元ノンケでしたがメス堕ち願望を持ってしまった結果・・・

優さんから投稿頂いた「元ノンケでしたがメス堕ち願望を持ってしまった結果・・・」。

性指向はノーマルで、普通に女性が好きだったのですが、マゾっ気があったことから、SM雑誌を読み耽っているうちに、自分をM女に投影する事が多かったです。

そんな時、女装者がメス堕ちさせられる・・・・というような体験談を目にし、今まで感じた事のないほどの興奮を覚え、それ以来「メス堕ち」願望を持つようになりました。

ディルドやアナル・ストッパーを使い、アナル拡張をしながらのオナニーを続けましたが「アナルだけで逝く」という状態には全然到達せず、毎日、アナル開発の事ばかり考えるようになっていました。

少しづつアナルは拡張していき、45mmのディルドが楽に咥えられるようになった頃、遂にネットで知り合った男性に抱いて貰い、本物を受け入れました。

アナルは十分に拡張していたので痛みは無かったものの、思っていたほどの快感もなくあっけない処女喪失だったという記憶しか残っていません。

そのうちに、アナルで逝く=ペニスでは逝かない、という結論に達し、貞操帯を購入して自分で装着するようになりました。

極力ペニスに触れないようにし、代わりにアナルや乳首は毎日弄る事で感度を高めていくとそのうちに貞操帯を嵌めたままで射精出来るようになりました。

その頃から、暇があれば発展サウナに足繁く通い、できる限り本物に犯して貰うようになりました。

アナルもより柔軟になり、どんどんアナルSEXにも慣れていきましたが、元々ノンケだった意識が邪魔をして、どうしても面と向かってのキスや、フェラには抵抗感を感じざるを得ません。

それに、勃起しないとはいえ、射精が出来るので、射精させられてしまったら最後、一気に賢者タイムが訪れてしまい、目の前の男性が嫌悪感の塊にしか見えなくなってしまいます。

沢山の男の人にアナルを犯して貰うことで、アナルでしか逝けないようなメスになりたいと思っていたので、多少苦手であっても、キスやフェラは我慢してしていたのですが、やはり抵抗感が完全に拭いきれないと、SEXそのモノが楽しくなくなってしまいます。

なら、男色行為を止めれば、という話ですが、もう今さら女性とSEXしたいとも思えませんし既に、男の人に抱かれる事でしか快感が得られなくなっているので、何とかして抵抗感を拭い去りたいと思うようになりました。

生まれつきホモだったら、どんなによかったか、と何度も思ったものです。

でも、元々ホモではないのは自分で痛いほどよく知っていますので、ホモではなくても男の人とキスすれば気持ちいいはず!男の人のおチンチンは美味しいはず!と日々自分に言い聞かせるようになりました。

そして発展サウナに行っても、それを実践する為に、自分から「キスしていいですか?」「おしゃぶりしたいです!」とお願いするようにしました。

不思議なもので、相手からしてきたキスを受け入れるとか、しゃぶって!と言われてからフェラするのと違い、自分で言った事だからか、思ったほど抵抗感が起こりません。

あれ?何だこれ?って自分で思うぐらい、抵抗感を感じませんでした。

食わず嫌いだった食べ物を、食べてみて、あれ?美味しい!って思った感覚と似ていますが本当に男の人と舌を絡ませ合っている行為や、ペニスをゆっくり味わいながらしゃぶっている行為が、すごく楽しく感じたのでした。

その日のSEXが凄く気持ち良かったのは言うまでもありません。

あれ?何か、一皮剥けた?・・・・・正直、そう思いました。

そうやって抵抗感を全く感じなくなってからは、全ての行為がメスとして心地よく感じるようになり、キスしたりフェラしているだけで、少し逝きそうな気分になるようになりました。

で、挿入されながらキスされるのが最高に気持ち良く、そうされてしまったら1~2分で逝ってしまうようになりました。

完全にメス逝きだったり、若干トコロテンしていたりしますが、射精感は皆無で、その為か賢者タイムが訪れないので、逝ったあとでも、ずっと気持ちいいままで、そのまま2回目に突入することもあれば、腕枕して貰ってキスしながらまったりしたりする事が増えました。

ある時、私がトコロテンで射精して逝った後、相手の男性が私で逝ってくれ、昔なら確実に賢者タイムが訪れていたであろうという状況で、快感が持続中だった私は、アナルから抜かれた相手のおチンチンのコンドームを外し、ティッシュで拭いてあげようと思ったのですが、その時、何の躊躇いもなくお口で咥えて、お掃除フェラをしてしまった事がありました。

お相手の方も若干驚かれたようでしたが、美味しそうにおしゃぶりする私の頭を撫でてくれました。

男に人に抱かれ、キスされ、アナルを犯され、逝かされ、私の身体で逝ってくれたおチンチンをおしゃぶりし、残った精子を舐め取って飲み込む、すべての行為が快感で、最高に幸せだと感じた時に、完全にメスになれた事を実感しました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。