エッチ体験談が11,000話を突破しました。

言えなかった「さようなら」はもう届かず

PR

元旦那さんから投稿頂いた「言えなかった「さようなら」はもう届かず」。

俺に股を大きく拡げられて、丸出しにされた女陰をむしゃぶりつかれ、悶絶した元妻。
俺の男根を深々と女穴に突き立てられながら、俺の背中に両腕を回して狂ったように唇を重ね舌を絡めてきた元妻。

高く尻を突き上げ、菊門丸出しで後ろから男根をジュボジュボされ、腰をくねらせ経元妻、
揺れ彷徨う乳房を鷲掴みにされて揉みしだかれて、仰け反ってヨガりまくった元妻。

「ゴメン・・・元彼に中に出されちゃった・・・あなたの子か元彼の子か、産まれてみないと分からない・・・」
絶望の中、離婚届を泣きながら書いて別れた元妻。
「ごめんね・・・ごめんね・・・私の事なんか早く忘れて、いい人見つけてね。元気でね。さようなら・・・」
俺は、別れの言葉さえ言えず、去りゆく元妻を見送った。
「さようなら」くらい、言ってやればよかった。

今、元妻はどこにいるのか、子供は産んだのか、誰の子供だったのか、全くわからない。
ただ、俺は故郷を後にする。
あの後、俺は33歳の時に11歳年下の今の妻と結婚し、2人の子供にも恵まれ、その子供たちも都会で独立した。
俺は、故郷に未練が無いから、来年の定年で妻の実家へ引っ込むことにしたのだ。
この故郷より更に田舎町だが、妻の親戚に町おこしを手伝って欲しいと言われ、故郷の再就職の誘いを断り、人手不足にあえぐ妻の故郷の観光協会に勤務する約束をした。
だから、29年前に別れた元妻に、一目会っておきたくて、消息を追っていた。

たどり着いた元妻の居場所は、何度もそばを歩いたことのある近所の共同墓地だった。
「あいつ・・・いつクリスチャンになったんだ・・・」
墓地にあった十字架に向かってそう呟いた。
墓には、32歳で亡くなった元妻と、3歳の男の子の名が刻まれていた。
事故にでもあったのだろうか・・・その子供は誰の子だったのだろうか・・・
持ってきた生花を手向けたが、十字架を見て線香は遠慮した。
そして、29年前に言えなかった「さようなら」を言って、元妻の眠る墓を後にした。
振り返って、もう、二度と来ることは無いだろう十字架を見つめたら、泣きながら離婚届を書いていた元妻の顔が蘇った。
「サラバだ・・・」
そう言って、あとは振り返ることなく家路を急いだ。
溢れる涙がアスファルトの上に落ちた。

44+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR