エッチ体験談 13,000話 突破!!

母親の知り合いの巨乳のおばさんに筆下ろしし性に溺れた

コウジさんから投稿頂いた「母親の知り合いの巨乳のおばさんに筆下ろしし性に溺れた」。

地域でやっていたコミュニティの同好会に参加しました。
中学時代にバトミントンをやっていてその同好会に参加して。
初めて行くと「こうちゃん?」と声を掛けてくれたのが智恵子さんという母親の知り合いでした。

小柄でショートカットで「こうちゃんみないうちに背が高くなったのね?」と。
よくお茶飲みとかに来たりしていたんですが、居ない時間だったので最近は会っておらず中学以来でした。

男女20人くらいが参加してて水曜日の夜7時から9時まで。
智恵子さんと練習をしたある時にジャージを脱いでTシャツ姿になった智恵子さんの胸元は大きく膨らみがあり凄い巨乳で…
打つ度に揺れる巨乳にドキドキしてしまった。
そんな中でも「こうちゃん?今日も」とちょくちょく練習して
智恵子さんも高校時代にしていたらしく上手くて時々試合したりして勝ってましたが。
「高校生に弄ばれたわ」とか周りの主婦の方に話すと「いいなぁ智恵子ちゃん?あたしも若い子に弄ばれたいわぁ」なんて(笑)

そんな和気あいあいにしていてある日時間が夜7時から八時半に短縮に
聞いたら借りる時間が9時までになったとか。
そんな時に智恵子さんが「ねぇこうちゃん、これ終わったら時間ある?」と言われて頷くと
「終わったら○○公園に居て、私もすぐに行くから」と。

なんだろうと同好会終わりに、その公園に(体育館から歩いても2分位の公園)
そこに居ると5分程で智恵子さんの車が。
「乗って」と言われ車内で。
「なんで時間が短くなったのか知りたくない?」と言われ知りたい旨を話すといきなりギュッと手を握られドキッ
「絶対に話さないって約束する?」と言われ頷くと
「高田さん(地域のコミュニティセンターの人)と斎藤さん(同好会に来ている30代の看護師の人妻)さんが出来てるからなの?」
「え?」
高田さんというのは地域のコミュニティセンターの人で毎回来ていて50歳くらい?の人でした。
斎藤さんは背も高く細身で髪が長い美人さんで市内の私立病院で働いているバトミントン経験者。

「嘘でしょ?」
「嘘じゃないよ。確認したいけど一人で行くのが怖いから…こうちゃんにも付き合わせたの?」
「確認て何を?」
そう話すと智恵子さんが耳元で「今から学校行こう?それでわかるから」息や顔が近づきドキッとした。
車から降りて歩いて学校に。

すると一台の軽自動車が体育館の駐車場に斎藤さんのが。
「体育館は真っ暗ね?」智恵子さんは体育館で何かがあると思っていたような感じ。
「居ないね?」
期待はずれになり歩いて近道で体育館の横を通り道に出ようと裏手に行くと…
そこには一台のシルバーのセダンが止まっていた。

「高田さんのよ!」智恵子さんは俺の腕を取り角にしゃがみこんだ。
ちょうど体育館の入り口と反対側
建物の角に身を潜めてしゃがむと「ンッ…アッ!アッ!」と女性の声がした。
智恵子さんとしゃがみ耳を澄ませたら
「アッ!高田さん」と女性の声が
それが誰かはわかっていた。
そして「アアン!」と声がすると車がギシギシ揺れて居て
「アアン!凄い!アッ!」
斎藤さんの卑猥な声が
ぎしっぎしっと車が揺れて斎藤さんの声が大きくなり
「アアン!高田さん」
中で何が…考えるまでもない
そして車が揺れが小刻みになり斎藤さんの声も小刻みに
そして「真由美(斎藤さんの名前)!」と高田さんの声がすると「アッ!あアアン!」と甲高い声が漏れた直後に揺れが止まり静かに

