エッチ体験談 13,000話 突破!!

初めて逝くことを教えてくれた前彼とのセックスが忘れられない

強がり女さんから投稿頂いた「初めて逝くことを教えてくれた前彼とのセックスが忘れられない」。

前彼は、それまでの元彼の中で1番気持ち良いセックスをしてくれた。
私の名前を呼びながら、ゆっくりとしたストロークで奥まで突かれると、身体が浮いて、頭の中が真っ白になるほどの快感だった。
初めて「逝く」という感覚を知った。

色んな体位をする人で、私の身体の開発も熱心で、前彼自身も性欲も精力もあって、連続してこなせる人だった。
安全日に、抜かずの三発で気絶させられたこともあった。
フェラテクとか、変わった体位とか、教え込まれて実践して、上手だと褒められて、女として自信もついた。
安全日じゃない日は、私のお腹に射精するんだけど、射精したあとに私のお腹をティシュで拭いてくれる時の、ちょっと猫背気味の背中が好きだった。
前彼、私の裸やアソコを見て興奮してるのが嬉しかった。

大好きだし、また前彼としたい。
頭なでられて名前呼ばれたい。
あの愛しそうな目で、裸やアソコを見られたい。
好きだったのに、優しくできなくて前彼を苦しめた私。
前彼を大切にできなかった私。
「さよなら・・・」
と別れを告げられて、遠ざかってゆくあの猫背を見送った私。
強がって、素直に「いかないで」って言えなかった私・・・

元彼のアパートのそばまで用事で行ったとき、勇気を出して訪ねてみたけど、違う人が住んでた。
まだ別れて2年なのに・・・
今、どうしてるんだろう?
まだ私は忘れられないや。
会いたいよ・・・

4 COMMENTS

コメントを残す