エッチ体験談 13,000話 突破!!

保険外交の熟女と親しくなり

富樫さんから投稿頂いた「保険外交の熟女と親しくなり」。

保険外交の担当が変わり、奈都子という40後半女性が担当になり挨拶に。
ムッチリした女性でベテランさんらしく

最初挨拶をして半年位して「お会いしたいんですが?」と電話が来て夜に
今のプランの説明と、特約の話をされて。
営業トークをされて雑談し、旦那さんと娘さんが二人いるとか。
小一時間話して帰り1ヶ月後に再び

土曜日の昼にきて、特約を付加する話をしました。
そして説明を受けて雑談をして「ごめんなさい…」と昼過ぎから3時を過ぎて
「話し過ぎちゃいましたね?」と言われて「暇ですから大丈夫ですよ」と話して 

そして付加して「あんまり来るのも悪いから」と言うので「話してて楽しいのでいつでも」と話すと「本当に来ちゃうわよ〜」
「どうぞ…奈津子さんなら」
それからも不定期で来るようになり、2、3時間居るように
「なんだろ?居心地いいよね?」と
その頃になると女として意識はしていました。
スカートから覗く太もも、白い肌。
年齢は一回り以上違いましたが気になりだしていた。
その後数ヶ月し元気無く現れて
「どうしたんですか?」と聞くと
「なんでもない」と
だけどなんかおかしい
「良かったら聞きますよ」と話すと目を潤ませて
「私、辞めるんだ…」と言われショック
「どうして…」
「うん…嫌気が差して…」
「そうなんだ…さびしい…せっかくこうやって仲良くなれたのに」
「私も…」
理由を聞こうとしたら目を潤ませて少し泣き
「あたし…最近成績悪くて…前は上位にいたんだけど真ん中位になって…」
目を拭きながら
「それで…気に入らない若い子に抜かれたのね?…悔して…それでね」
そう話すと少しうつむき黙ってから
「会社の社長さんがプランに入ってくれるって言わたんだけど…」
ポロポロ泣き出して
「入る代わりに…身体というか…セックスをしたいって言われて…」
しちゃったんだと感じて
「無理しちゃったんですね?」と
「うん…ベッドで相手してて虚しくなって…だけど契約して」

あるんだな…枕なんとか
「契約したあとにも会いたいってしつこくて…勝てたのは嬉しかったけど」
「虚しくなった」と話すと「うん」と泣き出して
「お客さんなのにごめんなさい…誰にも話せなくて」
近づき抱きついて泣き出して…
そっと抱きしめて
少し泣き止み抱き起こして「落ち着きました?」と聞くて「うん」て頷きそしてキスをされて
びっくりすると
「富樫くん…」再びキス
「俺だって…我慢出来なくなるよ」
「富樫くんなら…いいの」
そう言われて抱き合ってキスを繰り返し
そのままベッドに行き
抱き合ってキスをしながら奈津子さんのブラウスを脱がし…素肌は色白で程よい身体つきでした。
「奈津子さん!」
もう理性を失い俺は奈津子さんの肌に
「アッ…ンッ…」と切ない声を出して
肌はきめ細やかで柔肌で抱き心地が抜群でこれぞ女の肌って感じでした。
首筋から胸に吸い付くど肌がピンクに染まりコロッと乳首が大きめで。 
スカートを脱がしストッキングを脱がしパンティは濡れて 
「富樫くん…」と切ない表情で見つめられ
服を脱ぎ捨て裸に
そしてキスを繰り返しながら濡れた奈津子さんに
「アアッ!」声を上げながら奈津子さんはギュッと抱きつき受け入れると
「富樫くんの熱くて硬いわ」と背中に手を回し「凄い心臓がバクバクしてる」と
「興奮したから」と話すと
「嬉しい」とキスをされ動かし奈津子さんを侵しました。
「アアッ…ンッ…イイッ…イイッ…」と眉間に皺を寄せて声を上げる奈津子さん
その表情と少し鼻にかかった切ない声に興奮していました。
ヌルッとした奈津子さんの中は俺を受け入れて優しく包むような感触で、少しの変化にも奈津子さんは反応していました。
沈めて打ち付けながら奈津子さんを見つめ、柔肌に興奮して…
やがて興奮が最高潮になると奈津子さんがギュッと抱きついて「そのままあたしにイッて」と囁かれて
俺は奈津子さんを抱きしめながら力を振り絞り、奈津子さんと抱き合って果てました。
「アアッ!凄い!アアンッ!」
奈津子さんは俺が放つと抱きつきながら耳元で声を上げていました。
何度も何度も打ち付け奈津子さんは最後まで抱きついて居ました。

そして「ありがとう」と囁かれ奈津子さんは目に一杯涙を
「なんで泣くの?」
「だって嬉しいから」と
「俺も…奈津子さんと繋がりあえて嬉しい」とキスをして。
「辞めても会いたいって言ったら嫌ですか?」と聞くと
「いいよ」と。

しかし、翌月後の人と挨拶に来てから携帯が繋がらなくなりました。
メッセージはエラーになり、解約したんだろうと
音沙汰なく1ヶ月位して夜中にチャイムがなり出ると奈津子さんでした。
玄関に入るなり抱きついて「やっぱり富樫くんに会いたくなった」と。

そしてキスを繰り返し再び…
抑えきれなくなった俺は奈津子さんを抱きしめながら2度3度と果てました。
「富樫くん好きよ」
「俺も」
それから2年たった今でも奈津子さんは部屋に来ています。
時々夕飯の余りとか、朝からあった時には昼を作ってくれたり
奈津子さんは嫌な社長に誘われるのが嫌で携帯を解約し、関係を持った俺も会わないほうがいいと連絡先を教えなかったらしい。

だけど会いたくなって来てくれたんだとか
今は会社の事務のパートをしていて週末によく訪れます。
二人暮らしで旦那さんがゴルフで泊りがけになった時には泊まりに来たり
もうしばらくやめられなさそう

1 COMMENT

サイトウシンイチ47歳

良かったですね❗️。奈津子さんと相思相愛でセックス出来てね、本当にものすごく良かったですね❗️。保険外交員さんと等しくなると、時間を忘れて、いつまでも一緒に居たい気持ちになるんだよね❗️。これからも、奈津子さんといつまでもラブラブセックスをたくさん楽しんでほしいですね❗️。

返信する

コメントを残す