初めての彼女は年上で訳あり…身代わりセックス?

PR

20歳の時初めて彼女が出来た。乳首は小さいけど年上。なつこさんっていうとってもエロ優しい人で、25歳だった。

俺の通ってた専学に出入りしてる関係の人で、俺のひと目ぼれに近かった。でも同い年くらいにも見えた彼女が、実は5歳も上だと知って正直ちょっと引いた。引いたというか、諦めかけたというか、でもなぜか俺のことを気に入ってくれたらしい。

少し話せる仲になったと思った頃、なつこさんの方からお食事に誘われ(ry>>Skip>>俺は童貞だったので、なつこさんがリードしてくれた。1人暮らしの割には広くて立派な、なつこさんの部屋は、いい匂いがする。なつこさんは「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と、何が大丈夫なのかよくわからない。

俺にも、自分にも言い聞かせてるような感じだった。とにかくなつこさんは、乳首は小さいけど死ぬほど優しかった。性欲は人三倍あるのに俺は、実戦経験も、ウラ映像鑑賞経験もナシ。

初めての現場に感激して、裸のなつこさんを前にはしゃぎまわった。ちゃんと毛が生えてる!とか、女ってほんとに濡れるんだ!とか。おまんこ触ったり、お尻の穴くすぐってみたり、おっぱい舐めたり小さい乳首吸ったり。

これがクリか!小陰唇か!とか、あわびの語源か!とか、語源じゃねーよ!とか。色々やってる俺を、なつこさんは呆れながらも、笑って見守ってくれてた。照れ笑いすると顔がくしゃってなって、目が細くなるなつこさんかわいい。

への字口から歯が少し見える表情がとってもかわいい。そんな顔でも、漏れる息は、はふぅんふうぅってなってて、それにも興奮した。恥ずかしいはずなのに、やわらかい表情で、興奮状態の俺に対応してくれた。

大人の余裕ってすげーって思った。乳首は小さくても経験豊富なのかなと思って、聞かなきゃいいのに聞いてみた。そしたら「はる君(俺)で2人目だよ」となつこさん。

俺の前は元彼とだけか…そのぶん回数は、何百回もしたんだろうな…。でも元彼のことまでは聞く気になれなかった(Jealousy)。いよいよ入れる!というとき、なつこさんが優しく言った。

「はる君の初体験だから、ずっと覚えとくよ。はる君も覚えててね」胸がきゅうーんんってなった。最初だけ、ゴムなしで入れて、と言われた。

と言ってもほんとに入れるだけで、入れたらすぐ抜いてってことなんだけど。最初だけは、何もなしでつながりたい、それを実感して覚えといて欲しいと言われた。正常位で入れた。

半開きだったお肉がぐにゅーっと広がって、奥まで入った。意外とスムーズに入るんだなって思った。なーんて冷静に考えたのは一瞬だけで、熱さにびっくり。

もちろんアチチー!なわけじゃないんだけど、こんなにあったかいんだな!と。じっとしてると、なんかまんこがもぞもぞ動いてるような気がする。なつこさんの鼓動かも知れないと思った。

ふと、なつこさんの顔を見たら、なぜか涙目になっててびっくりした。「なつこさん痛いのっ?」「ううん、久しぶりだから、うれしくなった」

Hがうれしくて泣くなんて、ほんとにすけべな人なんだなーってその時は思ってた。普段てきぱきしてるぶん、Hなとこや弱いとこを見せてくれるのは、俺もうれしかった。でも、なつこさんが段々本格的に泣き顔になって、涙がこぼれたので、俺も不安に。

もう抜いたほうがいいのかな…どうしたらいいかわからなくて、じっとしてると、「はるちゃあん…」と切な顔のなつこさん。ちゃん付けで突然呼ばれて、ちんこがドキドキした。そして、「なつこって言って、好きって言って」真っ赤な顔のなつこさんにちんこと心臓をバクバクさせながら、「なつこ、好き!」

初めてなつこさんを呼び捨てにした。その途端、なつこさんの涙顔がくしゃってなった。「私も好きいい…」言葉と同時にまんこがぎゅっぎゅーって締め付けてきた!さらに、なつこさんの汁があふれて来たのが、ぞわーって感覚でわかった。

俺全然ずぽずぽしてないのに出そう!これやばいよー!って思って、抜くことにした。入れたときより、抜くときの方が抵抗あるように感じた。ちんこになつこさんのビラビラのお肉が、にゅろーんってまとわりついてくる。

そして段差が入口に引っ掛かってるような、そんな感覚をふり切って、抜いた。しずくが跳ねながらちゅぽん、よんよよよんってちんこが暴れて手で押さえた。あっ!そのときに出ちゃった!びゅびゅーっと。「あっあ、あー!なつこさんごめん…」

