1/2)オカマに彼女を寝取られた…!?その本当の目的は俺で…

PR

大学に入りたての俺は芝居をやり始めた。

ちっぽけなサークルの劇団だったが、けっこう楽しくやっていた。そのかわりといっちゃあなんだが、まったく授業にはでていなかった。まあ俺の周りの人間も授業にはでてなかったけど。

出欠がなく、試験だけで単位のとれる講義を、俺は一つだけ取っていた。その単位だけは欲しかった。全部、不可てのはかっこわるいかなって思っていたから。

長い夏休みも終わって、しばらくたった頃、その講義が試験をするという。

噂を聞き早速、学校行って、教室見回し、一番真面目そうな女の子。でもって、自分好みの子に声をかけた。

「ごめん。ノートとってる?・・・コピーとらせて!」と言ったら、拍子抜けするくらいあっさりOKをもらった。

彼女の近くに女友達がいなかったことも幸いしたのかもしれないけど。

「授業終わったら、学食来て!」

俺はそう言うと、速攻で教室を去った。

学食で待ってると、授業を終えた彼女がやってきた。ほんとに来たんだというのが実感だった。よく見るとメガネをかけた磯山さやか。

あんまし化粧っ気がなく、ジーンズとセーターっていう格好。純朴な子。名前は、美樹。

ノートも借りたことだし、学食のまずいコーヒーを彼女におごった。ちょっと話してみると、俺が芝居をやってるのに彼女は興味を示した。

熱く芝居のことを語り、俺の夢も話した。あっという間に時間が過ぎて、美樹と一緒に帰った。

メシは食った。当然酒も飲んだ。彼女の家と俺のアパートが同じ駅ってのも、神様が俺にチャンスをくれたんだなって。送って行ったその日のうちにキスするタイミングがあったのだから。

それからはもう早かった。数日のうちに美樹は俺の部屋にやってきた。

「初めてなの」

俺の耳元でそうささやき、俺はそっとキスをした。

美樹は俺に脱がされるのをいやがり、というより恥ずかしがっていた。

ユニットバスで脱いでバスタオルを巻いてきた。

電気を消してとつぶやき、俺にしがみついてきた。

そして

「・・・はうぅ。・・・いっ・・いたっー」

美樹は、必死に俺にしがみついてきた。

「・・・うぅうぅ、ふぅん・・・うう」

あえぎというより痛みにこらえる声のなかで、果てた。

それから、俺は美樹と何回か、した。

お互いぎこちなさは残るが、彼氏彼女ではあったと思う。

美樹は思った程、自分が大学であまり友達ができなかったことを気にしていた。大学デビューを果たす野望があったんだけど、ふんぎりがつかないことを俺によく話していた。

俺は、メガネを外せばって、言うと、恥ずかしいからって言って、黙ってしまう。おとなしいってこういう子をいうんだって、美樹と会うたび、俺は感じていた。

「どうして、俺と付き合ってくれたの?」
「なんか、うれしかったから」
「うれしい?」
「うん、ナンパなんてされたの初めてだったから。それに、ユウスケくんってなんか自分の夢持ってて、かっこいいなって。あと、顔があたしの好みだったから」

性格は地味だけど、言う事は時々、ストレートな子だった。

事件はそんな時、起こった。

その日は、芝居を見に行った。アバンギャルドな演出をする山内という先輩の芝居だった。内容は社会批判だったが、はっきりいってくそ面白くない芝居だった。

俺は、美樹を誘っていた。デートするいい口実だったし、俺の芝居の顔つなぎにもなるからだった。くだらない演出をする割に、先輩は人材や宣材の宝庫だった。

芝居も終わり、小屋を出ようとすると、先輩から飲みの誘いがあった。美樹もいたので、断ろうと思っていたが、彼女も一緒に連れて来いとの命令。

今後のことも考えると断りきれなかった。そもそもこれが大きな過ちだった。

寄席の近所にあるその小屋の近くのいつもの居酒屋に行くのかなと思っていたら、先輩は「よっちゃんの店」に行くとのこと。

神社か墓地かなんかの裏手みたいなところで、けっこう歩かされた。

先輩、その友人A、B、俺、そして美樹は、その店に入っていった。

「いらっしゃいませー」と男の小高い声が聞こえた。

店内には、おっきなモニタとカウンター、そしてボックス席。けっこう広めな造りだった。

普通の店っぽいのだが、普通ではなかった。

店員は全部で3人いた。2人は派手目なメイクをした男。1人は結構普通っぽい人

「ひさしぶりねー。どうしてたのよ。まったく。」と甲高い声で、先輩に話しかける男たち。

ここはオカマバーだった。

「あらー。この子かわいい。私のタイプー」と俺にまとわりついてくるオカマ。

「もてもてだな」と俺を茶化す先輩。

その隣にすわって、お酒をつくってる一見普通の人がこの店のオーナー、よっちゃんだった。

ボックス席に陣取った俺たちというより店貸しきり状態。

俺がオカマにつかまっている間、美樹はというと隅っこでぽつんと座っていた。

ニコニコして決して場の空気を壊さないよう、がんばっていた。

俺はトイレに行くふりをして、美樹の隣に座ろうとした。と、トイレに立つとそのオカマもついてきた。

こいつなんだと思っていたら、なんとオカマも中まで入ってきた。

その店のトイレはけっこう大きく作られていて、二人くらい入るのはわけないことだった。

「でていってもらえます?」
「いいじゃなーい。男同士なんだからー」と取り付く暇がない。

仕方なく小便すると、オカマは横から覗き込んだ。

「あーらーけっこうおっきぃ。たべちゃいたーい」

なぐってやろうかと殺意がよぎった。

俺がトイレから戻ると、若干席順が変わっていた。美樹のとなりによっちゃん。先輩、A、Bとオカマ。美樹はよっちゃんの話に笑っているようだった。

そこに、新しい客がやってきた。

俺についていたオカマは「あーらーおひさしぶりー。元気してたー」とその客の方に行ってしまった。俺はようやく美樹のとなりに座ることができた。

よっちゃんは面白いひとだった。この町の歴史や伝説の人の話、自分の恋愛話。もちろん男性とのそしてオカマになった話など。

飲ませ上手ってのはこの人をいうんだろうなっていうくらい飲んだ。美樹もかなり飲んでいた。

俺が時計に目をやると、すでに美樹の門限は過ぎていた。

「どうする?美樹」
「えっ。どうしよう」

という空気をよんでか、よっちゃんが電話を取り出した。

「ちょっとみんな静かにして」

そして、美樹に電話をわたして、「家に電話して。ごめん、今日泊まるっていうの。そのあとよっちゃんに代わって。大丈夫よ。よっちゃんを信じて」

美樹は電話した

「もしもし。・・・ごめん。今日泊まる。・・・うん。だから、ごめん。・・・うん、ちょっと、ちょっと待って・・・」と、電話を渡されたよっちゃん。

「もしもし。ごめんなさいね。今日はね、・・そうなの。美樹ちゃんをお預かりしてるのよ。うちの娘とね・・・」

よっちゃんは完璧な美樹の友達のお母さんを演じていた。

「なにかありましたら、○○○○-○○○○まで電話くださいよ。・・・はい、お母様 もぜひ今度はうちに来てくださいね」と、よっちゃんは電話を切った。

次の瞬間、店中に大拍手が起こった。俺も美樹も拍手をしていた。

「さっきの電話番号は、もしかして」
「この店の番号よ。大丈夫。かかってこないから。それより美樹ちゃん、よかったね。 一緒に飲もう」

美樹は大きくうなずいた。

よっちゃんが言い出した。

「美樹ちゃん。メガネ取ってごらんなさいよ」

メガネをとる美樹。

「この子、ものすごくきれいな顔してるのね。うらやましいわぁ。でも、まだ化粧がぎこちないわね。してあげる」といって、よっちゃんが美樹に化粧をし始めた。

そう、俺もメガネを外した美樹の顔は好きだった。さすがはオカマ。

化粧もうまいし、男心もわかってる。

「・・・なんか、ものすごくはずかしい」

照れくさそうにする美樹。

よっちゃんのメイクもうまく、その辺のクラブやキャバならNO.1でも通用しそうな美樹がいた。

「へぇー。美樹ちゃんって言ったよね。そんな奴とつきあうのやめて、俺とつきあってよ」と、先輩も言い始めた。

「馬鹿なこと言わないでくださいよ。先輩。彼女にいいつけますよ」
「あらら、怒らせちゃったかな。・・・そろそろ帰るかな」

先輩、A、Bが席を立とうとした。俺も当然、帰るつもりだった。

美樹を見ると、まだよっちゃんと話していたが俺の素振りを見ると帰り支度を始めた。

「あらー。ちょっと帰るの。この子と美樹ちゃんは置いてってよね」と俺と美樹の肩を掴んだよっちゃん。

「わかったよ。二人は人質だな。金なら心配しなくてもいいから。とりあえず、出しておくからな」

太っ腹な先輩だった。ただ酒も誘われたら断りにくい要因のひとつだった。

先輩たちが帰った後も、よっちゃんの話は尽きることがなかった。

俺も美樹もぐてんぐてんになるまで飲まされていた。

とりあえず、意識がある内に美樹を連れて、俺の部屋まで帰りたかった。

「そろそろかえりまーす」

俺はよっちゃんにそう告げると、「あたしんちが近くだから、泊まっていけばいいじゃない。ね。そうしましょ」と、よっちゃんも帰り支度をして、なかば強引に俺と美樹を連れて行った。

実際、よっちゃんのマンションは近かった。というより店の目の前だった。

よっちゃんの部屋に転がり込んだ俺たち。リビングに通された。

ソファがあり、俺はそこに転がり込んだ。

「よっちゃん。ごめん。俺、ものすごくねむいわ。美樹は大丈夫か?」

ソファの上でごろんと横になる俺。

「もうしっかりして。ここ、よっちゃんの家なのよ」と美樹が言うが、意識はかなり飛んでる。

よっちゃんがオカマというのが、なおのこと眠くなる原因かもしれない。美樹の事を安心して任せられる。

「美樹ちゃん。ほら、服きがえなさい。しわになるわよ」と、よっちゃんはトレーナーを出してきた。

「ありがとう。よっちゃん」というものの、美樹もかなり酒が入っている。立てないらしい。

「らいじょうぶか。美樹」

俺も、ろれつが回らない

「もう、しょうがないわね」と、よっちゃんが美樹の服を脱がし始める

「よっちゃん。なに?」

驚く美樹。だが、よっちゃんはその手をゆるめない

「えっ、やだ。やめて」

脱がされまいとする美樹。美樹の手をはねのけ、脱がすよっちゃん

美樹の上着が脱がされた

「あれぇ、美樹ちゃん、矯正下着つけてるの?」
「やめてよ。いい加減にして!」

手で下着を隠す美樹

俺はよっちゃんを怒ろうにも起きあげられなくなり、声も出せなくなっていた。

「ごめんね。美樹ちゃん。・・・でもかわいいよね。最近の矯正下着。いくらくらいしたの?っていうより、○○○製?」

こわばっていた表情がくずれ、半笑いの美樹

「よっちゃん知ってるの?○○○製を」
「もちろんよ。有名だもん。高いんでしょ。それに買い方が・・・あとで話しましょ。それより脱がないと、痕がつくというより・・・、体が限界でしょ」

