ゲイエッチ初体験

さきさんから投稿頂いた「ゲイエッチ初体験」。

嘘っぽいかもですが、初体験は海外でした。
大学の卒業旅行でイタリアに行った時のこと。まだゲイとか全く分かってなかったころ。
大学の友人と3人で行く予定だったが、飛行機の予約の関係で俺だけ2日ほど先に行って、ローマで落ち合うことに。
ローマ市内の観光地を一人で軽くまわって、広場で休憩してたところに、初老のイタリア人男性が話しかけてきた。
相手は流暢なので英語、こちらはカタコトながら、どこから来たのかとか、どのくらい滞在するのかとか、そんな雑談をしたあと、その人が近くを案内してくれると言い出した。
こっちは英語も得意でもなく、人生経験も少ないガキで、スリとか犯罪もあるような海外でのこと、だいぶ訝しみはしたが、あまり悪そうな人にもみえなくて断りづらく、また旅行で気も大きくなってるのでノコノコついて行ってしまった。

案内してくれたところはほんの数箇所だけだけど、楽しかった。結構話がうまく、分かりやすい。日が暮れた頃には仲良くなって、近くにあるという彼の家で夕食を一緒に食べる事になった。

ひとり暮らしのようだったけど、そこそこ広くてオシャレな感じ。ご飯も済ませてお酒も飲んでソファで気持ちよくなってきたところで、彼が「疲れただろうからマッサージしてあげるよ」という。

はじめは腕や肩を揉まれるだけだったけど、だんだん胸や乳首にも手が回ってくる。変だな、とも思いつつも、そういうもんかな、とも思いリラックスしてると、ついに股間やペニスも触ってきた。
男にさわられたのなんて初めてだったし、驚きはしたけど、不思議とイヤな気持ちもしなくて、拒みもしなかった。気がついたらすっかり勃起していて、下着からはみ出しそうになってた。

「ベッドで続きをしよう」と促されるまま服を脱いでベッドに寝そべって、お互い裸になって抱きしめられて初めて、彼がゲイなんだと気づいた。
正直、それまではまだ「フレンドリーな人」としか思ってなかった。ボディタッチが多いのも国民性なのかなってくらいの感覚で。そのくらい何にも分かってなかった。
彼に「ゲイなの?」と聞いたら「両方」と返ってきた。なんかそれがおかしくて笑ってしまった。

その後はほとんど会話もなかった。身体に舌を這わせてきたり、背筋に沿って指でなぞってきたり。
はじめよりは遠慮はなかったけど、至ってソフトで優しかった。
アナルにも指を入れてきたけど、さすがに痛くて断った。キスも何故か抵抗あってできなかったな。キスだけはしたくないってのもなんか変だけど…。
乳首をコリコリと手でいじられると、身体がビリビリするくらい気持ちよくて、思わず女のように声が漏れる。自分が乳首で感じるなんて、初めて知った。
彼もそれに気づいたのか、乳首を舐め回したり、甘噛みしたりと激しくなっていく。ペニスに先走りも溢れてきた。
ペニスを握られられるともう我慢できなくて、すぐにイってしまった。
自分の精液が自分のお腹のあたりに溜まってる。これも初めての経験だった。彼は笑顔で拭き取ってくれた。
こちらはイってしまったけど、彼はまだ出してない。
彼に言われるまま四つん這いになり、足を閉じたところに、彼が太ももの間にペニスを差し込んできた。
彼はこちらの腰のあたりに手を添えて腰を振り出し、彼の下腹部が尻に当たる。女のように犯されているようで、不思議な感覚だった。イったばかりのペニスがまた膨れだしてきて、彼のペニスともどかしく擦れあう。
程なく彼が腰を抜き、背中に何かがかかる。とても熱くて、彼もイったんだなと思った。今思えばきっと彼にはこのくらいじゃ物足りなかったんだろうな。

そのままベッドで抱き合いながら少し話して、ホテルに帰ることになった。泊まってくか、帰るなら送るよとも言ってくれたけど、断ってしまった。
着替えてる最中もずっと俺のペニスは立ちっぱなしで、「もう一回出す?」なんてからかわれてしまう。
家を出るときに彼がキスを求めてきて、今度は受け入れて、軽く唇に触れて別れた。プレイ中にもっとしておけばよかったな、とちょっと後悔した。
ホテルに戻ってからもボーッとしてしまってて、でも身体がうずいてて、何度かオナニーしてしまった。

その後、男同士のセックスをするようになるのは数年経ってからになるけど、初体験の印象は強烈だ。
今でも、初老やそれ以上の方に女のように犯されることを求めてしまう。
アナルも開発されて、いろんな快感を知った今、もしあの時に今のようなセックスができたらどれだけの悦びがあっただろうか、と思う。

長々とたいしてエロくもない話ですが、誰にも話せないので書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。