と謝ってるあいだにも、精子がどぷんどぷんと、なつこさんの体にかかった。濃いいのがおへそと小さい乳首辺りに落ちた後も、うすいのが何回も飛び続けた。ぴゅっぴゅ、ぽたぽた、を何回も繰り返してやっと止まった。

2人とも放心状態。顔にも飛んでたけど、なつこさん気付いてないみたいだし、ちょっとだから黙っとく。「ああ…あは、はる君、危なかったー。でもよかったね、ちゃんとセックスできたね!」

こんな情けなくても、なつこさん褒めてくれた。何でこんなに優しいの、俺もう大好き、やばい。乳首は小さいけど。でも、ニコニコ笑ってくれたけど、呼び方が『はる君』に戻ってた。

なので俺もなつこさんて呼ぶようにしたけど、なつこでいいよとは言ってくれなかった。興奮しすぎて覚えてないのかな?と思った。はるちゃん、と呼んでくれたのは、後にも先にもあれ一回きりだった。

仕切り直しで、ゴムつけてもう一回した。そしてもう一回、もう一回、を何回も繰り返した。なつこさんは最初から最後まで優しかった。

「気持ちいいように好きに動けばいいんだよ」「私ので気持ちよくなってくれたら嬉しいんだよ」それに甘えて、小柄な細い腰を、つかんでゆさゆさ揺さぶりながら何回も出した。

今思えば、大きなオナホを使ってるみたいな、自分勝手なもんだった。俺がいく時、いくって言うと、毎回決まって「私もいく!いく!」と言ってくれた。ほんとにイってるかどうかに関わらず、俺のために言ってるのはわかった。

ほんとに感じてるのか演技なのかはわからないし、考えてもしょうがないので。なつこさんの反応をただ信じることにして、俺は素直に自分勝手に楽しんだ。ここまで、初体験の様子でした。

その後も、会うたびに何回もした。乳首は小さいけど、いろんな体位もやらせてくれた。結局正常位と騎乗位以外は、俺がめんどくさくなったので、あまりやらなくなったけど。

AVみたいにしてみたくて、口に出しても顔にかけても、全部許してくれた。許すどころか褒めてくれたり、気づかってくれたりする。「すごい、いっぱい出たよね」

「今日も気持ちよかったよ、はる君のちんちん何回もがんばったよね」「いつも私にいっぱい出してくれてありがと」そんなことをハアハアと息切らしながら涙目で、幸せそうな笑顔で言ってくれた。

寝てるなつこさんにいたずらしても、目を覚ますとニコニコ笑って相手してくれた。乳首は小さいけど天使みたいな人だ。彼女からしたら俺は、年下の、しかも5歳も若い彼氏。

会うといつでもどこでも勃起している俺に、呆れたり、とまどったりもしてた。でも俺のことを弟か何かみたいにかわいがってくれて、性欲を吐き出させてくれた。俺の就職が決まった時、なつこさんは自分のことみたいに喜んでくれた。

相変わらず乳首は小さかった。そして俺は、彼女のアパートがある地区に引っ越したので、半同棲も可能に!俺はもうウキウキボッキングだった。「毎日何回も出来るね!」と言ったら「うーん、さすがに毎日とかはアレだよー」と彼女の表情がちょっとだけ曇った。

ちょっと温度差があるのがわかって、俺は不機嫌になった。H三昧の性活を躊躇してるなつこさん。若くて性欲バカだった俺はふてくされてしまって、「じゃあもういい!俺からは誘わない!なつこさんがしたくなった時だけ言って」

意地になって喧嘩みたいになってしまって、気まずいままご近所生活が始まった。なつこさんは怒ってるわけじゃなくて、俺が子供みたいに拗ねてるだけだった。自分からしようとは意地でも言うまいと思った。

そして俺は当てつけみたいに、なつこさんの部屋でオナニーした。留守中とか、彼女がいてもこっそり目を盗んでオナニーした。勝手に精子とそのニオイを撒き散らしていたことに、彼女はすぐ気付いてたはず。

でも何も言ってこなかった。年上だし俺より経験あって、H大好きな人、と当然思ってたんだけど。なつこさんからHを誘ってくることはなかった。

考えたらそもそも最初から、はっきりと彼女から誘ってきたことは一度もなかった。とは言え今までの彼女のエロさは何だったんだ!と思い返すと、彼女はただ、俺のしたいようにさせてくれてただけだったんだなー。ほとんど受け身だったし。

思えばなつこさんは、何だかんだ言ってもいつも、ものすごく恥ずかしがってた。恥ずかしさを乗り越えて、俺のためにHな女になってくれていたんだ、と感じた。だから、俺が求めない限りは、自分からエロい面は見せようとしないんだな、と。