微笑む美樹

「はーい。でも、後ろ向いててね。よっちゃんでも恥かしいから」

トレーナーに着替える美樹

「いいわよ。よっちゃん」
「メイクも落とさないとね。クレンジングもって来るわね」

俺は動けずにいたが、少しだけ意識ははっきりしてきた。

しゃべることは面倒くさいというより、しゃべってるのかどうかわからない変な気分だった。

どうやら、よっちゃんと美樹はリビングのとなりのベッドの上にいるみたいだった。

二人はまだ話してるみたいだった。他愛もない話だろうと思っていたが、

なんか様子が違うことに気づくのは、しばらくの時間がかかった。

「ねぇ、美樹ってどうされると気持ちいい?」
「えっ、どうされるとって、何の話?」

「セックスよ。セックス。彼とのセックスはどうなの?」
「やだ。よっちゃん。やめてよ。そんな話。」

「どうして。興味あるもの。ノンケのセックスって、どうなのかって。ほら、あたしたちって、だめでしょ」

「だめって、なにが?」

「もう美樹ちゃんってば、Hなんだから。だから、セックスがよ。だって、ほら・・・あたしが好きになるじゃない。だけど好きになった人があたしを好きになってくれて、なおかつあたしとセックスしてくれるとは限らないでしょ。だから、愛される気分ってどういうのかななんて、すごく興味があるの。いれてもらえる気分ってどんなのかなって・・・」

「いれてもらえるって、えー、まだ、よっちゃんって、いれてもらったことないの?」

「大きなお世話ね。何回かチャンスはあったけど最後までいったことないわ。あぁ、でも、入れたことはあるわね。その人、ネコだったから」

「ネコって、女の人役の事?」

「よく知ってるわね。そうよ。で、ほんとのネコの美樹ちゃんはどうなのよ?」

「わ、わたしぃ・・・。そ、そうね。気持ちいいって感じがまだちょっとわからないかなぁ。でも、入れられていると、気持ちいいかなぁー。うん。それより、愛されてるのかなぁ。なんて考えるよ」

「やってる最中に?」

「うん」

「もっーととか、めちゃくちゃにしてーとかは、思えないの?」

「えぇぇぇ、思わないよ。そんなに気持ちよかったのなんて、なかったもん」

「彼はまだまだだねぇ。こんなにいい体してるのにね」

「ちょ、ちょっとよっちゃん、やめてよ。さわんないで」

「きれいな体だよね。胸はE65?」

「えっ、や・・やだ。D70だよぉ。まだ」

「矯正されると、もっとカップが大きくなるよね」

「うぅん。もうちょっっと大きく・・・。やぁ、やぁめぇてぇ、よ、よっちゃん!」

「かわいい!胸ちょっともんだだけなのにね。反応がいいわぁ。うなじなんて攻められた事、ある?」

「いぃやぁ、もぅ、もうちょっと離れてよ。ユウスケにいいつけるわよ」

「寝てるわよ」

「起こすから。私、一途なんだから。それに、よっちゃんって、オカマでしょ。オカマなのに私に触るのって反則よ」

「ひどいわぁ。そんな言い方しなくたって。じゃれるくらいいいじゃなーい」

「じゃれるって、じゃれてるうちに入らないわよ。だって・・・」

「気持ちよかったんでしょ?」

「えっ、えっ!」

「私に触られて気持ちよかったです。っていいなさいよ」

「そんなこ、こと、なぃ。ない。私は彼が好きなの!彼のこと、あいし・・・」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・・、美樹ちゃんの唇って、おいしいね」

「よっちゃん。ひどい。ひどいよ。信じてたのに」

「かわいいからよ。美樹ちゃんが・・・。オカマの私が好きになっちゃうくらい。

ねぇ」

「くぅー、帰る。あたし、帰るから。もう・・・」

「美樹ちゃん・・・」

「いやゃー。やめてぇーうぐぅぅぅぅ」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・はうぅふぅ」

「ほんと、かわいい子だわ。美樹ちゃんって」

「なぁ、なに?よっ、よっちゃん。もぉ、ユウスケ、起きて!起きて!起きてよ!」

俺は、遠くでその声を聞いていた。きっと夢の中の出来事なんだろうなとしか思ってなかったんだろう。

「起きないわね。もう観念しなさいよ。美樹ちゃん。大丈夫よ。じゃれるだけだから。 ねぇ。じゃれるだけだから」

「やぁ、それでもいややぁ。そんなところ、さわらないで。うぅ、うそ!じゃれるだけだって、いったじゃない」

「美樹ちゃん、感度いいわぁ。うれしくなっちゃう」

「もぅいい。もぅいいよ。と、といれにい、いくー」

「ここでしていいわよ。見ててあげるから。ね。美樹ちゃん」

「や、やめてよぉ、よっちゃん!あ〜〜、そんなこと、ね、ね、や、、め、よ。や、め、て、、、、」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・あぁん」

