17,000話以上掲載!!毎日更新!!

担当患者のちんこの虜になってしまった女医の話

[AD]

[AD]

りえさんから投稿頂いた「担当患者のちんこの虜になってしまった女医の話」。

あたしが研修医一年目の頃の話です。
泌尿器科のローテーションで研修してる頃尿路感染症で入院してきた患者さんを担当する事になりました。男性器から膿が出ていたので一度視診をするために病室を訪ねました。
ズボンと下着を下げるようにお願いするとやけにニヤニヤしている患者さん。勢いよくパンツまで下げた瞬間あたしの目の前には凸凹と歪な形をした男性器が姿を現しました。

問診をしていくうちにシリコンボールを5個異常埋没しているといいました。
患者さんはニヤニヤしながら「これで風俗嬢をヒィヒィ言わせるのが楽しいんや。それでクラミジアに罹ってもうたけどな笑」と話をしてくれました。続けて「先生もヒィヒィ言わせたろか?笑」と。
その時は「セクハラですよ笑」とかわしましたが、当日研修医になって忙しく彼氏とも別れたばかりでご無沙汰だったあたしは家に帰ってからも患者さんのあの凸凹ちんこの事が忘れられませんでした。

通常なら看護師さんの記録をみるだけでもいいのですが、次の日もそのまた次の日もあたしは担当患者さんを訪ね毎日視診をするためと理由をつけて特に何をする訳でもなくちんこを見ていました。
患者さんが退院する前日、いつものように視診をしに行くと患者さんのちんこがギンギンにそびえ立っていました。「先生いつも俺のちんこ美味しそうな顔して見てたやろ。明日で退院だから俺の本気を見せたる。」と隠し持っていたバイアグラで勃起したちんこを見せつけてきました。シリコンボールが入っていて凸凹になった巨根を目の当たりにしたあたしは、相手が80歳の爺さんという事も忘れ気づくと爺さんの凸凹ちんこにむしゃぶりついていました。口の中でさらに大きくなるちんこ。こんな凸凹なのが実際中に入ったらいったいどうなってしまうんだろう。よからぬ妄想をしていると部屋の外で人の気配が。あたしは我に返って逃げるように病室を後にしました。

そのまま次の日何事も無かったかのように爺さんは退院していきました。「先生世話になったな。またな。」あたしの頭の中は昨日しゃぶったちんこの事で頭がいっぱいでした。
研修医室に帰って帰宅の準備をしてると白衣の中からくしゃくしゃのメモがでてきました。メモには「俺の電話番号。仕事につかれてヒィヒィ言いたくなったらいつでも連絡まってるで」と爺さんの電話番号と住所が。
さすがにこれ以上患者に手を出すなんて、とメモを捨てることも考えましたが昨日しゃぶった凸凹ちんこの事が忘れられず、メモはそのまま持って帰ってしまいました。

爺さんのちんこをフェラしたことは墓場まで持って行こうと心に決め、メモの連絡先に連絡することも無く数ヶ月が過ぎました。その頃はもう泌尿器科のローテーションは終わっており救急外来で朝から晩までの激務をこなす日々でした。心身ともに疲弊したあたしは仕事後に飲み屋街に繰り出しお酒でストレスを発散する事を日課にしていました。

ある日立ち飲み居酒屋にふらっと立ち寄ると偶然あの爺さんが。「先生久しぶりやな、なんで連絡くれんのや笑」と話しかけてきてあたしの隣で飲み始めました。「退院してからすっかり体調もよくてな、新しくボール3個追加したわ、ガハハ」と相変わらずな爺さん。そのまま1.2時間飲み続けそろそろ帰ろうとしたとき爺さんに呼び止められました。「先生、今日もずっと俺のちんこ見とったな。もう病人でもないし、直接見てみるか?」と。ベロベロに酔っ払ってたあたしは誘惑に負け頷いてしまいました。そのまま居酒屋を後にしてそのまま爺さんの家に。家についた瞬間爺さんはズボンを下ろすと入院中に見たものとは比べ物にならないほど凸凹になって勃起したちんこが目の前にありました。あたしは我を忘れ気づくとまたむしゃぶりついていました。あまりの大きさに顎が外れそうになってると爺さんが「もう我慢出来ん」とあたしのスカートを捲りあげ下着を引き下げてきました。ただ舐めてるだけなのにあたしのあそこはもうトロトロになっていました。

「先生変態やな。おれのチンコほしいんやろ」と爺さん。あたしは反射的に「欲しいです」と返事をしてしまいました。すると勢いよく後ろからチンコを突き刺されました。あまりの大きさと気持ちよさに一瞬意識が持ってかれそうになっていると、爺さんが腰を動かし始めます。するとちんこの中のシリコンボールがあたしの中を絶妙に掻き混ぜてあっという間にあたしはイキ果ててしまいました。それでも爺さんは動きをやめてくれません。「イってるから少し休憩させて」と懇願しても爺さんはとまりません。「こんな美人な女医さんとsexできるチャンスなんて今後ないやろし、明日の朝までオールナイトや!」あたしはもう体中の力が入らなくなり抵抗することすらできません。「出すぞ!」爺さんが叫ぶとあたしの中に80歳の爺さんとは思えないほど濃い精子が注ぎ込まれました。それでも爺さんは止まりません。

爺さんの精子とあたしの愛液が混ざった音が部屋中に響きます。気持ちよすぎて意識が朦朧としたまま一晩中Hを続け、気づくと本当に朝になっていました。「先生めっちゃヒィヒィ言っとったな。いい雌の顔しとる。」カシャ。カメラの音がしました。爺さんの精液にまみれ、クタクタになったあたしを写真に撮られました。「先生、患者に手を出す女医は問題にらなるやろうなー」ニヤァと意地悪な笑みを浮かべる爺さんの姿が。部屋の扉の鍵を閉め、あたしの目の前にあの凸凹なチンコを突き出し支配者のような表情を浮かべます。あたしは無意識に股を開いてしまうのでした。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次