仲良くなった看護師さんたちが手のひらでザーメンキャッチ!

PR

20歳の時に足を骨折して入院した時の話です。入院して1週間ほど過ぎた日の夜なかなか寝つけずにいると、見回りに来た看護婦さんになぜ寝ないのかと聞かれました。

「昼間寝ちゃったから眠くなくて。お腹も空いてきちゃったし。」と答えました。この看護婦さんは22歳で歳が近い事もあり普段から仲良くしていたので、「ナースステーションにお菓子あるから一緒に食べよう。」と言ってくれました。

その日はもう1人25歳の看護婦さんも夜勤をしてましたが、その看護婦さんとも仲良くしてもらってたので、3人でお菓子を食べながら雑談してました。最初は普通の話をしていましたが若い男女3人が夜中に話しをしているので、だんだん話題はH系の話に移っていきました。

25歳の看護婦さんに「入院して1週間経つけど平気なの?自分でした?」と聞かれたたので「してないよ。溜まってきた。」と答えると、看護婦さんは2人でヒソヒソ内緒話をはじめ、「ちょっと待ってて。」と言って奥にある部屋(仮眠室?)に入って行き3分ほどして出てきました。最初気づかなかったのですが、良く見ると2人とも手にブラジャーを持ってます。

25歳の方は紺色で、22歳の方は白でレースが使われているブラでした。「これオカズにしていいから、ここで自分でしてみてよ。」と言われブラを渡されました。

「えー?嫌だよ。」と言いましたが、受け取ったブラの生暖かさに思わず勃起し、トランクスにハーフパンツ姿だったので勃起してるのがバレバレで、「おっきくなってるじゃん!しないんならブラ返して!」と言われました。看護婦さんの脱ぎたてのブラをオカズに抜けるチャンスも無いと思い、「分かった。」と言い、下を全部脱ぎしごきだしました。

「匂い嗅いでも良いよ。」と言われブラの匂いを嗅ぐと、甘い女性の匂いがして更に興奮!看護婦さんはじっとこっちを見詰めています。乳首が当たってたと思われるとこをなめたりしながら、2人の看護婦さんを交互に凝視ししごきました。良く見ると2人とも乳首が立っているのか白衣がポチッとなってます。

ブラだけでは満足できなくなり「パンツ見たい。」と言うと、白衣を捲り上げてストッキングも膝まで降ろしてみせてくれました。2人ともブラとおそろいのパンツでした。22歳の白パンツの看護婦さんのほうはレースになっていて陰毛が透けてました。かなり興奮して来て「おっぱい見せて。」とお願いしましたが、「それは無理だけど2人でしごいてあげようか?」と言われ、「うん。」と答えると私が座っているイスのところまで来て、2人でサオをしごいたり、1人がサオもう1人がタマ揉みしたりしてくれました。

ここまでされるともう我慢の限界でもったいないと思いつつも、2人の手のひらに出しました。タオルで奇麗に拭いてくれ、「男の人が自分でしてるの初めて見たー。」「ちょっと興奮しちゃった。」と2人で話していました。

この後退院するまでにもう一度この2人の看護婦さんの組み合わせがあり、その時はブラとパンツをもらいました。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 従四位下 左京大夫 より:

    以前心臓の病気で入院した時にやはり看護婦さんとのエロい関係を期待した。
    手術前に萎んだ状態のチンコにカテーテルをぶっ挿されて心が折れた…

    ベッドに固定され両足に一本ずつ、左腕に一本、右腕に三本管を刺され全く動けない状態で毎朝カテーテルが挿さったチンコを洗われた…
    カテーテルが挿さった状態で勃起すると地獄の痛みが待っている。

    この状態でエロい展開なんぞあるわけない…

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1151記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。