そして、今までのがオナニーだったって気付いた。なつこさんの部屋で自分勝手にオナニーするようになったけど、それと一緒だなと。それまでのHも、そうだったんだなー。

なつこさんの部屋で彼女の体で、オナニーしていただけなんだって思った。自分は今まで勝手過ぎたのかなあ、とか思った。なつこさんの優しさとか芯の強さとか、乳首の小ささとか、今さら気付き始めた。

なのになかなか素直に謝ることができない。毎日毎日バカみたいに彼女の部屋でオナニーしていた。(あほだ。でもこれのおかげで、浮気を疑われることだけはなかったみたい)それにしても、なつこさんはHしなくても平気なのかな。

俺のためでもあろうとはいえ毎回、エロい声で喜んでくれてた(ように見える)のに。俺はオナニーしてるからまだいいけど、なつこさんがオナニーしてる様子はないし。まだちょっと意地になってた俺は、彼女の方から「したい」って言わせてみたくなった。

でもそれまで俺は、ただの自分本位だったから、どうしたらいいか分からない。女の人を積極的にさせるにはどうアプローチすればいいのか知らない。隠れオナニーにも、なつこさんのリアクションはなかったわけだし。

なつこさんの部屋で全裸で過ごす、というのをやってみようと思った。あほだー。お風呂を借りたあと、隠すことなく勃起全開でうろうろしてみた。そうしてる内に、ちんこを見たなつこさんがAV女優みたいにうっとりして、「ああん入れてー」とおねだりしてくる……はずもなく。

なつこさんはただ目を丸くして「どうしたの!着替え濡らしちゃったとか?じゃあ私のパジャマ…、ああ、小さすぎるよね、えっと、えっと」※俺の勃起自体はデフォみたいなものなので、勃起には突っ込みナシだった。Hしたいと俺が言うときでも、突然予告もなくこんな全裸奇行に出たことはなかった。

俺が困ったことになってると思って、ただ心配してくれているなつこさん。その健気な様子に、俺のほうがオロオロしてしまって、涙が出てきた。座り込んでめそめそし始めた俺を見て、彼女は何かを思ったらしく、「コーヒー入れるね」と言ってキッチンに行った。

そしてコーヒーを持って戻って来たとき。なつこさんは全裸だった。言葉をなくした俺になつこさんは「おあいこだね、あはー」と言って笑った。

何で裸になったのか意味がわからない。裸だけど、Hを誘ってきてくれるような雰囲気とか表情じゃない。そんな空気じゃないのは、さすがの俺でも察するしかなかった。

俺と同じ状況になれば、俺を元気づけられるって、思ったのかなー。もともとそういう、ちょっと変にずれたとこがあって(俺もか)、かわいい。なつこさんはとても恥ずかしそうにしてた。でもニコニコして頭をなでてくれた。

俺のそばに座って抱きしめてくれたなつこさんに、俺は「なつこさんはオナニーしないの?」と聞いた。「……。しないよ?」と、ちょっと間を置いてなつこさんは答えた。返事に変な間があったので、ほんとはしてるのかも知れない。

俺とのHなら今からする、だから今はしないよ、という意味で言ったのかも知れない。でもなつこさんがなぜか少し、泣いてるように思えたので、追及するのはやめた。「…変なこと聞いてごめん、俺バカだからエロばっかりでごめん」と初めて謝った。

いいんだよ、と、なつこさんは笑ってくれた。「毎日は無理って言ったのは、はる君が働くようになったから」「もう一人前の大人なんだし、夢だった仕事に就けたんだから、疲れ過ぎちゃだめ」

そう言いながらも「でもHなままでいいんだよ、Hなはる君かわいいよ、好きだよ」と、背中からぎゅーっと力を込めて抱きしめてくれた。小さい乳首がコロコロ背中に当たる。

「俺も好きいいい!」また甘えそうになってしまって、でもこれじゃいけないんだって思った。俺より先に社会人になって何年も経つ大人のなつこさん。

彼女はどんな思いで、こんなエロガキの性欲を受け止めて来たのかな…。そう思うと自分が情けなくなった。「やっぱり、Hする時はなつこさんが決めて」って言ったんだけど、これも甘えだった。

なつこさんがやんわりと説いてくれた。「だーめ、はる君が自分で決めるんだよ。仕事に影響ない範囲で〜とか。ちゃんと考えて決めるんだよ」

「でもなつこさんの都合もあるし!なつこさんも毎日働いてて疲れてるし。不順(余計なひと言)だけど生理もあるし、したくない時もあるでしょ」そしたらなつこさんがニコーッ!と笑って言った。

「ありがと!心配してくれて。でも大丈夫、はる君のしたい時が、私のしたい時だから」ぶわーっと感激したけど、それじゃあ結局毎日ってことだよ。いつでも受け入れるって意味なんだから。

でも、その言葉には別の意味があるんだなー。俺の自制心を育てるために、俺に任せるとも言ってるんだな。それも十分理解した。これじゃ、かえって誘えない…。でもこれが大人になるってことなんだな。

