17,000話以上掲載!!毎日更新!!

ズル剝け2

[AD]

[AD]

ルイス・キャミソールさんから投稿頂いた「ズル剝け2」。

ショーゴです。K2。

うちの母親は自分で言うのもなんだがそこそこ綺麗だ。
そして父親に従順だ。特にベッドの上では。

俺のちんぽを小さいうちに剥いたのも父親ので剥けチンの良さをよく知っているからだろう。
家族の前では下の話もあっけらかんと話す。
こないだなんてちんぽ洗ってあげよっかと言われた。
一緒に風呂に入っている頃は母親にちんぽ洗ってもらうのが普通だった。

おれは目撃したことがあった。
あれだけ普段うざかったり生意気そうな母親も
ヤる時は信じられないくらいしおらしく
そしてメスになるのは正直父親すげーってなった。
見た時は衝撃だった。完全にあの母親を飼いならしていた。
次の日、母親の機嫌はすこぶるよかった。
うちの母親の機嫌が悪いときがないのはそういうことだったのかと思った。
女は性行為で満足させる(躾ける?)必要があるのかと俺は知った。
密かに父親すげーって思った。

こないだのカラオケで遊んだコのラインを今日は約束あるから
と素っ気なく返して帰路についた。
彼氏と遊べよ意外とヤリマンだなとか思った。
今日は友達と俺のうちでモンハンやることになっていた。

しかし、男友達がなぜか愛子を連れてうちにやってきた。
いったいどういうことだ? とりあえず家にあげたが。
このヤリマンはウインクなんかしている。
こいつ、なんか裏で手回しやがったな。

2時間くらいゲームをやった。
「じゃあ俺はそろそろ・・・」
普段はこんな早く帰らないミノルが切り出した。
やはり愛子のやつなんらかの手でミノルを抱き込んだな。
適当なところで帰るよう指示でもしたか。

どんな密約を交わしたか知らないが、俺はミノルにラインした。
ミノルはそれを見てえっ?となったが、じゃあと言って部屋を後にした。
「二人きりになっちゃったね~」
「おまえも帰れよ」
「もーなんでそんなこと言うの」
ゲームを置いて俺の前に立ってスカートをあげた。
「見て…」
パンツに穴が空いたいやらしい下着だ。
「ひゃん!すご、迷わず触ったぁ」
中は濡れている。溢れ出そうだ。
「触ったから怒るー」
股間を上から触られ、小さな顔の愛子とキスをした。
小さい下を引き抜く勢いで深いキスをした。
「キスも上手いね///」
愛子にズボンとパンツを剥ぎ取られる。
「おっきいし、カリ高!」
アイドルのような愛子の目線がちんぽで隠れる。
口に近づけたらすぐ咥えた。
小さな顔、小さな舌のわりにデカチンが好きなようだ。
「ぷはっ」
「俺もしていい?」
愛子の後ろに位置どってドアのほうに股を大きく開かせる。
ぱっかり開かせて手マンする。
「んんっ、上手すぎっ」
クリを弄んだあとは中を優しく指でえぐる。
「出そう、いや、いやぁっ」

その時、がちゃっと指示通りミノルが帰ってきた。

ぷしゃぁっ、ぷしゃぁ!
「え、うそ、いやぁっ、見ないでー」
さしもの愛子も顔を隠すが股は全開だ。
しかもまだまだ噴き出している。
「なんでぇ?いやっ、と、止まらないー」
ミノルは理解できないのか固まっている。
愛子は気持ちよく潮吹きして放心している。

「ミノル、そこの引き出しを開けろ」
そこにはゴムがあった。
ミノルは童貞だった。まさかこんなかわいい女子で自分が卒業することになるとは思ってもみなかったに違いない。
「愛子は怒らないから」
あれだけ潮噴いたのに愛子は底なしだった。触ればまた感じている。
くっちゅ、くっちゅさせて愛子の耳元で囁いた。
「ミノルは俺の一番の親友だ…いいだろ、愛子」
「前からお前の事が好きだったんだ。俺もミノルも。お前が」
「最終的には俺を選んでもらうけど、ミノルにも思い出が必要だろ?だから…」
ゴムをつけたミノルは愛子の中に挿入した。
愛子はまた新しい男を知った。
(んっ、結構大きぃ…)
挿入が思ったよりよくて困惑した。
(好みじゃないのに…気持ちいぃ)
「動け、ミノル。好きだって言いながら」
ミノルはすごく動いた。
「愛子さん…愛子!好きです!好きでした!心から!諦めてたけど!」
パコパコしながら告白されているのに愛子は満更じゃなさそうだった。
「好きです!かわいすぎてずるいです!大事にします!ううぅ、出る!」
愛子は口元を手で覆いながらしっかり射精を受け止めた。
おお…いいぞ。揺れてる揺れてる。彼氏のこと忘れてミノルと付き合ってしまえ。

勃起していたけど愛子とやるのはやめておいた。
もしかしたら本当にミノルと付き合う可能性もあるしな。
なんだかよそよそしい空気の中、
ミノルは愛子を送ると言って二人は帰りその日はお開きとなった。

後日、二人は付き合いだした。
二人は俺が愛子のこと好きだったと誤解をしていて
しきりに俺に遠慮して自分たちだけごめんねと言っていた。
俺はむしろよかったと思っているが…
今更愛子のことそんなに本気じゃなかったなんて言えないことだけは確かだった。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次