エッチ体験談 13,000話 突破!!

中高で2人とエッチ

まことさんから投稿頂いた「中高で2人とエッチ」。

この3年間で2人とエッチしたが、、、

C3の時、同じクラブで2コ下のAちゃんと付き合っていた
キスまででたまに制服の下に手を入れて胸を触ると少し嫌がり、スカートの中に手を入れると

「処女だから、将来、結婚してくれますか」と堅い
オレも童貞だから女のカラダに飢えていたので、毎日のようにデートの最後はいちゃついた
ただ、私立なのでお互いの家は反対方向に離れ、学校でしか会えずに関係はなかなか進まず、半年以上たったクリスマスの少し前に彼女の家に行き、初めてなま乳を揉みパンツの中に手を入れワレメに触る
「だめ、ホントだめ、赤ちゃんできちゃう」と逃げ回り、
「じゃあ、入れないから、、、でも、、、」
と、成り行きで手コキしてもらい発射して終了
それ以来、放課後に屋上に隠れて胸を揉み、たまには手コキで出してもらう

そんな関係も、オレがK校に進学すると疎遠になり、たまに会えばエッチを求め半ば無理やり指入れまでしていた
だからかAちゃんはデートで二人きりにならないようにしてたし、家に行くのを嫌がった

そんな時、自由研究の宿題でペアになったクラスのBちゃんとマックに入っていたら、Aちゃんに目撃され電話で問い詰められる
会って話そうと休日に公園で会い、ちゃんと恋人にならないなら別れてBと付き合うかもと言うと、
「恋人ってなに、エッチすればいいの??」
と言ってきたからチャンスと思い
「まあ、そうだな、まだエッチしてないもんな」
と意地悪く言うと
「ちょっと考えさせて」
とその日は別れた

しばらくは気になったが、自由研究もしなければならず、時々マックで一緒なのを目撃される
しばらくしてAちゃんからの電話で会い、
「必ずゴム買ってきて下さい」
とエッチに承諾、それと安全日の日付を指定された
翌日Bちゃんに何かヘンと態度に出てたみたい

指定日にAちゃん家に行くと二人きり
すぐにキスしてベッドに押し倒し、服脱がしてAちゃんのカラダを堪能する
初めてみるオマンコ、毛が結構生えててよく見えないが、ワレメを指で触ってるとベトベトになってきて、Aちゃんも息が荒い
オレも服を脱ぐと
「ちゃんとゴムしてく下さい」
と念を押され、ゴム着けてるとこを注目される

二人とも初めて
正常位で抱き合うが、上手く入らない
オレが膝立ちになって、チンポを持ってオマンコにあてがい押し付ける
Aちゃんの顔がゆがみ、さらに押し付けると
「いや、、、痛い、ムリ、やめよう」
と逃げる
「最初は誰でも痛いんだから、諦めろよ」
と足を引っ張り、さらに押し付ける
「処女あげるんだから、絶対、結婚してくれるよね」
と重いことをいう
それでもなんとか先端が入ったので、一気にと思い抱きつく
ニュルッとした感覚と同時にAちゃんの
「いたーい、痛い痛い、早く抜いて」
と叫ぶのでキスで口をふさぐ
多分数秒で発射、そのままじっと抱き合う

「いたいよー、早く抜いてよ」
と言うので立ち上がると、ゴムに血が付いてて精子が溜まり
「あーあ、処女じゃなくなったんだ、責任とってね」
と彼女感満載、うーん
でも、いっぺんに機嫌が良くなり、ちゃんとしたデートがしたいという
まあ、それまで学校帰りに買い食いしたりする程度で、遊園地デートとかしてないし。。。
で、翌週末に約束する

女の感は鋭いと言うか、Bちゃんに問い詰められ
「中学の時に付きあってた子に二人でいるのを見られて問い詰められた」
とごまかすが、見られたのに気が付いていて
「ふーん、で、今はどう思ってるの」
と問い詰められ、中学卒業で別れたとウソ
「じゃあ、私とデートしようか」
と意外な展開に

それから学校でもよく話し自由研究終わったのにマック行って、数日後には道でキス
翌日、学校の帰り道にBちゃんの家に寄り、エッチ寸前まで行くが
「ゴム持ってないじゃん、今日はヤバい日だから」
と手コキで出される
翌週、ゴム買って行きエッチ
すんなり入り、喘いでいたので経験豊富ぽい
それから週2くらいでエッチ
女の甘い匂いとめちゃ気持ちよくてのめり込む

一方、Aちゃんとも週末にデート
ただし、ホテルはムリだしお互いの家も二人きりになれずエッチはなし
ある日、公園で人がいない時にキスしながら
「エッチしたいよ、ダメ??」
と広い個室トイレに引き込み、バックで入れようとするが、痛がって入らず
手コキじゃなくフェラさせようとするが嫌がる
便器に座りゴムして対面座位で何とか入れて出す

そんな感じで二股
Aちゃんは、処女を上げたんだから責任とって
Bちゃんは、恋人というよりセフレなのか、デートよりもエッチに重点、ココ気持ちいいと体位や動かし方の要求が強い

ただ、そんな関係が長続きする訳がなく、夏休みのある日にBちゃんの家でエッチしてる最中にAちゃんから電話、なんとつけてきて家の前にいた
当然、修羅場になると覚悟してたが、あっさりとしたもの
二人とも別れるという

あれから2年、Aちゃんも同じK校、Bちゃんとも友達でよく図書館で受験勉強する
たまに学校帰りに手を繋ぐと、恋人繋ぎに変え
「溜まってるなら出してあげるけど、入れるのはダメだよ」と笑う

女ってよーわからん

コメントを残す