エッチ体験談が11,000話を突破しました。

淫蕩な俺の身から出た錆が及ぼした惨劇の数々

PR

ダメおやじさんから投稿頂いた「淫蕩な俺の身から出た錆が及ぼした惨劇の数々」。

俺が自分の不倫で離婚したのが33歳の時、6年連れ添った30歳の元嫁と4歳の息子を失った。
俺の不倫相手は卒業を半年後に控えた女子大生で、2年間、ブルセラコスプレでSMごっこして、恥辱の快楽を仕込んでいた。

俺は、全財産を元嫁に渡し、女子大生への慰謝料を免除してもらおうとしたが、その行動が逆効果だった。
そこまで不倫相手をかばうのかと逆上され、不倫相手の女子大生は元嫁に徹底的に叩かれ、内定取り消し、大学も退学せざるを得なくなった。
俺は、仕事を辞めて町を出た。

隣の県の県庁所在地に逃げ込むようにして落ち着き、そこで再就職した。
1年くらいは真面目に働いていたが、同じ職場の事務員だった、3歳年上の当時37歳の郁美という清楚系人妻に惚れてしまった。
止せばいいのにちょっかい出して、男女の関係になってしまった。
郁美は実に清楚な美人で、不倫なんかしそうになかったし、実際、
「私、晩婚だったから、性にもう梳くて・・・まだ結婚3年なんですけど、主人が2人目の男性、あなたは3人目なんです・・・」
清楚だけれど、押しに弱くてしかも従順、調教するにはもってこいで、また、悪い癖が出てしまった。

郁美は従順だからすぐに火がyくの頭角を現し、程よい淫乱を身に着けた。
人妻なので、緊縛痕をつけられないから拘束が難しかったが、サランラップで開脚拘束すると、比較的跡が残らなかった。
オマンコを拡げて、クリを専用のシリンダーで吸引、オマンコにはバイブ、アナルにはアナルビーズを突っ込んでマゾ開発、吸い出したクリにローターを当てると潮を噴いて半狂乱。

数か月後にはアナルビーズはアナルパールに、その数か月後にはアナルパールはアナルボールになり、やがて俺のチンポが入れられた。
クリは真っ赤に腫れてきて、オマンコとアナルはチンポを欲しがりヒクついた。
オマンコにチンポを入れれば、
「後生です、アナルにも何か入れてください。」
と二穴責めでしかイケなくなった。
ヒイヒイとえげつない喘ぎで、普段の清楚美人と同一人物とは思えない淫婦になり下がった。
これほど性器改造されてるのに、旦那は気づかないのかと尋ねたら、
「あの人とは、私が恥ずかしがりやだから、常夜灯の下でしか抱かれないので気付かないみたい・・・」
と言っていたが本当か疑わしかった。

郁美は、奥手で清楚な美人奥さんだったが、俺とセックスした事で、様々な快楽を知ってしまった。
普通は知らないで一生を終えるであろう倒錯の世界を知ってしまい、郁美夫婦の人生が狂ってしまった。
つまり、不倫3年で旦那バレしたのだ。
どうやら、郁美は旦那との性生活を頻繁に拒むようになっていて、郁美を心から愛する旦那が泣いてその理由を問うたところ、郁美が不倫を白状した。
修羅場を覚悟した俺だったが、何と、郁美は旦那と別れて、俺のところに来ると言い出したのだ。
旦那は旦那で、俺を罵倒するどころか嗚咽し始め、最後、
「不倫を認めるから、離婚だけはしないで欲しいんだ・・・」
と言い出す始末で、俺もどうしていいか困ってしまった。

旦那公認となったことで、遠慮なく縄を打てるようになった。
清楚な美熟女の柔肌に容赦なく荒縄が軋み、M字開脚の恥辱だけでマゾの期待に自然と剥き出しオマンコが潤むようになった。
赤く熱して飛び出たクリには、いぶし銀のバーチカルピアスが貫き、その先ににリングピアスがぶら下った。
執拗な責めに蕩け出すオマンコ、
「アナルも・・・アナルも愛してください・・・」
相変わらず貪欲な郁美は、アナルにバイブ、オマンコに電マ、クリにローターの責めで大量の潮を噴いた。

純潔だったアナルは課長されて、伸縮自在のハメ穴に仕込まれて、両穴性具女として、旦那も交えて二穴挿入を試みた。
俺のチンポがメリメリと広がるアナルを無慈悲に滅多突きすると、仰向けになって居組のオマンコにチンポを入れている旦那が、泣きながら愛妻のアナル責めの許しを乞う。
それでも郁美は、
「アアァアアァ~~オマンコよりアナルでイク~~」
と、アナルオルガで耽溺して、旦那を絶望の淵へ追いやった。

郁美の旦那は、郁美が40歳の時に、ついに離婚に応じた。
それは、郁美が淫乱変態マゾに落ちたからではなかった。
郁美の旦那を交えた3Pで、郁美がオマンコの方に俺のチンポを欲しがったのだ。
そして、旦那の目の前で俺と生セックスをして、
「アァァァアァアァァそのまま中に、あなたの精子で孕ませてぇぇぇぇ」
と叫んだのだ。
そして、俺に両手両足で抱き付いて、外出しできないようにしてオマンコの中に俺の精液を絞り出させた。
それを見た旦那は、
「郁美がそこまであなたに捧げるなら、黙って差し上げます。慰謝料も何も要りません。ただ、郁美との性生活の動画を下さい。撮影してたんでしょう?」
と言われ、8ミリビデオ20本に及ぶ淫蕩で倒錯した変態被虐動画をVHSにコピーして、郁美の元旦那に差し上げた。

郁美は41歳で女児を出産した。
その際、産科医から出産の支障になると言われてピアスを外した。
娘が成長するにつれ、顔だけでなく、手つきや仕草、悪い癖まで俺に似てきて、間違いなく俺の子だと確信した。
郁美の被虐変態性癖は、育児に忙しい間は母性が抑え付けるのか影を潜め、普通の性生活になった。
普通の性生活をしているうち、清楚な美人妻の喘ぎだけで満足するようになった。

時は流れ、俺は今年還暦を迎えた。
郁美は、娘が中学の頃、突然離婚届を置いて出て行った。
そして、閉経した50代半ばの身体で、熟女AV女優としてデビューし、SM調教で二穴3Pに潮噴きで応える清楚な美魔女として一時人気を博していたが、俺は全く知らなかった。
知ったのは2年前、郁美は、還暦を前に3年前にAV引退、元の旦那を探し当て、復縁して暮らしていると連絡があった。

去年、短大を出た娘は、あろうことか、今年就職先で9歳年上の31歳の同僚と不倫妊娠した。
俺の血だ・・・と自分を責めた。
「私、産みます。一人でも構わないから育てます。」
と言って、修羅場化した。
同僚は結婚3年目、奥様が妊娠していてつい・・・ということで、双方、顔を合わせたとき、俺は土下座して謝った。
「私のしつけが悪うございました・・・」
顔を上げると、娘の同僚の母親がジッと俺を見つめていた。
27年前に別れた元妻だった。
「もしかしてあなた・・・その娘さんはあなたの・・・という事は・・・」
ただの不倫じゃなく、異母兄妹の不倫妊娠だった・・・

娘が泣く泣く堕胎、異母兄である同僚は離婚、だからと言って不倫成就できない関係で泥沼、俺は、つくづく自分のだらしない血を呪った。
間もなく定年を迎えるが、娘の慰謝料関西のため、嘱託で継続して欲しいという会社側の意向を断れなくなった。
身から出た錆・・・いや、血から出た錆かもしれない・・・

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR