露出プレーを思い出しオナニーしちゃった

PR

その日は車で来れるという彼。
露出プレーしよう!と言う事になり、ブラジャーもパンツもいらない!
前が開けられる服でおいで。と言われ
私は言われた通り、ブラジャーもパンツもカバンにしまい込み、前が開けられる
白いシャツを着て、待ち合わせの駅に向った。

待っている間、下着をつけてない私は、気恥しさと緊張で興奮したのかズボンの中が濡れているのを感じてしまった。

しばらくすると、彼の車が到着。
「おはよう」って車に乗り込んだ。

乗ってすぐに彼が「何、上着きてるの?」って言うから、「今、脱ぐね」って上着を脱ぎ
白シャツになって、ボタンを全部外した。

横から見ると、おっぱいがむき出しに、すでに、私は緊張から心臓がドキドキ、音をたてているのを感じていた。

運転席から彼の手が伸びてきて指先を使って、優しく乳首を弄ってる。
私は緊張していながら
彼の優しい指使いに「アッ、、アッ、、ハァー」と足に力が入り、気持ちよくて感じてしまった。「もっと、見えるようにしなきゃ」と彼がシャツを全開に、肩まで見えるように開き私の胸が露になった。
その胸を乳首を彼はずっと弄っている。
反対車線には車が信号待ちでは、道路工事のおじさんが、
彼が「おじさん見るかな?見てるよ」
「前のバイクの人、ミラーでみないかな?」
なんていう度に私は自分身体が熱くなっていくのを感じていた。
「反対車線、渋滞してるよ、あー信号で停まっちゃうよ、隣の車の人みないかな?」なんていう度、私の息遣いは荒くなり「ウ~ン、、アッー、、アッ、、ハァ~」って声が大きくなっちゃう。

信号待ちの時、隣に大型のトラックが停まった。
彼が「隣の運転手見てる?」

私は「私から見えない」

と彼がのぞいて見ると、
「トラックの運ちゃん見てるよー」って、窓を開けようとしたから思わず「寒いよー」と言ってしまった。

反対車線は渋滞、車が続いてる。
「皆が見てるよ」その言葉に
興奮して濡れている私がいた。

それでも、彼の手は私のおっぱいにあってずっと揉み続けている。

気持ちとは裏腹に興奮して感じて…
その身体は気持ちとは真逆で
熱くなり、全身がじんわり汗ばんでいるのを感じていた。

彼が「興奮してるの、身体が熱いよ」

私「熱いよ、顔から火が出そうだよ」

どれくらい露出してたんだろう顔も身体も異常に熱くなっていた。

そんな露出体験をお風呂で
思い出していたら
また、身体が熱くなり、火照ってきて手が下半身に伸びていた。

露出を興奮を思い出しながら
指を激しく動かし、「ウ~ン、、アー、、イク」
ってオナニーしちゃった。

あおいさんからの投稿

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1197記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。