浜辺で早漏と罵られ…虚しい夏の思い出

ぴゅあらば

どのジャンルに書けばいいのかわからなのでここに書きます。今年の夏の話です。

俺は大学3年で、俺と彼女の千晶、友達の神谷とその彼女の斉藤さんの4人で海に行ったときの話です。俺達は全員同い年で4人で遊ぶことはちまちまありました。最初は泳いだりして遊んでたけど、昼過ぎから疲れて眠くなったのでビーチチェアーに座って寝ようとしたけど、神谷の案で砂に埋まって寝ることにしました。

でも、ここは人が多いので人がいないとこがいいと思い、場所を移すことにしました。ここのビーチは結構広く、端には岩の山があり、その向こうもビーチが続きます。しかし、岩山より向こうは遊泳区域ではない為、人はまったくいません。

ここなら人もいないし、誰かが歩いたときに飛んでくる砂も顔にかかることもないので、ここで埋めてもらうことにしました。何より岩山で向こうが全く見えないのも気に入りました。自分達だけのプライベートビーチに思えました。

まず彼女である千晶を砂に埋めました。首から脚の先まで全身埋めて、更に砂を固めて更に砂をかけて完全に埋めました。もちろん顔には日焼け止めクリームは塗ってあります。

そしてその横に俺が横になり、神谷と斉藤さんが俺を埋めてくれます。これでもか!というくらいパンパンと叩いて砂を固めてくれて完全に埋めてくれました。たかが砂と思えど身動きは全くできませんでした。

ピクリと動かすこともできませんでした。でも砂が以外に冷たくてものすごく気持ちよかったです。俺達を埋めると、神谷と斉藤さんはご飯食べてくると言って消えて行きました。

砂に埋もれた俺達は「気持ちいいね〜」とか話しながら目を瞑って、波の音を聞いてました。本当に天国のようでした。ここまでは・・・・10分か15分くらいしてからでしょうか、眠くなってきたなぁ〜と思ってたときに、遠くの方から話し声が聞こえてきました。

そしてどんどん声が大きくなってきます。こちらに近づいてるようです。「あ!死体だぁ〜〜!!」と俺達の方へ指を指しながら叫んでる声が聞こえました。声の方を見ると、どう見ても女子高生の1年か2年生と思われる子が3人いました。

そしてこっちに向かってきます。俺は目が合ったので笑いながら「こんにちは〜」と挨拶をしました。すると3人組は俺のとこに来て、俺達を囲むように座って話しかけてきます。

「ねぇねぇ、何やってんの〜?」「デートなの?」とか、楽しそうに話して盛り上がってきました。

そこまでは普通の会話だったのだけど、突然そのうちの一人が「ねぇねぇ〜、この子ね〜、おちんちん見たことないんだって〜」「お兄さんのおちんちん見せてあげてくれる〜?」とか言ってきた。

俺は冗談だと思って「アホか!」と言って笑い流した。でもその子は「ちょっとだけ見せてね^^」と言って、ちょうど俺の股間の部分を掘り始めた。

マジかよ!と思って「ちょっ!それはやばいって!」と言って半笑いでやめさせようとした。「いいじゃん」と言ってどんどん堀り続ける。・・・これはやばいかも・・・

そう思ってるときに横から千晶の声がした。「ちょっと!あんたらいい加減にしなさいよ!」と怒り口調で言った。しかし次の瞬間、3人の内の一人が千晶の口に一握りの砂を押し込んだ。

・・・えっ???・・・千晶は咳き込みながら砂を吐き出そうとしている。そして目からは涙が流れていた。

「お前うっせーんだよ!何様のつもりだよ!彼氏のチンポちょっと見せてもらうくらいいいだろーが!」人が変わったように怒りだした。女は女に容赦しないとは聞いたことがあるが、本当に容赦しないので恐くなってきた。さすがに恐くても千晶があんな目に合わされて黙ってるわけにはいかない。

「ちょっと、お前らやめろって!まじで!」と俺も真剣な表情で言った。すると、千晶の口に砂を押し込んだ子が再び砂を一塊掴んで「お兄さん、余計なこと言うとあんたも砂食べさせるよ」

と、俺の口の横に持ってきた。砂を口に入れられた事がないので、殴られるよりも恐くなって、俺は口を閉ざした。その頃、股間の部分がスースーしたと思ったら「おー、海パン出てきたー」と言って俺の股間の部分だけ砂がなくなった。

