エッチ体験談が10000話を突破しました。

彼女の腕に注射痕を発見し、その後知らない男から電話がかかってきて・・・

俺が24のとき経験した彼女の本性についてお話ししていいですか?この女のおかげでしばらくカウンセリングに通いました。

私は当時地方から都内に就職したばかりでした。事件は私が24のときです。
彼女は知り合った当時が19で、私が22でした。大学卒業したてでしたから彼女の名前はマナといいます。

彼女とは同僚とのナンパで知り合ったのですが、都内で初めてできた彼女だったので、とても印象にというか、のめりこんでしまいました。
彼女は専門学生で身長が高く、顔はこどもっぽいのですが、性格は勝気で見事な胸をしていました。Eカップです。

付き合って2年、週に何度かだけ、彼女がアパートに遊びにくるという生活でとても充実していました。

2年たった夏ごろから彼女の様子がとてもおかしくなったのです。

夜中連絡とれなかったりアパートにもなかなかこなくなり、このコロ彼女は卒業してフリーターだったのですが、来てもゴロゴロバイトで疲れたといってエッチもあまりしなくなりました。

そして、ついにあるモノをみたのです。その日もゴロゴロ彼女は俺のベットでしていたのですが、スヤスヤ寝る彼女の腕に注射痕があるのです。

私もひととおりの遊びはしっているのでそれが何を意味するかはすぐにわかりました。しかし、彼女が薬?うそ?間違いでしょ頭をぐるぐるいろんなコトがよぎります。

私は、彼女を急いでゆりおこしました。「おいマナおきろ、おきろ。」、すると、「何よー。」とだるそうに目を開けます。「何?まじ?眠いからさー。」というので、「おまえ腕の傷なんだよ。それ、ネタくってんのか?おい?おきろよ。」と体をゆすります。

彼女は眠いと体を反転させて明らかに腕を隠そうとしています。俺が「おまえマジでおきろ、早く。」と声を出すと、ようやく起き上がり、「何?」ととぼけた声でいいます。

「おまえその腕の何?おまえいつからネタなんかくってんの?」

というと、

「はっ?わけわかんない、具合わるかったから点滴いったの!」

と逆ギレです。でも中のやつってみんなそういうんです。点滴ってね

俺のトモにも昔いたし、でもこういうときって信じたくなるのか、そうなのかなって勝手に脳が言ってくるんです。そう信じろみたいに。でも、あんなに青くなるわけないんですよ。点滴で・・・

もう眠いからほっといて、と凄い勢いでにらまれ、そのまま横になります。

それでも俺が「いいからおきろよ。」と体を触ると、「もーちょーやだ・・・私もう帰る。」と立ち上がりバックを持ちます。俺が「まてよ。」と腕をひっぱると、異常なほど抵抗します。そして一言、

「まじ帰る。離して・・。ほんと怒るよ。」

その一言で、なんかふれてはいけないものにふれたような気がして、手を離したのです。すると、彼女は靴をはき出て行きます。

その日1日と次の日、たしか金曜だったと思いますが、携帯もメールも通じません。

怒るというより不安で・・何かのトラブルじゃないかと・・・彼女のK王線沿いのワンルームマンションに仕事帰りにいくことにしました。8時ごろだったと思います。
マンションにつくと合鍵で中にはいります。真っ暗なので電気をつけます。

すると以前とくわらない部屋でしたが、生活感があまりありません。なんか時間が泊まったような感じで、洗濯物は洗濯機の中で乾ききってくちゃくちゃです。

冷蔵庫には、2週間ほど前のコンビニの冷やしうどんがはいっていました。
これはあきらかにおかしいです。

早速、彼女のバイト先を104でしらべ、電話をします。
電話のオペレーター?のバイトをしていたのですが、もちろん本日の業務は・・・のアナウンスです。

私は、ベットの布団をめくります。すると、ついに見てしまったのです。クスリのパケ袋の空です。
これで確信にかわりました。

彼女がネタをくってる。
いろんなことを考えました。

トラブルなら警察と思いましたが、ネタだと彼女もつかまります。さすがにそれはまずい。仕方なく、彼女に部屋にきてる、見たら連絡してとメールをうちます。
もちろん電話は電源がきれてるのアナウンスです。

1時間ぐらい、ボケッとベットに横になり、考え事というか放心状態でじっとしていました。
すると、ピンポーンと突然チャイムがなり、あけると、おばさんが一人・・・

「あらあなた○○さんの身内?」ときいてきます。

「彼氏です。」というと、おばさんいわく、このおばさんは不動産やで、先月分の家賃が未納で、携帯も連絡とれないので来たというのです。いなくなったともいえないので、「喧嘩してでていっちゃたんです。」というと、なぜか、私の携帯の番号をきかれ、おしはらいの件よく言っておいてください。といわれました。

