすいもの探してくるね?」「付ける物ですか?」「そうよ?棒状な物ならなんでもいいから」「僕用意してきました」
たかしくんは鞄からそれを出しました。
「何…これ…?」「付けるなら自分の大きさとか形に似たやつがいいと思ったんですけど…」
それは真っ黒のサイトで見たおっきい玩具でした。

それを理解したあと更に疑問が出てきました。
自分の大きさや形に似たやつ?こんなおっきいのが?
夫は15㎝くらいで私も満足出来ますが、それより5㎝は長い真っ黒のそれにたかしくんのが似てる…
太さもいくら私が細いと言っても手首より足首に近い太さです。

それでも見た訳じゃないし、もしかしたら大袈裟かもしれない…
そう思い、平常心で避妊具の付け方を説明しました。
しかし、買ってきた避妊具は通常サイズでどう頑張っても輪の部分が入りません。
「濡らしたら付けやすいとかあるんですか?」「え?舐めるって事?」「濡れてたら入りやすいってサイトに書いてたんですけど…」
え?そうなの?避妊具関係あるの?など考えましたが今更付けれないと言ってもどうかと思うので涎だけ垂らすことにしました。

先に口を付け、涎を垂らし、手で擦って塗る…
玩具と言っても手の感触は似ていてどんどんその気にさせられます。
視線が気になりたかしくんを見ると、目を見開いて凝視していました。
「恥ずかしいから後ろ見ててくれる?」「あっ、すみません…」
私はたかしくんに後ろを向いてもらい再び口を付けました。
頭がおかしくなるような大きさを私は見てない所で無我夢中に舐めました。
そして再び避妊具を付けるためにテーブルに起いてつけました。

涎でなんとか付けれましたが、今にも破けそうなくらい余裕がありませんでした。
「凄いです、ちゃんと付いてる…」「半分以上付いてればいいけど極力伸ばしきってね?」「わかりました…ありがとうございます…さっそく帰って練習してきます…」
たかしくんはそのまますたすたと帰っていきました。

ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 921記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。