「やっと、いい声がでたわね。どう?気持ちいいでしょ?」

「えっ、ぅん。ぃや。気持ちよくない」

「気持ちいいはずよ。ね」

「・・・・・・・」

「ねぇ、どう?ここぐちゃぐちゃされるといい感じでしょ?」

「・・・・・・・」

「男、オカマにもわかんないけど、気持ちいいんでしょ」

「・・・・・・・」

「ねぇ、どうなのよ」

「・・・・・・・あぁん。あん。あん。あん。あぁ〜ん。はぅ」

「そうとう気持ちいいみたいね。美樹ちゃんは、かわいいからこのままいかせてあげる」

「あん。あぁん。あぁーん。あーーーーーん」

「どう、いったの?」

「はぁはぁはぁはぁ、な、なぁに。なに?わかんない。わかんない。

わかんないよぉ〜」

「もっと、分からしてあげるわ」

「えっ!えっ、え、え、えっち!ねぇやめよ!もうやめよぅよぉ〜!・・・あぁ〜〜あぅんんん」

「なんか背中、弱いみたいねぇ。たっぷり攻めてあげる!」

「う、うぅう。あ〜〜ん。あ〜〜〜ん」

俺が目覚めたのは、ぷ〜んとコーヒーの香りがしたからだった。一瞬、どこか分からなかったけれど、すぐに思い出せることは全て思い出した。

後半のよっちゃんと美樹の事はどうだったかは定かではなかった。と、よっちゃんの部屋のキッチンから美樹の声が聞こえた。

「そろそろ、起こさなきゃね」

そして、よっちゃん

「そうだね。ちょっと寝過ぎだわ」

時計を見ると。10時をまわっていた。

「おはよ」と、俺は二人に聞こえるような声であいさつした。

よっちゃんの部屋を出た俺たちは、一回、家に戻る事にした。

着替えたかったし、なにより美樹の家が心配だった。

その帰り道、美樹は俺の手を組んだ。

初めての事だったし、なにより美樹からというのに驚いた。

「どうしたん」
「なんか腕組んでみたかったから。・・・・ごめんなさい」

「なんか言った?」
「いやなにも」

俺は、ごめんなさいの言葉を聞き逃さなかった。なんであやまっているのかわからないけど、なにかあったんだと俺は感じていた。

それから、俺は芝居の稽古を始めた。かなり忙しくなっていたが、美樹とは時々はいつもの学食で会えてはいた。

その頃の美樹は会うたびにひとつずつ変わっていた。

メガネをコンタクトに替え、口紅もはっきりとした色に変わっていた。服装も明るめのものに変わっていた。

あの夜、よっちゃんや先輩にほめられたのがよっぽどうれしかったんだと思っていた。

「あの日の夜は楽しかった」口癖のように美樹はつぶやき、俺は稽古に向かった。

昼夜かまわず稽古がある為、俺は美樹としばらくデートもHもしていなかった。

そんなある日、稽古を見に来た山内先輩が俺に言った

「なぁ、よっちゃんの店にお前の彼女、美樹って言ったっけ。来てたぞ」

えっ、どういうこと?ってのがまず、頭をよぎった。

なんかよっちゃんに相談か?いや、でも一人で?楽しいのわかるけど、オカマバーだぞ?なに考えてる?

稽古にもまったく身が入らなかった。頭の中は、美樹で一杯になっていた。

2/2)オカマに彼女を寝取られた…!?その本当の目的は俺で…
へ続く

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1283記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。