ずっと憧れていた37歳年上の幼馴染みの父親と…60歳の彼

結さんから投稿頂いた「60歳の彼」。
今回は37歳年上の人との思い出。

あたしが要一としりあったのははるか昔、あたしが7歳の頃だ。それもそのはず、要一はあたしの幼馴染である玲子の父親だから。母親が出て行ってしまったあと要一は再婚することなく玲子を一人で育てた。

要一は消防士だった。勤務が不規則らしく、あたしが小さいころ玲子の家に遊びに行くとたまに要一がいた。今から考えれば夜勤明けでとても疲れていたはずなのだが、要一はいつもあたしたちと遊んでくれるいいパパだった。週末にプールに連れて行ってくれたりもした。

あたしは要一がパパな玲子がうらやましかった。消防士だけあって鍛え上げられた体はまさに強い父親のモデルだった。遊びに行っていないといつもちょっとがっかりしていた。

しかし中学になり、要一の転属が原因で玲子は違う学校に行ってしまった。最初はさみしかったが、あたしも子供だったしすぐに忘れた。

その後高校に入り、初体験も済ませ、大学に入り、司や高志との刺激的な日々もあり小さいころの思い出がおぼろげになりつつあったある日、あたしは偶然要一を街で見かけた。

白髪になっていたが、一瞬で分かった。背は高くないが引き締まっていて、なにより姿勢がいい。優しい目つきもそのままだった。

「もしかして、山岸さん(彼の苗字)ですよね?」
「あれ!もしかして結ちゃん?!」
「あ、わかります?」
「わかるよー!とっても美人さんになったね!」
「そんなことないですよー!お久しぶりです!」

あのままの玲子パパだ。あたしは懐かしさで一杯だった。その日はそのまま一緒にコーヒーを飲み別れた。

それから1週間後、私たちはまた再会した!今度は全然違う場所で。電車で席が隣だったのだ。そしてさらにその3日後。今度はラーメン屋で偶然。要一は冗談めかして「なんだ、運命みたいだね」といって笑った。

あたしはそれをきいてドギマギしてしまった。要一は深い意味はないと平謝りだったが、あたしがドギマギしてしまったのには違う理由があった。

実は再会してからというもの、オナニーをするたびに要一を想像していた。別に年上好きでもないけれど、いつもバイブを突き入れ、果てそうになり歯を食いしばると、いつも彼の顔が浮かんでしまった。どんな根を持ってるんだろう、どんな風に愛してくれるんだろう、どんな顔で果てるのかな、深くまで突いてほしいな…などと思いながらあたしはいつも自らを絶頂させた。

だからそのときもそのいやらしい自分を見られた気がしてしまったのだ。そしてちょっと興奮した・・・

「謝らないでください!あたしも山岸さんにこんだけばったり会えるのって嬉しいですよ!」
「そんなそんな、でもしかしよく会うよね・・・」
「ね、もうこうなったら、連絡先とか交換しちゃいません?」
「いいのかい?」
「はい!今度ゆっくりお茶しましょう!」

あたし達は1週間後の彼のお気に入りの喫茶店で会うことになった。

そしてその日。

あたし達は小さいころの思い出から始まり、大学や仕事、友達のことなど語りまくった。あたしたちは37歳差とは思えないくらい気が合った。1時間経ち、2時間経ち、話題は少しずつ深いものになっていった。

「なんで山岸さんって再婚しなかったんですか?」
「うーん、チャンスはあったんだけどね、やっぱ玲子の事もあるし。」
「チャンスって、彼女さんがいたんですか?」
「まあそりゃあね、俺も人だし、さ。」
「玲子ちゃんは継母はいやだったのかなあ」
「難しかったと思うよ。何人かおつきあいしたけど、シングルマザーも多かったし。」
「そっかあ、でもあたしたちもう22歳だし、そろそろ大丈夫なんじゃないんですか?」
「こんな60前のおじさんと付き合いたい人はなかなかいないよ。」
「でも山岸さんってカッコいいですよね!」
「そんなこと言ってくれるのは結ちゃんだけだよ笑」
「そうかなあ、あたし山岸さんみたいな人に迫られたらちょっとうれしいなあ」
「そんなこと言うと迫っちゃうよ?」
「あははは!」

冗談っぽく返したが、あたしは内心本当に迫ってほしかった。実をいうと彼が既に欲しくなっていたのだ。絶対そんな事にはならないだろうと思いつつもあたしはピッタリとしたキャミの下に赤いレースのセクシーな下着を着ていた。

