2度目のハッテン場

ネコさんから投稿頂いた「2度目のハッテン場」。
前回「初めてのハッテン場」を書いたものです。
今回は、とある公園でバニラした話をします。

またも、自分が住む県のハッテン場情報をスマホで見てたときのことでした。
今度は車で10分くらいの森林公園にある展望台。真昼間でありながら
「頂上で全裸待機してます。プロフは170、65、26」との書き込みが。

この日はちょうど雨。公園にはほとんど人なんていないだろうし、
プロフも自分と似ているし、ムラムラしてたため書き込んで向かうことに。

いざ公園に到着。しかしまだ1回しか経験のないハッテン。
胸をどきどきさせつつも、右手は自分のアソコを無意識に触っていた。

とても緊張しており、公園をうろうろしていると
「そろそろ着きますか?」と相手から書き込みが。
僕は緊張で冷たくなった手を震わせながら「もうすぐ展望台です。」と書き込んだ。

展望台が近づき、ふと上を見上げると1人の男性がこちらを見ていた。
あの方だなと確信し、俺は階段を駆け上がる。
頂上に着くとサイトの書込み通り1人の男性が全裸で立っていた。

相当ムラムラしていたのか、もうオナニーをした様子。

そそり立つ肉棒の先からは透明の我慢汁が溢れていたので、
俺は彼の肉棒を握りしごき始めたが、わずか数秒で体を震わせ、
「ああぁ、イキそう、、。」と。俺はポケットからコンドームを取り出し、
彼のモノにつけた。「舐めていい?」と尋ねるとこくりと頷いた。

フェラ好きの俺は躊躇なく咥え舐め始めると、
彼は「ああ。すっげぇ」「気持ちいい」と言い体をくねらせていた。

彼の肉棒が俺の口内でビクビク動いている。すると「もうだめ。イク、、!」
そういうと彼は、コンドームの中にねっとりした精液を出して
俺の口の中で果てた。ゴムの上からとはいい、温かかった。

興奮が抑えられない僕は、賢者タイムの彼の前で全裸になった。
もう緊張なんてない。気持ちよくなりたい。そう思った。
わかってくれた彼はゆっくり近づき、僕の肉棒を握った。

僕の表情を見つつ、しごき始めた。すると彼が「汁出てますよ。」といい、
自らの肉棒を見下ろすとダラダラ溢れていた。
もう興奮で頭が真っ白。しかも忘れていたがここは屋外。

人が来ないか急に不安になったが、彼の手は止まらない。
亀頭に我慢汁まで塗られてしまい、、、。
「俺も、、イク!!」
真っ白の精子が俺の肉棒から放たれた。

コトが終わり、お互いそそくさと服を着ると、その場を後にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。