今2人とも全裸でいるからこそ、この状況でも我慢できるところを見せないと!そう思った。今日は帰るね、と勃起したまま立ち上がった。なつこさんは俺の意図を察していて「うん」と頷いた。

でもその顔は何だかとてもさみしそうだった…帰って欲しくはないのかも?涙ぐんでるようにも見えて、でも裸なのもあってすごく色っぽく見えた。…これはやっぱり!我慢できなくなった!でも今したばかりの決意を捨てるわけにもいかない。そこであいだをとって、オナニーしたい!と言ってみた。あほだー。

なつこさんは照れ笑い(苦笑いかな)したあと、いいよ、と言ってくれた。生おかずで2回立て続けにオナニーした。なつこさんに触れることだけは我慢した。

でもなつこさんは俺が望むと、裸でどんなポーズでもとってくれる。と言っても大股開きとかは、照れ屋のなつこさんには似合わない。むしろ体育座りとか、小さい乳首が見えそで見えない感じのポーズに俺は興奮した。

2回目はなつこさんのおっぱいにかけた。そんなことやっといて「今日はこれで我慢する」と自慢げに言い放った俺。あほだー。それでもなつこさんは「大人になったんだね」と褒めてくれた。

ほんとは呆れてたと思うけど。それからは、俺は仕事もがんばるようになった(今まで怠けてたという意味でなくて)。俺の仕事の話を、なつこさんはうれしそうに笑って聞いてくれた。

毎日、今日はどんな仕事したとか、こんなお客さんがいて、とか。怒られたとか褒められたとか、先輩や上司はこんな人で、とか。「はる君が大人になっていくのが嬉しい」

「一生懸命真面目に働いてイキイキしてるのが嬉しい」「Hが大好きなとこもかわいい」と言ってくれるとき、なつこさんは、なぜかさみしそうな表情になることがあった。

Hは原則、週末だけになった。それは結局、半同棲が始まる前とあんまり変わらないんだけど。なつこさんに気持ちよくなってもらうために、俺の前戯が少し長くなった。

それに、やろうと思えばやれる平日を乗り越えて迎える週末のHは気持ちいい。…と言っても平日でもしょっちゅう俺は、なつこさんの部屋でオナニーをしてた。なつこさんがいる時でも、というか、むしろいる時にオナニーする。

Hしてもいいし口でしてあげてもいいよ、と言われるけど、なんとか拒否した。でも時々生おかずになってくれた。実をいうと我慢できずに平日にやりまくったこともあるんだけど。

そんな時もなつこさんは、喜んで何回でも相手をしてくれた。甘すぎるくらいに優しいなつこさんだけど、一回だけひどく怒られたことがある。俺が手術することになったとき。

仕事中、いぼ痔が切れてパンツを血まみれにしてしまったので、肛門科に行った。根治させたいなら手術しなきゃねと、お医者様に言われ、そうすることに。その話をなつこさんにした時、俺はいぼ痔だと言う前に、冗談でこんなことを言った。

「手術しないと助からないって言われた、どうしよう」ちょっとびっくりさせよう、と思っただけなんだけど。なつこさんは本気で青ざめて今にも泣きそうになった。

あわてて、いぼ痔で入院するだけって言ったら、なつこさんがキレた…!「冗談でもそんなこと言うなあっ!二度と言わないで!死なないで!」ぼろぼろに泣き始めたなつこさん、動揺した俺は「ごめん」の一言しか言えなかった。なつこさんも「ごめん」と言ってた。

入院生活は一週間くらい。たかがいぼ痔だけど、俺にとっては生まれて初めての入院。心配してわざわざお見舞いに来てくれる人が何人かいた。

もちろんなつこさんも。乳首は小さいけど彼女は毎日顔を出してくれた。一度、わざわざ遠くから母親が様子を見に来た。なつこさんと鉢合わせしてしまって(初顔合わせ)、俺はすごく気まずい思いをした。

でも思ったよりにこやかに挨拶しあってる2人。うちの家族となつこさんが急接近したように思えて急に、結婚とか!そんな意識が芽生えてドキドキした。そうか俺、多分このままなつこさんと結婚するんだよなー。

そう思うと何だかにやにやしてしまった。手術した日と翌日はまったく動けなくて、おしっこも管に繋いでた。3日目以降もお尻が痛くて、肛門あたりが常に緊張状態。

朝起ちとかの自動的な勃起はするけど、お尻が痛くてエロ気分になる余裕がない。俺は初めて、一週間以上オナニーも射精もしない日々を過ごした。なにかと世話を焼きに来てくれるなつこさんに、冗談で、「えっちな世話もして」