そして、また1時間ぐらいたったコロ、ついにあの電話がかかってきたのです。

今でもその時間になると、携帯をみないようにしています。番号は彼女の番号で、出るといきなり男の声です。ここから先は思い出すのが結構つらいので、誰も期待していないならやめますよ。

電話の男はいきなりこういいます。

「あんたの彼女さー迎えに来てくれるうー。」とかなりの生意気口調です。しかし俺ももともと気が強いので、「おめー誰よ」といいます。

すると、「あんた強気だけどこっちは親切で迎えにきてくれっていったるのよ。イヤならえーよ。」といいます。
「どこ?」と聞くと、都内の某所を言います。

「わるいけど車できてよ、彼女寝ちゃってるからさ。」
といわれます。

「俺この携帯もってるから電話かけてよ。出るからさ。」といいます。

私は車がなかったので、急遽、同僚に電話し、乗用車をかりました。その時点ですでに日がかわるぐらいの時間です。

指定された場所近辺で、電話をします。すぐに男がでて、
「あーやっときたよどこ?」というので、24のレストランの名前を言います。

すると迎えにいかせるから車教えてというので、国産のファミリーカーの名前をいいます。

すぐに2人の男がきました。どうみてもそっち系です。

コンコンと窓をたたかれ「○○さん?」ときかれます。「そうだよ。」といいます。

すると、「こっちきてよ。車はここでいいからさ。」
と一緒にとあるマンションに入ります。

3LDKぐらいのマンションで、中には5人の男がいました。

読みにくくてすみません。何せ初めてなので・・・。

すると隣の部屋から彼女が抱きかかえて連れてこられます。
なんかよろよろです。ガクガク震えていて、顔は真っ青です。すぐにピンときました。禁断症状です。

俺の顔をみてもまったく動じず。目はうつろです。「おいマナ」と駆け寄りますが、男にさえぎられます。

「まーまーつれてかえるのはいいけどさ、問題があるのよ。ひとつさ。」というと手で金を意味するワッカを作ります。
「はっ?意味がわからないよ。」というと、後ろにいた男が顔をだして、

「こらっ意味わかんねーじゃねーよ。」とすごまれます。

俺も「何?」というと、目の前のおっさんが

「まーまーあんたさ、状況はわかるよね、彼女に貸しがあってさ、払ってよといわれます。」

俺が「いくらですか?」と聞きます。
すると、「120万」と答えます。

「なんでそんなに?」というと

「いろいろ困ってたみたいでね、たてかえてあげたのよ。」といいます。

「とてもそんな金額はらえない。」と答えると「今ないのはわかってるよ、もう夜だしさ。いいよ、あとでさ、会社○○だっけ。」と有名でもない私の会社の名前をいいます。

私はあーこりゃ全部調べてるわと心で思っていると、若い男がいきなり書類を数枚だします。

「サインしてよ」

と、もちろん金銭貸借証書です。

俺は「こんなのかけないよ。」すると「じゃあ彼女に払ってもらうよ、わかるよね、若い女が働くところはさ。」といわれます。

私は散々悩んだあげく、彼女を見捨てることができずに、自分で契約書の後ろに120万円はらいます。と名前と住所をかきました。

するとおっさんが「あんたえらいよ、でも期日は?」というので、「3日以内に払いますよ。必ずね。」というと「俺はあんたと約束したからな、破ったらわかるよね。」とすごまれます。

マナを抱きかかえてマンションをでます。出る間際に若い男が「たのしかったよ。」とほざき、にらむと一番えらいおっさんが「余計なこといってんじゃねー。」と怒鳴ります。

とにかくマナをつれてかえりたかったので、俺は真っ青でぶるぶる震えるマナを抱き、玄関をでます。
マナは「あした遠足いこうね・・」とずっとボソボソわけのわからないことをいっていました。

車にのせ、寒がるのでスーツの上着をかけてやりました。

マナのアパートにもどると、ベットにねかせ、後ろから抱き、逃げないように横になりました。
ウトウトしましたが、朝おきるとマナがいたので、安心しました。

土日はぼーっとしたり、笑ったりする怒ったりするマナでしたが、だいぶ元にもどりつつありました。

日曜の夜におっさんから支払いの件で電話があり、現金のみということと、口座振込みはダメ、手渡しで、と場所を指定されました。
場所は、マナのアパートの近くの公園です。