楽しい時間もすぎ、彼が車で駅まで送ってくれることになった。県道沿いのラブホが見えてきたとき、あたしは思い切って迫った。

「山岸さん、車止めてくれます?」
「ん?どうした?結ちゃん車に酔ったか?」
「そうじゃないんです…山岸さん、あたしに迫ってくれないんですか?」
「・・・・え?!」
「本気です。あたし、抱かれたい。」
「…結ちゃん、すごくうれしいけど、でもさすがに・・・」
「だって山岸さんだって男性でしょ、それにまだまだ体も強いんだし、相手がいなくてさみしくなることってないんですか?」
「それはあるけど、でも・・・」
「・・・・だからあたしと開放してほしいんです。あたし小さいころから玲子パパの事大好きだったから。」
「そりゃ俺だってしたいよ、したいけどさ・・」
「いまお相手いないんでしょ?なんでダメなんですか?」
「じゃあ・・・・本当に?ホテル行く?」
「うれしい・・・・激しく抱いて・・・」

路肩に止めた車の中であたしは彼の首に手を回し唇を重ねた。多少戸惑ったのち彼も返してきた。瞬く間にあたし達は舌を絡ませ、激しくお互いをもんだ。あたしのパンティーの中はもうぐしょぐしょで、太股まで垂れそうなくらいだった。

「ねえ、もうあたし我慢できない・・・・」

あたし達は部屋に入るとシャワーも浴びず、ベッドに倒れ込んだ。
あたしは彼のシャツのボタンを一つずつ外し、一つボタンが開くごとに胸に舌を這わせた。上半身を脱がせて下半身に移ろうとすると彼がこんどはあたしに襲い掛かり、下着以外をすべてはぎ取った。真っ赤な上下のセットに彼は息をのんだ。

「どう?興奮する?」
「結ちゃん、すごくきれいだよ・・・」
「Hの時は結ってよんで。一番興奮するの。」
「わかった、俺の事も要一って呼んでほしい」
「・・・・要一の事気持ち良くしてあげる。」

あたしは彼のズボンを脱がすとボクサーパンツの上から彼自身をしごいた。それはすぐに堅くなった。男性が年を取ると衰えるというのはあたしが知っている範囲では嘘のようだ。

あたしはブラをとり、パンティーだけになると彼の顔を見つめた。あたしの顔は興奮で光っていたと思う。彼が全裸になると、短めながら堅くて太い彼の根が現れた。特に亀頭は黒々としてエラが張っており、あたしはさらに燃えた。

あたしは彼の根を両手で軽く握り、唾を沢山つけてフェラをしながら手でも攻めた。

「ああ、結、すごく気持ちいいよ」
―ジュポ、ジュポ・・・
「すごい、脳天がびりびりする・・・こんなの何年ぶりかなあ」

あたしは今度は左の親指と人差し指で輪を作り、片手で根を攻めつつ空いた右手で玉の後ろを優しく触った。彼の根はさらに固くなり、あたしの征服欲をいやらしく満たす。

要一は起き上がると今度はあたしを寝かせた。あたしは全裸にされ、あたしのぐしょぐしょのおまんこは彼の口と指の攻撃を受けた。経験なのか元からなのか、彼は本当に素晴らしかった。彼はすごいテクニックで指も舌もすべてあたしのポイントをとらえた。あたしは鋭い声を何度もあげた。

「あぁっ、あぁっ、あぁっ、すごい気持ちいい!あたし気が狂っちゃいそう!!」

要一は無言で続ける。

「あっあぁ~!すごい、もっとして、もっと、もっとよ、あ、イク、イクイク、いっちゃう、うぅ!ん!ん!ん!!」

気が付くとあたしは両手で彼の頭を自分のあそこに押さえつけ、狂ったように果ててしまった。快感であたしは何度も何度もビクッビクッとなってしまった。。

彼はあたしの唾でぬるぬるの根に避妊具をつけると、正常位であたしに入ってきた。あたし達は同時に淫らなうめき声をあげ、彼はどん、どん、とあたしを突き始めた。

「ぁん、もっとして要一!もっと奥まで欲しいの!」
「あぁ、結、すごく締まってるんだね・・・・こう?ここなの?」
「あん!あん!そこよ、もっと突いて・・・こんな事ずっとしたかったんでしょ?」
「したかったよ・・・ずっと我慢してた」
「あっあっ、じゃ今日は我慢しないで、あぁぁっ!ねえ全部出して・・・あたしの獣になって!」

