エッチ体験談が10000話を突破しました。

初めての彼女とのファーストキス、そしてペッティングした

初めての彼女とのファーストキス、そしてペッティングしたときのエッチ体験談。

高1の時、初めての彼女との思い出。
夏休みの部活が終わった後、2人で湖畔沿いを歩いていた。

まだキスもした事がなく、かなり緊張していた。

遊歩道の下の岩場にすわって話をしていた。
前は湖、後ろは土手で誰からも見えない位置だった。
ふと話が途切れ、見つめ合ってしまった。

僕はここぞとばかりに顔を近づけキスをした。
しかし、唇をはなすタイミングがわからなかった。
思いきって舌を少し出してみた。

すると彼女は「んっ…」と小さく声をだしたが、口は徐々に開いていった。

舌を激しく動かす訳でもなく、ただ2人の舌をくっつけているだけだった。
次はどうすれば良いのかと、頭がパニックになっていた。
思いきってTシャツの上から彼女の胸を触ってみた。
彼女はビクッと体を強張らせた。

しばらく触っていたが、彼女は何も言わない。
きっと彼女もパニックになっていたのだろう。
僕は次の行動にでなければいけない、という思いにかられた。
Tシャツの裾から手を入れ、ブラジャー越しに触った。
どう見てもAカップの彼女の胸は手で丸みを感じる事さえできなかった。

しばらくして、Sが「キスするよ」って言った瞬間、いきなり揉むというより、撫でるに近かった。
しかし、純真な僕にとっては気絶するほどの行動だった。

彼女もかなり息使いが荒くなっていた。
化粧もしていない頬が赤らんでいた。

これ以上の行動は、こんな場所では無理だと思ったが手は止まらなかった。
ブラジャーの外しかたがわからなかったので、上に押し上げた。

直接触る胸は意外と柔らかかった。

丸みがほとんどないので乳首以外に手をかけるところがなかった。
しっとり汗ばみコリコリに立っている乳首を摘まんでみた。

彼女はくすぐったそうに体をよじらせた。
若かった僕は乳首を見てみたいと思った。
Tシャツを捲り上げ、ブラジャーを押し上げた。

真っ白な肌に、薄い茶色の乳首。

僕は本能的に顔を近づけ乳首をくわえた。

その拍子に2人は後ろに倒れ、寝転がってしまった。
さすがにこの体勢は2人ともヤバイと思い起き上がった。
やめるタイミングがあって、ちょっとホッとした。

その日はそれだけで帰った。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!