なんとも思ってなかった女子に迫られて修学旅行で童貞卒業

ぴゅあらば

漏れは工房の修学旅行で北海道いった。 
1日目の夜クラスの男が大部屋の真ん中に集まって語り合ってたら いきなり隣に座ってた奴が「Yさんってかわいくねーか?」と言い出した。漏れも結構イイかなと思ってたのでうんうん、とうなずいた。  そしたらまた別の奴が「Hさんもかなりイイでしょ」 と言出だした。漏れはフ―ンとおもった 

しばらくして部屋の外に出たら たった今話のネタになっている二人がいるではないか 
二人はベンチに座って カップのジュースを飲んでるようだった。

漏れは、自販でジュースを買って 壁にもたれてかかってジュースを飲みながら 明日のことを考えていた。 ふとYさんの方を見るとこっちを見ている 目が合ってしまった 「ヤヴァイ、気があるのがばれたか」とか勝手に思い込んでいたら。

Yさんが立ち上がって部屋に帰っていた そしてHさんがこっちに歩いて来ているではないか 
ゆっくりと歩いてくるHさん 漏れはどうすることもできなく  ただ見ているだけだった そして「こういうときは九九を唱えるんだ」と漏れは意味わからんことをはじめた 3の段を唱え終わったくらいになって Hさんがいきなり抱き着いてきた。 

すると漏れのティムポはいきなり戦闘モードへ変形しだした 漏れより5センチくらい小さい彼女は 少し酒のにおいがした。
「お前酔ってんのか」と聞いたら 「酔ってるわけないじゃん」と言い返してくる 漏れが絶対こいつは酔ってると思ってたら いきなり背伸びしてキスしてきた。 漏れはわけがわからなくなって ただされるままになっていた 

10秒ぐらいしてから 「N君(漏れの名前)とキスしちゃった」と彼女が言った。
漏れは初めてじゃなかったがものすごくドキドキしていた 「もう部屋戻らなきゃ」と言って逃げるように立ち去っていった 

しばらくボーっとしてると先生が来て大部屋に戻らされた。戻ってみると女に飢えた男どもが こっちに走ってきて 巨人でサヨナラホームランを打った選手にするような出迎え方をされた。この後は何もなく1日目は終わった。

2日目は自主研修だった  昨夜のこともあって 漏れはHさんの顔がまともに見れなかった Hさんは何事もなかったように友達と話していた  漏れは「まぁ、あの時は酔ってたしな」と自分に言い聞かせながら研修に行った 自主研修は3人ずつの班に分かれて行われた 漏れの班はアタマ良いけどエロいD、ものすごいタラシのEと漏れの3人で構成されていた 

漏れたちの班は北海道の方言について調べていた 町の老人をつかまえて研修を進めていくと なぜかHさんの班と出くわした。
漏れは気づかないふりをしていたけどかなり意識していた Dが「お前の女がいるぜ」といってきた  漏れは「何言ってんだバカタレ」と言っておいた その時Hさんが近寄ってきた。 こういう時はどうしたらいいか分からず ひたすら気づかないふりをしていた そこへHさんが「N君、研修進んでる?」と聞いてきた。漏れは「なぜ漏れに聞くんだよ」と思いながら「ぼちぼちね」と答えておいた 

そして「そう、頑張ってね」と言い残して班に戻っていった 漏れは「あいつ結構かわいいな」と思い始めていた そのまま研修は無事に終わって2日目の夜がきた  今回は二人部屋でDと相部屋になった しばらくDと話をしていた。突然Dが「昨日Hはなんでお前にあんな事したと思う」と聞いてきた 漏れは「あん時酒飲んでるようだったし酔ってて誰でもよかったんと違うん」といった

Dは「あいつお前に気があるって」と言ってきた  「何言ってんだよ。大体あいつはS(漏れの中学の時の友達)とつきあっとるはずだし」と反発した 「でもあいつ最近お前のほうよく見とるし、よく話しかけるっしょ」と言われた。よく考えたら思い当たる事はいくつかあった 「それにあいつ最近わかれたって噂だしな」 そういってDは立ち上がっ手部屋を出ていった 漏れは「別の奴のところに行くんだろうな」くらいにしか思ってなかった そしてDが出てからすぐに部屋のドアが開いてHさんが入ってきた。

ポカーンとしている漏れを気にもとめず彼女は話し始めた。 漏れはどきどきして何を話してるかぜんぜんわからなかった 気持ちを落ち着けるためにトイレに逃げようとしたら 後ろから抱きつかれた。漏れが彼女の方を向くと「お酒の力借りなくったてこれくらいできるんだよ」と言って昨夜のようにキスをしてきた    かなり長い間していた気がする 彼女が漏れの顔を見て「好きだったの」と言ってきた 彼女もかなにどきどきしているのが分かった 漏れの理性が吹っ飛んだ。

ベッドに押し倒し服を脱がしてからおっぱいをしゃぶった そして左手を下半身のほうに運んでゆっくりと割れ目をなぞった かなりマムコは濡れていたようだった 童貞だった漏れは「とりあえずクリを探さねば」と必死に探し当ていじってみた、彼女は声を押し殺して入るがかなり感じてるようだった。    

次にクンニとしようとマムコに顔を近づけた 少しなめてみたら彼女はビクッとしたのでびっくりした 部屋には「クチュ、クチュ」という音と喘ぎ声が響いていた 10分ぐらいした後漏れは「入れていい?」と聞いたが 「先に私がしてあげる」と漏れの戦闘体制に入っているティムポをゆっくりと咥えて口の中で舐め始めた、かなり気持ちよかったのだが上目遣いでこっちを見てくると気持ちよさが倍増した そのあと1分しないうちに漏れはいってしまった  いきなりの事でびっくりしていたようだが全部飲んでくれた

それがなぜか嬉しくて彼女を抱きしめた しばらくして再度「入れていい?」と聞いてみた すると恥ずかしそうに頷いた。その時以前に見たビデオの中に亀頭をマムコに擦りつけるシーンがあったのを思い出して実行してみた やはりこれはかなり効くようでこれまでに無いほどに感じていた。そして正常位からゆっくりと差し込んだ

じらすようになるべくゆっくりと腰を動かす 「もっと早くして」と彼女が頼んできた 腰の早さを少し早くすると今まで以上に感じてるようだった さっきフェラでいってしまったので少し長持ちした 体制を騎乗位に変えて漏れの上で気持ちよさそうに喘いでいる彼女を十分堪能してからラストスパートをかけた    

正常位に戻してから腰の動きをさらに早めて激しくおっぱいをもんだ  次の瞬間彼女が大きく反り返っていった 漏れは追い討ちをかけるようにバックから責めた  「少し休ませて」と彼女はお願いするが「もう少しだから」といってバックで責めつづけて彼女の尻に出した    

終わってから余韻に浸ってると彼女が「大好き」と一言  漏れも「好きだ」と言ってしまった    いきなり抱き着いてきたのでビビッたが漏れは    「これでのいいかな」と思ってキスをした    

3日目は夜の疲れからか半端じゃなくだるかった DはYさんとHさんから頼まれて部屋を出たのだと知った 他の男どもからの「やったのか」の質問の対応で困ったが  そのあとは何事も無く修学旅行は終わった

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1018記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。