エッチ体験談 12,000話 突破!!

最高に簡単なミッション

夏樹さんから投稿頂いた「最高に簡単なミッション」。

これは俺が高校の時の話だ
俺は村の中にある高校に通ってて、来年度から大学入試に挑む年齢になった
親とも話し合ったけど、村には1日に2本のバスのみで通ってもらえるような家庭教師なんていない

どうしようか
ところが家庭教師は見つかった
数ヵ月前まで塾の講師をしていた明美さんって人が泊まりで家庭教師を引き受けてくれた
女性家庭教師と一つ屋根の下って訳でなく、離れに彼女の部屋を設えてそこに寝泊まりしてもらうという事だ
彼女の仕事振りはとてもわかりやすく、学力の向上も肌で感じることができた

その日、いつものように勉強を教わり、ちょっと休憩しようか?となった時だ
少しは勉強が身に付いたのかな?と明美さんが尋ねてきた
そうですね、結構試験でも結果残せそうです
へー、自信ありそうだねー
明美先生は教え方上手いですから

おっ、おべっか使っちゃって。じゃあ、次の試験でさー、学年50位以内に入ったらご褒美あげちゃう
えっ!?マジっすか!?どんなご褒美なんですか?
そうだねー、私にできることなら何でもいいよー。例えば全国の男子高校生がぜひやりたいってことでもいいよ
えっ!?それって
あっ、ただしそれの場合、ちゃんとアレを着けること。ゴム製のアレ

マジっすかーマジっすかー約束ですよ!
と、とてもエロいご褒美の約束を取り付けられました
俺は内心、歓喜の叫びを上げながら躍り狂いたい衝動に駆られた
明美さんは俺の高校のこと知らなかったんだ!
俺は親が隠し持ってるコンドームをこっそり拝借して準備した

そして中間試験が行われ、俺の試験の結果は学年11位
俺は喜び勇んで明美さんに報告した
へー、すごいじゃない、頑張ったみたいね。ご褒美はやっぱりエッチいアレかな?
はい!コンドームも用意しました!
と箱ごと見せた
そっか、じゃシャワー浴びてくるね
と明美先生が浴室へと消えた

実は俺の高校、廃校寸前で32人しかいないんだよね
お待たせ~
明美先生がバスタオルを体に巻いてあらわれた
俺は既にフル勃起のチンポにコンドームを装着させて全裸待機していた
ぷっ!気が早すぎ~
と、明美先生が吹き出した
そのままベットに腰掛ける明美さん

俺は先生を押し倒してバスタオルを剥ぎ取った
形良くて大きなオッパイが目を引いた
ちょっとぉ、恥ずかしいよ
オッパイもいいけど、やっぱりおまんこだよなぁ、明美先生の足を広げ股間に顔を埋めてベロベロ舐めまくった
やっ、あっ、ちょっと加減してぇ

目一杯明美先生のおまんこを広げじっーぃっと凝視
ちょっと!マジ恥ずいから!
先生が
泣きそうな顔をしてるので早速挿入した。俺はSじゃないので、そんな顔されていじめる趣味はない
童貞だったけど俺は頑張ってピストン
めでたく1回目終了

すぐにコンドームを取り替え、赤くなって横を向いたままの明美先生を再度抱いた
俺の限界は3回だった、明美先生を1回イカすこともできた
後で高校の人数が50人に満たないのは明美先生にバレて拳骨もいただきました

コメントを残す