そしておもむろに揉んでくる。「わぁ〜、やわらかい〜ナマコだ〜」と楽しそうに触ってくる。

「やめろっ!」と言おうとしたら砂を持ってる子が砂を口に近づけてニヤっとしている。「よし、パンツめくっちゃお〜」と言って海パンをずり下げると同時に海パンに手を入れ、俺のチンポを掴んで外に引っ張り出した。「おお〜〜〜!!出たぁ〜〜〜〜!!」と歓喜の声。

俺のチンポを見ず知らずの女子高生3人に見られるということは、とても屈辱だった。そして更に屈辱なことに「あれぇ〜??皮被ってない?」「あ、本当だ!」

「ホーケーだホーケーだ」と屈辱的な言葉を並べられて「ねーねー、あんたの彼氏さんホーケーだね〜」と千晶に向かって声をかける。

・・・こいつら・・・内心では何と思おうが、抵抗できないので言われ放題だ。そして「あ、これカセーホーケーじゃん」

「へぇ〜」「ほらっ、こうすると剥けるよ」俺のチンポの皮を根元までずり下ろす。

「わぁ〜。きもーーーい」と、俺のチンポを鑑賞している。「カセーホーケーだったら多分早漏じゃない?前の彼氏カセーホーケーで早漏だったからすぐ別れちゃった!だってすぐイっちゃうし」

と笑いながら言う。確かに俺は早漏だと思う。でも千晶の前で女子高生に言われるのは屈辱にも程がある。「カセーホーケーってね〜、ここの部分がすごく敏感なんだよ〜」

と言って亀頭のカリの部分を弄りだした。突然のことに思わず「ああっ!」と声が出てしまった。「お?声出した。気持ちいいんだね〜」と言ってカリの部分を弄り続ける。

そして敏感な部分に刺激を受け続けて、ついに俺のチンポは固くなってきた。「あーーー!固くなってきたーー!」と歓喜の声。それでも弄り続けるので俺のチンポは完全に勃起状態になった。

「わぁ〜!すごーーい!」「ねーねー、あんたの彼氏さん勃起してるよー!」と千晶に言う。

千晶は涙を流しながら見ないようにしている。そしてチンポを弄ってる子が「こうすると気持ちいいんだよ〜」と言った。「ああっ!!くっ!」と思わず声が出る。

そう、チンポを握って上下に扱き出したのである。「わぁ〜、気持ちよさそうーー!」シコシコシコシコ・・・・・・・

これがめちゃくちゃ上手で、男を知り尽くしてるような感じだった。「もうカッチカチ!」シコシコシコシコ・・・・・・・

・・・や、やべぇ・・・・あまりの上手さに射精感が込み上げてきてしまった。千晶の目の前で射精なんて・・・絶対いやだ!「お、おねがい・・もう勘弁して・・・」

と言うと「うっせーよ!声出したら砂食わせるぞ!」と砂を近づける。シコシコシコシコ・・・・・・・・・・ちょ・・・まじでやべぇ・・・・

「先から変なのがいっぱい出てきたー。」「よし、もうちょい早くしてやろう」そう言って扱く手を早めてきた。

シコシコシコシコ・・・・・・・・・・あ・・・もう駄目だ・・・「ねぇ〜、あんまりやるとイッちゃうんじゃない?さすがに彼女の前でそれは・・」

ドピュッ・・ピュッ・・ピュッ・・・・「え??」「きゃっ!!」

とびっくりする3人組。「あ?イッちゃった!!」「てゆーか、早すぎ!!!」と扱く手を止めずに笑いながら「ほら〜、出し終わるまで扱いててやるよ!」

シコシコシコシコ・・・・・・・俺は「あっ」とか「うっ」という声を出しながら快感を堪えていた。そして射精が終わると千晶に向かって「あんたの彼氏さんイッちゃったよ!情けねぇ〜〜」と笑いながら言うと、手にべっとりと付いた精液を千晶の顔に塗りたくった。

「あ〜、楽しかった!行こっか」と立ち上がって歩き出した。「それにしても男って情けねぇ生き物よね〜。彼女が横にいんのに、他の人に手でされただけで簡単に射精しちゃうし〜」

とか話しながら去っていった。ものすごく屈辱的だった。この後、神谷に掘り起こしてもらった訳だがとりあえず千晶に何て言ったらいいのかわからず「ごめん・・・・」と、誤ったが帰ってきた言葉は・・・

「情けねぇ・・・そんなに気持ちよかったのかよ、早漏が!」と言い残して去っていってしまった。・・・・・むなしい夏の思い出でした・・・・・

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1006記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。