少年時代のエロい思い出

PR

シンさんから投稿頂いた「少年時代のエロい思い出」。
どこにも、誰にも言ったことが無いですが、いつか書き出してみたいと思っていました。
これは15,6年前の自分と友人Kの話しです。

彼との出会いは小学1年生のとき。
自分は比較的おとなしいタイプで問題なども起こすことは無かったのですが、彼は小学1年のときから暴力的なタイプで学年でも有名な問題児として扱われていました。
そんな彼を自分は少し怖いとも思っていたと思いますが、当時なぜか彼と学校のトイレでエロ写真を一緒に見ていた記憶があります。
クラスも別々でこれといった接点は覚えていないのですが、波長が合ったんでしょうか、お互いをエロ仲間と認識し仲良くしていた気がします。

そんな自分は田舎暮らしで、通学路はほぼ森の中です。
途中通過する橋があるのですが、小さな谷を越えるような橋で、道の脇から橋の下に潜ることができました。
橋の下に潜れると言っても、軽い茂みを入っていくため普通来るような人はいません。
そこが秘密基地のようで、雨風防げるため遊ぶには丁度よく、何度かそこでエロ本を見つけてはズボンを抜いてちんこを弄っていた記憶があります。
エロ本の保存状態もよかったです。
小さい橋の下なのでたまに人が通る音が聞こえとてもドキドキしましたが、それが意外とよかったようで自分ながら素質があったんだなと思います(笑)

そんな中少し時間が経ち、小学3~5年の頃は通学路に落ちているエロ本を彼とお互いに教え合い、時には一緒に見ていました。
ただ、前段に書いたように自分は大人しいタイプ、彼は不良タイプであったため、普段は全くと言っていいほどしゃべりもしなかったはずです。
今思えば一方的に話しかけられていたんだと思います。

自分の育った町では図書館が学校の近くにあり、子供でも自由に会議室を借りることができる制度がありました。
たまに学校帰りに寄っては、何をして遊んでいたか記憶にありませんが部屋を借りていました。
その図書館でまたま彼と会い、持っていたエロ本の切れ端を一緒に見ていました。
そこで、突然彼から「押入れの中に入ろう」と誘われました。
最初は何をするのかわからずただ中に入りましたが、その押入れの中で「俺のちんこを舐めて」と言われました。
小学校5、6年の頃だったと思いますが自分にはまだ汚いのになんで。。。という印象しかなく、断ったような気がします。
思えば、当時見ていたエロ本はほぼヌード写真だけで、行為をしているような写真は見た記憶がありませんでした。
ビデオなども見ておらず、エロに興味があった割には意外と健全だったのかもしれません(笑)

そんなことがあってか、それからお互い気まずくなったのか、しばらく何も起きず中学生になりました。
そこで彼とは同じクラスにはまたしてもならなかったのですが、同じテニス部に所属し、また顔を合わせることになりました。
ただ、彼は相変わらずの不良少年のため部活にはほぼ来ませんでしたが。。。

その後、中学2年のとき、同じ部活仲間ということで別の友人Aの家にKと一緒に泊まりに行くことになりました。
Aは自分と同じ大人しい真面目タイプでしたが、中学生の男同士、普通にゲームなどで盛り上がり夜を迎えました。

ご飯も頂いて、じゃあ風呂に入ろう、という流れになり誰から入る?ってことになったのですが、ここがターニングポイントになったのでしょう。

不良のKと目が合い、お互いにアイコンタクトした気がします。
Kと一緒に風呂に入ろう。それが自分の考えで、Kもそう考えました。
数年前までお互いにエロ仲間であったことを忘れる訳もなく、そんな気になったのだと思います。
風呂に入ると、Kは自分のちんこを恥ずかしげもなく見せてきました。
彼のちんこは自分のそれよりも少し大きく、毛もしっかり生えていました。
お互いにお互いのちんぽに興味深々で、軽く触ったりしているうちに風呂の中で彼からオナニーのやり方を初めて教えてもらいました。
そのまま、少しテコキをしてもらい、さらにフェラまで始めました。
始めてのフェラは非常に気持ちよかったのですが、射精までには至りませんでした。
そして一緒に湯船に入ったときに、「彼から挿れてもいい?」と聞かれ自分はすぐに意味を理解し、少し考えてからOKと言いました。
当然ながら指も挿れたことがない菊門にちんぽが入る訳もなく、当ててすこしぐりぐりしただけでお互いに諦めました。

何事もなく風呂から出て、友人Aに風呂に入るよう促し部屋に残った自分とKはまた布団の中でちんぽの触り合いを始めました。
風呂からAが出て来た後、また布団の中に入ったままゲームを始めましたがKと自分はAが居るにも関わらず布団の中でガサゴソと触り合いを続行。
Aが気付くことはおそらく無かったと思います。
(Kについては後述しますが、友人Aとはこの後も普通の友人として付き合い20年経った今でもよく一緒に酒を飲む中です)
ゲーム途中で一度トイレに行くと言って、Kと自分の2人で部屋から離れました。
トイレは廊下を挟んで部屋の隣だったのですが、2人でトイレに入りここで初めて(だと思う)Kのちんぽを咥えました。
風呂から出てしばらくしたKのちんぽは少ししょっぱかったのですが、風呂でフェラしてもらったお礼にたくさん舐めてあげました。
その日はしばらくゲームをして、その日はそのまま終了し、何事もなく翌日を迎えました。

その後、お泊りした日の思い出がお互いに忘れられず、Kと自分は2人で遊ぶようになりました。
基本的に遊ぶ場所は自分の家で、Kが休みの日によく来ていました。
遊ぶと言っても、基本的に一緒に親のエロ本を見るか、エロビデオを見るようなことをしており、TUTAYAに一緒に行って15禁ビデオをドキドキしながら借りました。
(15禁はエロ描写はあるものの、モザイクが無く、それとなく雰囲気だけ伝わってくるもの。健全だ)
一度、親のエロ本をまとめて数冊貸したのですが、きっと親は数冊無くなったことに気付いていたと思います。
もちろん、あの日の夜のことがあったので一緒に見るだけでは無くなり、フェラ、オナニーの見せ合いっこなどをしていました。
ただ、もう挿れたい、などとはお互いに言わず、ただただフェラとテコキで終わっていました。

そんな関係が中学生時代続いたのですが、中学卒業と共に別々の進路(Kは不良のため誰でも入れる学校、自分は工業高校)となり当時、携帯もそこまで普及していなかったのでそれ以来連絡を取らなくなりました。

高校以降、ホモっ気が芽生えていた自分はノンケの友達が泊りに来たときにちんこを触ろうとしましたが、嫌われるという恐怖感で結局他の友達へは何もできませんでした。
その後は高校2年の頃、出会い系サイトにはまり、たくさんの女の子と出会いホモ関係になる男は現れませんでした。

Kとは中学依頼会っていませんが、近所のスポーツジムで見かけたという話を同級生から最近聞きました。
すでにかわいい奥さんと子供もいる自分ですが、ちょっと昔を思い出したのでスポーツジムでも行ってみようと思います。

体験談100%で書きました。
普段、文章なんてほとんど書かないので読みにくいと思いますが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

PR

コメントを残す


ゲイ体験談を投稿する

貴男が体験した男性同士の体験談を投稿しませんか?ゲイ、ノンケどちらもOKです!
貴男の素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。