エッチ体験談が10000話を突破しました。

王様ゲームがきっかけてエロに目覚めた女子がおっぱい触らせてくれるようになった

厨房ん時の話。しょせん厨房だから暇人だけよんでおくれ。

男4人、女4人で、男のツレの家で集まった時の話。
王様ゲームやろうって事になった。
最初は好きな人を言うとか、そんな軽いやつだったと思う。

んで割と速い段階でほっぺにキスの命令。
そのとき俺がされる側で、当時俺の事好きだった(告白された)女がする側。

顔真っ赤にしながらキスしてきた。
このとき童貞だった俺のムスコは既にフル勃起。
んで次は男が男にキスしてた。皆で爆笑。

そしたら次は胸を揉むって命令。
ちなみに厨房のくせに女は皆巨乳だった。

俺にDカップの女の胸を揉む命令。童貞の俺ははずかしくて、
指先で凄ーくソフトタッチに揉んだ。

そこからエスカレート。
もちろん男が男の胸を揉むのもあったが、
一通り女全員のオッパイをもみ終わると、
次はブラジャーの下から生でおっぱいを揉む命令。

童貞だった俺は初めてのやわらかいぷるぷるのおっぱいの感触に感動した。

王様ゲーム自体はそこで終了したが、
次の日から学校でおっぱい天国が始まった。

女「最初は恥ずかしかったけど、なんか胸揉まれんの慣れちゃった。」との事。
「胸もまして」と一言言えば了解してくれるようになった。

掃除の時間に職員室の給湯室でもみもみ。
放課後にだれもいない教室でもみもみ。
放課後の暗い野外で暗闇にまぎれてもみもみ。

一番興奮したのが、冬の寒い時期の誰もいない教室で
「生でさわらしてよ」って言って、
ブラジャーの下から温かいオッパイを揉んだとき。

俺の手が冷たくて、ビクンってなってた。
乳首に冷たい指先があたって乳首が固くなって行くのがわかった。

あとは放課後の夜の帰り道。
「今日は左手で揉んでないなー」と言って
暗闇にまぎれ歩きながらもませてもらった。

そしたら一緒に帰ってた俺の事好きだった女が嫉妬したのか、
「◯◯、あたしのも触って良いよ」って顔赤らめて言ってきた。

無言で服の下に手を入れて思う存分揉みしだいた。
ブラジャーが少し小さくて、おっぱいが少しはみ出てるのがかわいくて気持ちよかった。

そうやって俺は寒空の下、
ホカホカでぷるぷるのオッパイの感触を家に持ち帰っては毎日シコってた。

10+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!