なんて言ってたけど、実際にはそんな空気は流れなかった。退院前日、なつこさんが、友達らしき女の人を連れてきた。来る途中で偶然出くわしたらしい。

なつこさんが彼氏のお見舞いに行くんだと聞いて、興味があってついてきたって感じ。なつこさんも久しぶりに会ったという、あきこさんという人だった。俺は初対面。

あきこさんは俺の顔を見てこう言った。「何か、春ちゃんに似てる」なつこさんがあわてて、その話はしないで、というふうに制したみたいだけど。

でもあきこさんは構わず話を続けた。「へえ名前もはる君っていうの?顔も似てるし、ほんとあの頃の春ちゃんみたいだあ」春ちゃんなる人物を俺は知らない。

2人が話してる雰囲気で、男性ということだけ何となくわかった。俺は半分寝てたので、2人だけで昔話をしてる感じなのを、ぼんやり聞いてた。あきこさんが、なつこさんにボソっと言った。

「生まれ変わりだったりして…」…春ちゃんなる人物が、どうやら亡くなっていることを悟った。俺とそんなに変わらないくらいの若さで亡くなったみたい。

いつ亡くなったかはわからないけど、俺が生まれる前ということはないと思う。なら生まれ変わりって言葉は不適切だなあ。でもそんな言葉のあやより、無言で無表情になったなつこさんの様子が気になった。

そして、来たばかりなのに2人は帰ってしまった。春ちゃんという男性が若くして亡くなったらしい、という情報しか俺には残らなかった。俺を含めないで2人でこそこそ話してただけなので。

春ちゃんって誰?と聞けるタイミングも、空気も、そこにはなかった。翌日、平日の午前中なので1人で、退院して家に帰った。春ちゃんて誰なんだろう。そんなに俺に似てるのかな。

気になったけど、俺が考えていたのはそんなことより、「次はいつ、なつこさんとHするかな!」ということだけだった。春ちゃんのことは、すぐに考えなくなった。入院中一度も射精してないので、きんたまがウズウズしてた。

オナニーはしようと思えば出来るけど、なつこさんとHしたい。でもまだお尻に痛みと違和感があって、本番Hとか激しい運動はしないほうがよさげ。成り行きでここまで溜めてしまったから、オナニーするのもったいないし…。

せっかくだから次のHまで我慢しよう。一気に全部、なつこさんに気持ちも精液もぶつけたいと思った。濃いのが勢いよくたくさん出るだろうな。

なつこさんびっくりするかな。いつもみたいに呆れながらも笑って喜んでくれるかな。そんなことをワクワク考えてた。

ということで、お尻の痛みが弱まるのを待ちながら、オナニーを我慢してみることに。でもHしてもしなくても、少しでもなつこさんに会いたかったので、電話してみた。すると、しばらく仕事が忙しくなるんだ、と言われた。

それまでどんなに忙しくても、会いたいと言えば我がままを聞いてくれたなつこさん。まして俺は病み上がりだから、甘えさせてくれて、ベタベタできると思ってたのに。会えないと言われてちょっとショックだった。

でもちょっとは大人になったつもりの俺は「しょうがないね、いいよ」と余裕を装った。むしろ間を置いて会うのが楽しみ、という気持ちも少しあった。次にHするまで精子を温存しておく、という目標があったので。

そしてどっちみち俺も、仕事を忙しくがんばらなきゃいけなかった。新人のくせに一週間も仕事を休んだ分、評価を取り戻さないといけないってことで。そして退院して一週間後くらいの休日、なつこさんに電話をすると彼女は出なかった。

しばらくしてメールで、会えなくてごめん、という言葉が届いた。いくら忙しくても近所なんだし、休日なんだし、ちょっとも会えないわけない。やりたい気持ちももう限界でイライラしてた。

直接なつこさんの部屋に行ってみることに。なつこさんは部屋にいた。久しぶりになつこさんの部屋の匂いを嗅いで、それだけで俺は勃起した。

でも、なつこさんが泣いてるのに気付いて、ちんこはしぼんでしまった。彼女の目は腫れてて、ずっと1人で薄暗い部屋で泣いてたんだってことがわかる。俺はどうしたらいいのかわからなくて、何も言えなくなった。

いつもみたいにテレビ見ながらくつろぎ始めた。ふりをした。なつこさんが静かに「ごめんね」とつぶやいて、そして「もう別れようね」…!その一言を聞いた時、混乱していろんな気持ちが入り混じってわけわからなくなった。

疑問やら驚きやら怒りやら、あと行き場のなくなった性欲とか。何で?乳首が小さいから?と聞き返すことすら出来なくて、怖くて何も言えなかった。ノーリアクションの俺に構わず、なつこさんはひとり言みたいに話し始めた。

なつこさんは数年前、幼なじみの彼氏と付き合っていたのだった。それが春ちゃんという男性だった。お互い子供の頃からよく知ってるので、付き合い始めから結婚前提だったみたい。