月曜は会社を休み、マナには仕事といい、家をでないように念をおして家をでました。
マナは記憶が混乱しているようで、あまりよくわかっていません。

銀行で金をおろしました。彼女と結婚するようにと貯金しはじめた金です。
封筒に入れ、公園にいきます。

待っているとと携帯がなり、駐車場によばれました。
黒いセドだったと思います。中に3人いて、封筒をわたすと、おっさんがおりてきて言いました。

「俺はクスリとは関係ないんだよ。」

聞けばこのおっさんは金貸しで、クスリ代をたてかえてやってくれと頼まれただけといわれました。
嘘かほんとかわかりませんが、俺は「そうですか俺にはどっちでもいいです。」と答え、家路につきました。

この後が最悪だったのです。

マナが心配で急いで家に帰りました。もしかしたらいないんじゃないかと・・・。

戻ると、そこにはテレビをぼーと見ているマナがいました。お帰りといってくれます。
「仕事は?」というので、「気分悪いから早退した」と答えます。

そして俺は全部おわった安堵とマナがもどりつつある安堵から、ベットでうとうと寝てしまったのです。

気づくとマナが携帯で誰かと話をしていました。
私ははっと起き「誰?」と聞いたと思います。

マナは○○と女友達の名前をいった記憶があります。また眠りにつきました。

起きたら、もう6時過ぎでした。

しかもマナがいない!
慌てて起きて、風呂やトイレを見て、裸足で家をとびだし、外を見ていないとわかると、部屋に戻り、身支度をします。

携帯はバイブにしてあったのですが、20分ほど前に金貸しのおっさんから着信がありました。
すぐに電話すると、でません。

私は友達の車に乗り、またあのマンションに向かいました。

夕方の渋滞の時間帯で車は動かず、いらいらタバコの本数ばかり増えます。
するとおっさんから電話があり、

「にいちゃん、俺はもう関係ねーけどな、ちょっとこれるか?」
といいます。

また金ですか?と聞くと、「違う、俺を信用しろ、でもつらいかもよ。」と言われました。

俺は「いーから何処いきゃいーんだよ」と怒鳴ると、「例のマンションの近くにきたら電話しろ。」と言いました。40分ほどで到着し電話するとおっさんが車で来て、ついてこいとまた別のマンションにつれていかれました。