すると智恵子さんは「行こう」とその場から離れて公園に
興奮してドキドキしてしながら戻り車の中に
「凄かったね」智恵子さんも上ずり興奮していてお互いに。
「前から怪しかったからだけどまさかね」智恵子さんも想定していなかったみたいで。
数分して車が公園の横を走り去り高田さんの車でした。
「凄いもの見ちゃったよね?」智恵子さん
「刺激が強かったねぇ」と笑い智恵子さんが手を握ってきて「ドキドキしたでしょ?」と
手を繋ぐと「私もしたくなっちゃった…」と手をいきなり胸に押し当てて「40過ぎたおばさんとじゃいやかな?」と
「いや…そんな…」ムニュっとしたおっぱいの柔らかさに興奮し「こうちゃんあたしのおっぱい見てたから触って」とTシャツ姿になると胸を突き出すようにして更に強調されておっきくて柔らかいおっぱいを触ると「もっと強く触って」と
指が食い込む位に触っていたら「ちょっと待って」とTシャツを脱ぎブラを外すとちょっと下向きのおっぱいが
「こうちゃん舐めて?」
俺は我慢出来ずに目の前のおっぱいにしゃぶりつきました。
「アンッ…こうちゃん上手よ…アッ…」頭を撫で回されながら吸い付いて。
乳首が凄い大きくて吸い付き舐め回してたらいきなり股間を触られ
「ウフフ…こうちゃんのおちんちん元気だね~」と撫でるように撫で回され顔を掴まれ見上げたらブチュッっとキスをされて。
抱き合って吸い付くと「こうちゃんて経験あるの?」と聞かれ「ないです」と話すと「あたしが初めてでもいい?」と聞かれ頷くと「嬉しい!」とキスをされ
「一回外に出て」と言われ車の外に出て「いいよ」と言われドアを開けると裸の智恵子さんが助手席のシートを倒し裸で寝ていて
「上になって」と車内で上に
するとTシャツを脱がされ「こうちゃんも脱いで」とズボンとトランクスを脱ぎ裸になると「凄~いビンビンだね?」と智恵子さんが触ってきて
ビクッとすると「まだだめ」と言われて抱きつかれて
「いれてみる?」と。
暗くて見えないんですが智恵子さんが手を添えて「そのまま真っ直ぐに」とだけど滑るようにうまく入らず焦ってたら腰を掴まれグイッと引き込まれて
「アンッ!」と智恵子さんが声をあげるとぬるぬるした生暖かいものに包まれ気持ち良くて興奮すると
「こうちゃんおっきいよ?」と智恵子さんが腰を引きに引き込まれてを繰り返すとこすれて気持ちいい
「アッ!アッ!」と智恵子さんの甲高い声が
そして数回繰り返してるとイキそうになり
「ウフフ…こうちゃん我慢しなくていいよ」と掴んだ腰を激しく動かされた瞬間
快感が体を駆け巡りぬるぬるした生暖かな場所で「うっ!」気持ち良くて声をあげると
「アッ!こうちゃん凄いよ?」と智恵子さんにギュッと抱きつかれ
「ンッ!いっぱい」と智恵子さんは抱きしめてくれて
「気持ちよかった?」と聞かれ「気持ちよかった…だけど中に」
「こうちゃんが気にすること無いからね?」と顔を撫でられキスをされて
「嬉しい…こうちゃんが興奮してるのを見ると嬉しくなる」と智恵子さんは笑顔で
「またエッチしよ?」と言われ頷き起き上がり着替えました。
「おっぱい凄い」と触ると「こうちゃんおっぱい巣きなんだね?」と言われ「あたし見る時も必ずチラッて見てたよね?」とバレバレだったみたい。
「お母さんには絶対内緒だからね?」と言われ「ね?携帯の連絡先教えて?」と言われ連絡先を交換しました。
そして翌週も智恵子さんと夜に公園で待ち合わせ
カーセックスをしました。
緊張していた最初よりは長持ちして一人で動かしてイキました。
「アアン!アアン!」と声をあげる智恵子さんが色っぽくて興奮した。
そんな事を繰り返し、テスト期間中は午前中で学校が終わり、昼に智恵子さんと待ち合わせをしてラブホにも。
悦ばせ方を教えられ正常位で、騎乗位で、バックや向かい合う体位でしました。
「凄いね…うちの旦那よりずっと大きいし硬い」と智恵子さんはフェラもしてくれた。
夏休みも待ち合わせをしてラブホに数回通い、レクリエーションの後にも。
セックスバカになり機会があればしてました。
三年になっても続き、高校を卒業してからも三年はしていた。

社会人になりしばらくしていたら、急に連絡がとれなくなり聞いたら離婚して遠い地元に帰ったとかで。

その後は、巨乳の年上の熟女さんとするように。
最初に働いた会社では掃除に来ていた48歳の女性や良預けていたクリーニング屋さんの店員さんと等と

コメントを残す