ある日突然遠くに行ってしまった春ちゃんが、まだ忘れられないと。なつこさんは、「死んだ」とは言わなかった。こないだのあきこさんの台詞からして、亡くなったことは確かだと思うんだけど。

なつこさんがそう言わないので、何で亡くなったのかはまだわからない。なつこさんはずっと、春ちゃんのことを引きずっているんだと言った。名前が同じで見た目も似てる俺に、彼を重ね合わせてたみたい。

重ねてしまう自分を否定して、なるべく考えないようにがんばってたそうだけど。病室で寝てる俺を見てて、その思いがあふれてきて止まらなくなったと。病室で連想するってことは事故か病気で、やっぱり亡くなったんだろうな…と俺は想像した。

そしてあきこさんから、俺が春ちゃんに似てるっていう客観的な事実を聞いたこと。それがとどめだったみたい。「はる君は、春ちゃんの代わりなんだよ」

静かに、でもはっきりと、なつこさんはそう言った。なつこさんにとって俺は、春ちゃんの代替品なんだと。それをはっきりくっきり、自覚してしまって、自分の中で認めてしまったんだと。

だからもう俺と付き合えないんだ、そんな気になれないんだと。俺は相槌を打つだけで、ほとんど黙って聞いてるしかなかった。「私が1人でしてるかって、はる君が聞いたことあったよね?」

ここで突然、初めて問いかけの形になった台詞をなつこさんが言った。ハッとしてなつこさんの顔を見た。言葉の意味を理解するのに数秒かかった。

『なつこさんはオナニーしないの?』って聞いてしまった時のことを言ってるみたいだ。「ほんとはしてたよ」と、なつこさんは無表情でつぶやいた。

いつもの、Hな話をする時はちょっと照れてしまうなつこさん、じゃなかった。なつこさんの泣き方が激しくなってきて、涙と言葉がぼろぼろとあふれてきた。「はる君とHしてても、春ちゃんのことばっかり思い出しちゃうんだよ」

「春ちゃんとは2回しかしてないのに、その時のことばっかり」「はる君とは、何回も何回もしたのにね。気持ちよくて大好きだったのに」「春ちゃんとの、全然気持ちよくなれなかったえっちばっかり、思い出してたんだよ」

「春ちゃんを思い出しながら、はる君のちんちんで気持ちよくなってただけなんだよ」「これっておなにーだよね、私、はる君のちんちんでおなにーしてたんだよ…!」…なつこさん号泣。この辺から俺も一緒に泣いてしまった。

俺はなつこさんとのHが、自己満足のオナニーだと気付いて反省したことがある。でも、相手の体を使って、セックスという名のオナニーをしてたのは、なつこさんも?俺の性欲にとことん応えてくれた彼女がそうだとは、俺にはどうしても思えない。でもなつこさんにとっては、俺と同じ、自分本位だったのかな…。

初Hの時のことを思い出した。一回だけ「はるちゃん」って呼ばれた…なつこさん泣いてた…あっ、そういうことか…。あの時なつこさんは、俺とじゃなくて、「春ちゃん」としてたんだ、多分無意識に。

俺をはるちゃんと呼ばなくなっても、ずっとそのつもりだったのかな。それをオナニーと表現したのかな。そうだとしても、それを俺なんかが責める資格はなかった。

もちろん責めるつもりもないけど。なつこさんのは大事な人を失くした思い出で、俺のはただの子供の我がままなので。そんなの比べるわけにはいかない。

…今までにないくらいに、なつこさんはたくさん話をした。「ほんとは、大人になってくはる君を応援していたかった」「そうなるはずだった春ちゃんだと思って、はる君をそばで応援したかった」

「春ちゃんは社会人になる前にいなくなったから」「春ちゃんが今もいたら、こんなふうにがんばってるかな、って思った」「がんばってるはる君が、春ちゃんと重なって、うれしくて、悲しかった」

「えっちなことも、春ちゃんと出来なかった分、はる君とたくさんしたかった」「今までそうだったけど、これからもそうしたかった」でも…、と、なつこさんは言った。

「春ちゃんと似てるから好きになったなんて、はる君に悪いよ」「もう春ちゃんのことは、忘れないといけないと思う、だからもう、…、…、」いやだ!このままじゃなつこさんがいなくなってしまう。

そろそろ俺のターンにするよ!「俺に悪い、とか言うなー。俺に悪いかどうかは、俺が決める!」もういない恋人を背負ってる人を口説くなんて、あれかな、めぞん一刻かな。でも俺そんな漫画、あらすじしか知らない。

主人公が何やらかっこいいことを言って、管理人さんを射止めたはずだっけ。知らん。俺は俺の言葉で、なつこさんを引き止めるしかないのか。精一杯がんばった!「俺は、春ちゃんという人に、感謝しております」

