本当にあった〇〇な話 1・・・知らない女の人に神社裏へ連れていかれ…

PR

かたねむさんから投稿頂いた「本当にあった〇〇な話 ①」。

正直ここに投稿する話なのか迷ったんだけど、どのジャンルの話がわからないから投稿しますわ。

俺が小学5年生になった春。家庭の事情で俺は両親と離れて父方の祖父が住んでいる中越地方に1年間預けられることになった。
家庭の事情は省略するが、1年経ったら元の小学校にも帰ってこれるし、当時の俺は引っ越すことはそんなに嫌ではなかった。

祖父の住んでいるところは、絵に書くようなド田舎で、夏休みに何度が帰省していて土地勘はあったが、1年間という長期に渡って住むとなると、やはり色々不便があった。
今みたいに携帯もそんなに持っている奴はおらず、パソコンでインターネットが普及してきた頃の時代だった。
コンビニなどもなく個人商店の店も歩いて30分行った所に1件あるのみで都会育ちの俺には正直厳しかった。

しかし、子供の適応能力というか、すぐに現地でも友達は出来た。というか、学校に同級生が6人しかいなかったから必然なのかも知れない。
家庭は裕福な方だったので、たくさん持っていたビーダマン(ビー玉を発射するおもちゃ)をあげたらより一層仲良くなった。
その中でも特に仲良くなったケンジとナオタカとはよく遊んだ。

夏休みになった。俺はケンジとナオタカとビーダマンを持って学校にきていた。学校の廊下がビー玉がよく伸びて面白かったからだ。
しかし遊んでいると、いないと思われた担任の先生に見つかり、先生「天気がいいんだから遊ぶんだったら外で遊べ!」などと怒られたので、しかたなく3人で神社に向かった。この神社も、隠れんぼや鬼ごっこなどしてよく遊んでいた。

この日も神社で拾った空き缶を並べて的当てをしていた。しばらく遊んでいたのだが、俺が放ったビー玉が的を外れて森の中へ行ってしまった。ビー玉は1人1つしか持っていなかったので、一生懸命3人で探したのだが見つからなかった。ナオタカ「家にラムネのビー玉が何個かあるから明日あげるよ~」と言ってくれたので、夕方になったこともありケンジとナオタカは帰って行った。
しかし俺は、一番気に入っていたビー玉だからもう少し探すと2人に伝えて残って探していた。

2人が帰って30分くらい経った頃だろうか、周りが暗くなってきたので心細くなったので帰ろうかと思った時、
?「何してるの?」
急に話かけられてビックリして振り向くと、そこには知らない女の人が立っていた。
セーラー服を着ていたので中学生か高校生だろうか。ジャイアンツの野球帽を深く被っていたので、顔はよく見えなかったのだが、ビー玉を探していると伝えると一緒に探してくれるというので、いい人なんだと安心したのを覚えている。

すると、突然その女の人に「向こうにあるかも一緒に行こう」と言われ一緒に神社の裏手側に向かった。
絶対にこっちの方にはビー玉が転がってくるはずがないと思ったので、
俺「お姉ちゃん、こっちで遊んでないからこっちにはないと思うよ?」
そう俺が言うと急に女の人は喋らなくなった。

この時に初めて怖いと思い、逃げようかと思った瞬間、女の人は俺の履いていた短パンをズリ下ろした。
ゴムで調整するタイプの短パンだったので、勢いよく下ろされたのと同時にブリーフを下ろされてしまいちんこが露出してしまった。
こういう時、エロ漫画とかAVとかだと勃起したちんこを・・・みたいな展開なのだが、実施にこんな事されたら恐怖で何もする事は出来ない。それに当時の俺はオナニーをまだ知らなかった。勃起することはあったが、それをどうやって解消するのかも知らなかった。

女の人は黙って俺のちんこを手で触ってきた。当然俺は勃起することはなく、只々恐怖だった。俺は恐怖の限界で、俺は半ば強引にズボンとブリーフを履いて走って逃げた。時より後ろを振り返ったが、追いかけてくる様子もなかったが階段の下に停めてあった自転車に乗って全速力で帰路に着いた。祖父に今起きた出来事を言おうと思ったのだが、これは人に言ってはいけないことだと、その時に感じたとので黙っていた。

その日の夜、俺は恐怖で中々眠ることが出来なかった。しかし、恐怖とは別に知らない女の人にちんこを触られた経験が頭から離れなかった。勃起をしていたのだ。自分でもなんでこんなにちんこが勃っているのか分からなかったが、触っていると気持ちよかったので、床に押し当てて上下運動しているとドンドン気持ちよくなっていき、俺はそのまま射精した。

俺はこの時に初めてちんこから出た謎の白い液体に怖くなり、トイレに行って拭き取って流した。
これもあの女の人の呪いかなんかなんだと思っていたから、恐怖と快楽の狭間でその日は眠れなかった。

翌日、ナオタカにビー玉を貰うためナオタカの家に行った。
ナオタカは今ジュースを買いに行っているとのことだったので、ナオタカの母に許可をもらって部屋で待っていた。
ナオタカの部屋は何度か来たことがあったので、部屋にある漫画などはもう既に読んでしまっていた。暇つぶしに悪いとは思ったが、ナオタカの部屋を物色し始めたのだが、ナオタカの部屋の横がナオタカのお姉さんの部屋ということを思いだした。
襖1枚向こうがお姉さんの部屋とう状況で好奇心から、襖を少し開いて覗きこんだ。

すると・・・・・・・・

そこには、昨日見たのと同じセーラー服が掛かっていた。

ーーーーーーーキリトリーーーーーーーーー

疲れたんで今回はここまで。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2076記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。