すみません。文才もなく、下書きもなく記憶だけで書くので・・・

おっさん「にーちゃん、あの子はもーダメだよ、あきらめなよ。」
俺「なんでよ、いーからマナはどこだよ」

おっさん「どんなことあってもいいのか?イヤなもんみるかもな。」
俺「まよわず、いいから早くつれてけよ。」
おっさん「わかった、ついてこい。」

エレベーターに乗り3階でとまります。

部屋のインターホンを鳴らし「俺だ」と一言、ガチャっとドアがあきます。
部屋に入ると、聞き覚えのある喘ぎ声がします。

もう、耐えられません。

おっさんはまいったなという顔をしていました。
中に入ると声のする部屋を開けます。

中には騎乗位で腰を振るマナと全裸の男が3人、全裸の男の体にはお絵かきつきです。

マナは大きな胸をゆっさゆっさゆらし、腰をふっています。

ボーぜんとする俺におっさんが「わかったろ。」と部屋を出るように促します。
俺はでも動けず、声もでません。

マナは「あーいいー気持ちいーまたいっちゃういっちゃう。」と叫んでいます。
凄い腰の動きです。

男は一旦抜いて、バックにかえます。
後ろ向きですが、マナはバックで突かれながらもう1人のちんちんをくわえています。

俺は今でもこの光景を覚えていますが、ほんとにびびったとかじゃなくて動けませんでした。

頭が真っ白で・・・。

バックの男はマナの尻に発射しました。フェラされていた男は立ち上がり、マナをひざまずかせてフェラさせます。
「ほらっ彼氏きたぞ。」とからかいます。

マナはちんぽを咥えて上下させてまま横目でこちらをうつろな目で見ますが、舐め続けます。

その男はマナの顔にぶっかけました。
そしてもう一人の男が正常位でガンガンつきあげはじめました。

マナは素直で、男にマンコ気持ちいいいって言えといわれれば言え、卑猥なことをいっぱい言いました。

俺はマナの「もうどうなってもいいからもっとしてー。」という言葉で諦めがつき、パンパンという音をあとにして、マンションをでました。

おっさんがきて、エレベーターに一緒にのり

「あの子は自分からきたんだぞ。もうダメだ。あんちゃんにはもっといい子がいる。」と逆になぐさめられてしまいました。

エレベーターを降りたところで、おっさんに色々聞きました。

おっさんがいうには、マナは夏の少し前にナンパで知り合った男に薬を教えられたそうです。
その男は本当に素人でただのジャンキーだったようです。

夏の前、マナが「最近太ったよ、夏だからやせなきゃ」といっていたのを覚えています。
もしかしたらそれも関係あったのかもしれません。

そのジャンキーも当然金がなく、マナをいい女がいると紹介してきたらしいのです。

そして、マナはたっぷりと調教されたみたいなのです。

おっさんは今後も

「色々あんたにからんでくる連中がいるかもしれないが全部断れ。あんたはもう忘れなよ。にいちゃんはよくがんばったよ。ほんとにな。」

と言われ、なんだかおっさんがいい人に見えてしまって、不覚にも涙を流してしまったのです。

「金は俺らも商売だから返せないけど、なんかあったら電話しろ。」と名刺をくれました。

警察に行けと思いますが、それは無理ですよ。
好きな彼女も逮捕されるかもしれないし、希望は捨てていなかったので。

車に乗り泣きながら帰りました。同僚に電話し、車返すよと、いうと異常な状態がわかったのか、「どうした、いってやるか?」と声をかけてくれました。

自分のアパートに帰ると、泣きながら寝ました。

翌日、会社を無断で欠勤し、朝から携帯に連発で着信がありました。
とても電話にも出て話す気分じゃなかったのですが、1人でいるのもつらくおたおたしていました。

昼過ぎ、車を借りた同僚が、外周りの途中で心配してきてくれました。同僚はなにも聞かず

「なんか大変だったみたいだな。課長には、具合悪くて電話できる状態じゃなかったって言っておくからさ・・・なんかあれば電話しろよ。」と言ってくれました。

俺は「ありがとう・ありがとう」しかいえませんでした。

3日会社を休み、食べ物もほとんどとらず、マナの思い出のものをバンバン捨てました。

やっと会社いかなきゃなと思えはじめた日の夕方、宅配便がきました。差出人は個人名で、電話番号もデタラメです。中身は1本のビデオテープです。

もうイヤな予感しまくりです。
すぐにビデオテープを再生しました。すると、ベットの上に座っているマナが写ります。○○です。と偽名をいいます。

具合また悪くなってきました。でも頑張って続きを見ました。

テープのマナは異常にテンションが高く、渡されたバイブをいやらしい顔でなめます。
後ろにマナをだっこするように男が座り、マナを脱がし、胸をもみはじめました。
あいかわらず立派な胸です。

マナは喘ぎ声をだしながらねっとりバイブをなめています。
そして体育すわりでバイブでオナニーをはじめます。

俺とは一度も使ったことないです。もちろんオナニーすら見たことないです。

そんなマナが自分で胸をもみ、バイブを出し入れしているのです。
ウイーン、ウイーンという音と、マナの喘ぎ声だけがひびきます。

しばらくオナニーシーンが続き、その後、四つんばいでお尻をまるだしのマナがでてきました。

「お尻にいれてください。」

男はマナのお尻にローションをぬって挿入します。
以前、俺がアナルにいれようとしたたときには真っ赤な顔して絶対イヤっていっていたのに、今はお尻にいれられて、喜んであえいでいます。

マナは「いっちゃうーいっちゃうー。」と連発しています。

そして男はアナルの中にだしたようです。

正常位になり、別の男が「どこにいれてほしい?」と聞くとマナは「おまんこにいれてください。」って自分で広げました。

男はガンガンつきあげます。胸がぶるんぶるんゆれています。マナはまた、

「いくーまたいくーダメもういくー」

と何回も頂点に達し、最後は顔にかけられました。
マナは魚のようにびくっびくっと痙攣しています。

その後またシーンが変わり、何人ものちんちんをちんぽおいしいと言いながらフェラするマナが映っていました。

でも一番つらかったのは、若い男に正常位でつかれてる最中に「愛してる。愛してる。もっともっと。」と連発していたことです。これが一番つらい言葉でした。

私はテープをひきちぎり、ぶんなげました。
そしてまた泣きました。

この後何も連絡もなく、金の話もなかったです。
多分、脅しだったのでしょう。

こんなのがあるんだぞ・・・・と。その後私は仕事に復帰できず、退社しました。

数ヵ月後、元同僚から、「マナちゃん見たぞ、すごい痩せていたよ」と言われました。
私は、アパートをひきはらい、地元にもどり、カウンセリングをうけました。

その後のマナは知りません。ただ、書く気になったのは、今結婚することができてようやく立ち直りつつあるからです。

しばらくインポにもなりました。巨乳も嫌いです。
今の妻も胸は小さいほうです。

今でもあの時間になると、携帯をみないようにしています。

番号もかわっているのですが、怖いのです。長々とつまらない話をありがとうございました。

あのビデオは出回っていないようです。それだけが救いです。

あのおっさんにも一度だけ電話したことがあるのですが、通じませんでした。
あのおっさんが言ったことは今では嘘だろうと思えるのですが、あの当時はとても救われたのです。不思議ですが・・。

ありがとうございました。

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!