「俺単品じゃ、なつこさんとこんな楽しい毎日は送れなかったし、子供のままだった」「こんなバカでも、春ちゃんとのセット販売だからなつこさんは買ってくれた」「今でも俺子供だけど、ちょっとは成長できた気がする」

「春ちゃんのことは何も知らないけど、でも俺は春ちゃんを忘れないと思う」「ここまで来れたのは春ちゃんのおかげ。感謝してる。春ちゃんありがとう」「そしてなつこさんのおかげ。ありがとう。今までとっても楽しかった」

……。あれ?なんか、お別れの言葉みたいになってる。そうじゃなくて!「俺が言いたいのは、なつこさんが俺に気をつかう必要はなくて、えっと…」「なつこさんにとって大事な人なら、忘れられないことを悩む必要はなくて」

「俺と一緒にいると思い出しちゃうんなら、そのほうが良くて」「春ちゃんを忘れなくて済むように、俺と一緒にいたほうが良いと思います!」…もし俺を嫌いになったのも理由なら、ここまで言っても、反論してくるかも。

そんな心配したけど、なつこさんは少し笑ってくれた。「ばかだなー、はる君はほんとばかだなー(笑)あはー、はーあ」声出して笑ってた。

俺の必死のしゃべりはかなりあたふたしてて笑えたらしい。ちょっとは考え直してくれたのかな…。泣きやんで少し落ち着いてくれたみたいなので、春ちゃんのことを聞いてみた。

「そんなに俺に似てるの?」似てたの?と過去形で聞かないところが、俺なりの精一杯の気づかいであった!見た目が似てるらしいのはもうわかってるけど、性格についても「甘えん坊なとこが似てる」と言ってた。「あと、えっちなとこも」

俺同様、春ちゃんはベタベタするのが好きだったと。早くHしたいと、ことあるごとにお願いされてたみたい。恥ずかしくて何となく先延ばしにしていたら、結果的に2回しかH出来なかったと。

それをなつこさんは後悔していた。その思いが、俺を甘やかして好きにさせることにつながってしまったのだった。慣れてると思わせたかったわけじゃないけど、一応先輩として必死にリードもしたと。

むしろなつこさんにとっても初めてのことばっかりだから、勉強の連続。俺のためと、春ちゃんの思い出をよみがえらせるために、がんばってたんだ。俺が喜んでるのはなつこさんにとっても、満足できてうれしかったみたいだけど。

でも俺の就職をきっかけに、ちょっと抑えなきゃと思ったわけなんだな。そして、ちょっと意地悪そうに、なつこさんが言った。「はる君さらに大人になったみたいだし、これからは、もっと我慢させないとだめかな」

あー!「これからは、」って言った!なつこさんは謝ってくれた。「別れようなんて言っちゃってごめん」俺が入院したので、不安とさびしさと、内罰的?な?どーのこーのが爆発したんだと。

「代わりだなんて言ってごめん」でもそのことは本心なのであって、撤回することはできないけど、と、さらに謝られた。「でも、はる君ははる君。春ちゃんとは違うけど、ちゃんとはる君として好きだから」

「これからは代わりだなんて思わないようにする」そして、「忘れないでいいって言ってくれてありがとう!」春ちゃんを忘れさせようと努力した男が、以前いたらしいことをあとで知った。

『俺の色に染めてやるぜ』とかか。俺はそんな器量があるわけないので、そんなこと言えなくてかえってよかったのかな。そして、また意地悪そうにニヤっと笑って、なつこさんは言った。

「似てるって言っても、はる君は春ちゃんよりかっこよくないし」「頭も良くないし、足は短いし、ゲーム下手だし、味音痴だし、お尻に毛が生えてるし」「全然違うもんね。でも、全然だめだけど、これからはきっと大丈夫だよ」

なんかひどいことばかり言われた。乳首小さいくせに。「何か俺がひとつくらい勝ってるとこないの?…ちんこは!ちんこはっ?」「あはは、ばかだなー、はる君はほんとばかだなー(笑)」

なつこさんはケタケタ笑って、はっきり答えてくれなかった。「精神的には春ちゃんが、はる君より大人かな。はる君は、ちんちんだけ大人(笑)」鈍い俺はよく分からなかったけど、俺のちんこのほうが大人って意味かな…。

「あとは推して知るべし」と言われて、ちんこ押してみたけどやっぱり分からなかった。なつこさんが言った。「今日はごめん。また時々泣いちゃうかも知れないけど、いいかな…」

もちろん、いいよと俺は答えた。なつこさんはちょっと不安な状態になってただけで、別れ話は本気じゃなかったはず。でも俺が全然否定しなかったら、どうなってたか分からない。