正常位で楽しんだ後彼は鏡の前で立ちバックであたしをものにする。彼の体はすごく引き締まってて、筋肉質で、あたしはもうとろけそうだった。しかし彼の顔はどんどん快感に歪んでいく。

「結、ごめん、俺もう我慢できないかも・・久々だから持たないんだ・・」
「全然いいよ、要一の全部頂戴!!どうやってイキたい?」
「お尻にかけてもいい?」
「いいよ、ぶっかけて!超嬉しい・・・」

彼はあたしの腰を持ち直すと野獣のように突いた。あたしは彼の興奮しきった顔を鏡で見ながら自分もまたいやらしい興奮に身を任せた。

「結、もう俺いっちゃう!」
「あぁぁぁーんイッて!!!!要一の全部かけてほしい!!」
「あぁぁ!イクよ!!!」

要一は根を引き抜きコンドームを外すと同時にあたしの背中に向かって果てた。腰を高くあげる姿勢で四つん這いになったあたしは鏡に映る彼の赤黒いちんちんがドク、ドクと大量の精子をあたしの背中にかけるのを見ていた。真っ白な彼の液はあまりの量からか背中を伝って尻や乳房にも垂れた。

これで終わりかと思いきや、彼の根はすぐに堅さを取り戻した。要一は控えめに訊いてきた。

「結、まだできる・・・?」
「全然!これからよ!今度はあたしもイキたいな。」

今度はあたしの番だ。あたしは精液まみれのまま要一にまたがると騎乗位で激しく交わった。彼の太い根があたしを満たす。あたしは淫らな興奮のあまり喘ぎながら涎をたらした。

「あぁ、要一のちんちんすごい、あぁ、あぁ、あたし、もうだめ!」
「結の顔すごいエッチだよ・・・いやらしいんだね」
「もっと言って…あたしいやらしいの!あん、あん、あん・・」
「そんないやらしいなら、なにで突かれてるか言える?」
「あんっ・・・ちんちん、要一のちんちん!そのちんちんでもっと突きあげて!」
「本当にいやらしいんだね・・・じゃあ突き上げるよ!」
「はぁっ!あぁ、あぁ、あん!ああああん!ああーおまんこ気持ち良すぎて壊れちゃう!」

パシュ、パシュという小さい音ともにあたしを潮を吹き始めた。あたしは騎乗位でイキそうになると潮を吹くことがたまにあるのだ。もうベッドは全部びしょ濡れ。ちょっと前のバックで結構すでに高まっていたあたしは5分もしないうちに達した。

「結どうしたの?そんなすごい顔で」
「だって要一のがすごく気持ちいいんだもん、あああ!」
「俺の何が気持ちいいの!?」
「あん、いぢわる・・・あ、あっ、要一のぶっとくででかいちんちん!」
「ちんちんが気持ちいいの?」
「あん、ちんちんがやばいくらい気持ちいいの!!!」
「おまんこもどんどん締まってる・・・」
「あ、あぁ、イク、イク、要一もっとして、そのすごいちんちんでもっとして!!!」
「いいよ、いって・・俺の上でイッて!!」
「あ、イッちゃう・・・イク!イク!イク!!イク!!アッアアッアァァーーーッ」
「結、イけ!俺のでイけ・・・!!」
「あぁぁぁんすごいちんちんんん・・・・イクーーーーーー!!!!!!」

彼はそのままあたしを4回も絶頂に突き上げ、彼自身も3回果てた。訊けば10数年ぶりということだ。あたしは彼に対し恋愛感情というよりは憧れを抱いていた。小さい時から理想の男性だった彼は、ベッドの中でも理想のオスだった。

そのあともあたしたちは何回も体を重ねた。あたしの家でも、彼の家でも、どこでもあたしたちは体の芯まで交わった。しかしある日彼から別れの手紙が届いた。

やはり玲子に会うたびに娘の同級生を抱くことを引け目に感じ、耐えられなくなってしまったという。そしてあたしにはもっと若い結婚して長く一緒にいる相手がいるべきだ、とも。残念だったが彼の言う通りな部分もあった。

これを機にあたしも玲子と旧交を温めたりするようになった。いまでも要一とはたまにランチをする。ベッドの中でつながらなくても、あたしを導いてくれる心の支えであることは15年前から変わらない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ポチ君 より:

    お!良いなあ。僕も娘の友だちと犯ってみたい。

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 767記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。