エッチ体験談が10000話を突破しました。

肉便器で有名な従姉妹に筆下ろししてもらって…

自分が高二のころ、当時女子大生で一人暮らししてた従姉妹のところによく遊びに行っていた。その頃は変な下心はなく、ただ単に仲がよかったし、新作を含めてゲームソフトはたくさんあるし、なにより親とかがいなくて自由というところがよくて週に一回くらい遊びに行ってた。

で、その夏休みにいつものようにゲーム目的で遊びに行ってた。
従姉妹は買い物に出かけていなかった。自転車でかなり遠くまで行ったらしく、汗だくで帰ってきた。シャワーを浴びて来ると言って部屋からいなくなった。その時も別に意識はしてなかった。

しかし、従姉妹がシャワーから出てくると状況が一変した。
彼女は暑い暑いと言いながら素っ裸で部屋に入って来たのだ。

従姉妹は顔はまあまあ美人、というくらいだったが、胸はEカップ(自称)でそれをブルンブルンさせながらタンスから下着を探し始めた。さすがに驚いたが、目はそのEカップに貼り付けになった。さらには盛りの年頃である自分のアソコが敏感に反応し、一気に勃起した。

慌ててそれを見つからないように押さえたのがかえっていけなかった。
それを見た従姉妹が、「あれぇ?勃起したのぉ?」とニヤニヤと小馬鹿にしたように笑いながら裸のままこっちに近づいて来た。

自分は慌てて、「あ、ごめん…」とかしか言えず、その場に固まってしまった。
彼女はニヤニヤしながら「なんで従姉妹の裸見て勃起なんかしてんのよぉ」と、明らかにそんな自分を見て楽しんでいた。

さらには、「ちょっと見せてみなさい」と言って自分の短パンに手をかけてきたのだ。
「ちょ…ちょ…」と止める間もなく、というか、半分はそれを喜んでいた自分は抵抗出来ず、パンツと一緒に一気にに脱がされた。ピーンと勃ったそれを見て、従姉妹は楽しそうにキャッキャッとはしゃいだ。

「すごーい。皮も剥けて、大きくなってる!」
おそらく、子供のころと比べて言っていたのだと思う。小さい頃はよく風呂に一緒に入ったし。そして、おもちゃのように自分のアソコを手で弄ばれた。

まだ童貞で、自分の右手の感触しか知らない自分は、その気持ちよさにウットリとなって、発射してしまった。

従姉妹は「うわぁ…」と、さすがに少し引いたが、「あんた、まさか童貞?」とやはりニヤニヤしながら聞かれた。まさかもなにもまだ高二だ。童貞に決まっている。

自分が頷くと、「ふ〜ん」と、またいやらしい顔をして、自分に覆い被さってきた。あとはもう、めくるめく体験だった。

セックスだけじゃなく、フェラ、パイズリ、69、クンニ等々、1日で5回もいかされた。
それ以来、その体験が忘れられず、従姉妹ということも忘れて毎日のようにセックスやパイズリ目的で遊びに行った。

後でわかったが従姉妹は彼氏はいないが相当のヤリマンで、いわば”肉便器”状態だったらしい。

夏休みが終わっても週一ペースで遊びに行き、そのまま互いに別々の人と結婚した今でもセフレ状態。あくまでセックスのみの関係で恋愛感情はない。

さすがに十年以上にもなると飽きてきたが、それでも2ヶ月に1回くらいは嫁さんにバレないようこっそり会って、パイズリだのフェラだのそしてもちろんもセックスしてる。

しかし、成り行きとはいえ、初めての女性が従姉妹でよかったのかどうか…
いまでも悩んでる。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!