俺がんばった!今日もまたひとつ大人になった!よかった!とにかくお別れにならなくて、よかったよかった…。…まだよくない。なつこさんとHしたくて来たんだった。

「2週間以上たまっているので。どうかお願いします」と頭を下げてみた。「ばかだなー、はる君はほんとばかだなー(笑)」このせりふ3回目。空気を読めと言わんばかりに、苦笑いのなつこさんだった。

でも結局一緒にお風呂に入ってくれた。俺お風呂で大はしゃぎ。「多分たくさん出るから、中に出したらなつこさん妊娠するよ!」

すると「それは困る」というなつこさん。すごく溜まってることを表現したかっただけなのに、そんなにはっきり言わんでも。俺との子供が欲しくないみたいな、何でそんなこと言うの?と思ってたら、まあ当然なんだけど、「結婚が先でしょ」だと。

「それは俺と、結婚してくれるっていう意味で、いいのかなー」「………ん」でもそんなことは、もっと出世してから言いなさいと、さらっと言われた。

それでも勃起ちんこを洗ってくれたなつこさん、あわあわの手でにゅるっと、あっ!…そのときに出ちゃった。びゅっぶるるーっと。「あっあ、あー、なつこさんごめん…」「うあわ。あー、あー、あーあ」

亀頭を包むように握ったなつこさんの、手の中でどっぴゅんどっぴゅん暴れた。びっくりしたなつこさんの手は、動きが止まってた…。出てるあいだもしごいてて欲しかったのに。

手だけでいかせてもらうのは、してもらったことなかったからなー。2週間待機した精子は、何だかもったいない旅立ち方をしてしまった。あわと混ざってよくわからないけど、精液の量が半端じゃないことはわかった。

AVなんかを見て比べる限り、俺の精液はもともと量が多いように思う。なつこさんも、比較対象は知らないなりに、俺のは多いと普段から思ってたみたい。「はる君は…いつも2人分出してるのかも知れないな…」

なつこさんがつぶやいた。「やっぱ代わりじゃなくて、2人が重なってるんだと思う。それでいいんだよね」そしてにっこり笑った。乳首は小さかった。

さて!2週間我慢したぶん何回もやるぞと思ったんだけど。射精を我慢しすぎて精子の製造が滞ったのか、2回目でなんだか萎えてしまった。精子は頻繁に出し続けないと、作るペースも落ちる?(医学的な根拠はわからないけど、そんな気がした)「なつこさん次第だけど、やっぱ毎日お願いしたい!」と言ってみた。

ふう、しょうがないな、とため息をついたなつこさんが、まじめに条件を出した。「平日は私の部屋に泊まらないこと。午前0時までに自分の部屋に帰ること」「体調不良で仕事を休んだら、Hのし過ぎと判断する。その時は殴るよ」

「お尻の毛を剃る(剃ってあげるから)」「ときどき私のごはんを作る(味音痴矯正のため)」「Hの時、たまにはなつこって呼び捨てにして、Sになって欲しい」

全部の条件に俺は、うんうんとうなずきながら、…あれ?「最後のSになって欲しいって何」「そんなの聞かなくていいの!」「…なつこさんそういうの好きなの?」

「だから聞かなくていいって!」「…好きなの?」「…お姉さんキャラは疲れる時もあるよ、はる君の強気でしっかりしたとこも見たいし」

「…。なつこ、ちんこ舐めろ。オチンチンくだしゃいって言えおっ」「あはー!言えてないし似合わない!でもそういうのちょっと興味ある」「やっぱ好きなの?」

「だから聞かないで!黙って言うとおりにすればいいの。たまにだよ、たまに」黙ってたら言うとおりにできないんだけど。なつこさんが初めて、積極的にHの内容を要求してきた気がする。

とても新鮮な気がした。「あともう一個お願いがあるよ」となつこさん。あ、泣いてる。何を言いたいのかは聞くまでもなかった。

「わかってるよ」と抱きしめてあげたら、なつこさんわんわん泣いた。後日ふとしたきっかけで、なんと俺と春ちゃんが遠縁だったことがわかった。かなり遠いし薄いんだけど、ご先祖様が同じなので一応血のつながりもあった。

こういうのは、奇跡的な偶然ってほどでもない。そこそこ田舎だから、意外な人が実は親戚だったっていうのは、珍しくはないので。そこまで知れば当然、やっぱり確かに亡くなったんだと俺もはっきり知ることになった。

なつこさんは、「はる君との子供ができたら、春ちゃんの命がつながったことになるんだなあ」「春ちゃんと、私とはる君がひとつに重なる。うれしい」ってお墓の前で泣いて喜んでた。

この辺で終わるとハッピーエンドでめでたしぽいので、乳首は小さいけど終わりにしとく。まさかこのあと、なつこさんの隠れM属性が災いして、寝取られ妻になるとは!などと言ってみるテスト。早く子供できないかな…。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1356記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。