キャンプのバンガローで彼女と友達の童貞男が裸で・・寝取られエッチな体験談

PR

キャンプのバンガローで彼女と友達の童貞男が裸でいつところを発見した寝取られエッチな体験談

数年前、まだ学生だった時の話なんだが・・・。
大学2年の夏、仲のいい男女3:3でキャンプ行ったんだ。
そのうち俺とY子、A男とB子の2組はカップル。C男とD子はフリーだった。
C男ってのは見た目ちょっと病弱っぽいけど、背も高く、顔もイケメン部類。
だけど妙に内気なところのある奴で、「女いない歴=年齢」の童貞だった。
見た目もいいしモテるだろうに、はっきりとしない性格が災いしてたんだな。
普段から照れて「女なんていらないよ~。」と弱気な事を言っているけど、
実はD子の事を気にしているんじゃないかって情報をキャッチ。
D子もC男に対して満更ではない様子。


今回のキャンプで二人の仲を進展させるきっかけをつくってやろうと、
俺たち2組のお節介カップルは密かに目論んでいたわけだ。
特に俺の彼女・Y子はすごい乗り気で、張り切っていろいろ取り仕切ってた。
キャンプは山奥。
一応、男と女は別々に泊まれるようにバンガローは二棟借りたんだけど、
夜は結局、女のバンガローに6人集まってどんちゃん騒ぎ。
C男とD子の仲を取り持つ使命なんか忘れて楽しんだ。
そのままいつしか眠ってしまった。
夜中に目が覚めた。部屋はすでに消灯して真っ暗になっていた。
俺はいったん寝ると朝まで目が覚めないタイプの人間なのだが、
珍しく夜中に目が覚めてしまい、しばらくぼーっとしていた。
そのうち目が慣れてきたので、辺りを見渡すと、
もうみんな寝静まっているようで、いくつかの人影が転がっていた。
しかし人影は3体しかない。
「あれ、男連中は俺だけ残して自分達のバンガローに戻ったのかな」と、
一人一人の顔をそっと覗き込んでみると、いないのはY子とC男だと分かった。
時間を見るとちょうど2時だった。
「まあ、トイレ行ったか、寝つけなくて散歩でもしているんだろう」と思った。
一応、外には真っ暗にならない程度の外灯はある。
俺も目がさえてしまったので、ちょっと二人のところ行ってみるかと、
みんなを起こさないようにそっとバンガローから外に出て、
トイレや広場など探してまわったけど、二人の姿はどこにも見当たらなかった。
「寝ている皆に気を遣って、男用バンガローに移って喋っているのかな」
そう思い、最後に男バンガローに立ち寄ってみたが、外から見たところ、
窓は閉まりカーテンがかかっているようだ。明かりは消えている。
「電気ついていないって事は、ここにもいないのかな」と思いつつも、
何気にドアノブに手をかけると、鍵がかかっていないようなので、入ってみた。
と、同時に、「きゃっ」という女の声と、ガサガサドタッという音。
そして静寂。
部屋の中は暗くて何も見えず、もわっとした異常な湿気だけが漂っている。
俺 「誰かいるのか~?」
と一声かけながら、ドアの脇にあるスイッチを手で探り、電気をつけた。
明るくなった部屋、俺の目に飛び込んできたのは、裸の男女二人。
Y子とC男だ。
二人とも部屋の隅で体を隠すように小さくなっている、
Y子は一応Tシャツで胸の辺りを隠しているようだが、どう見ても全裸だ。
C男も背を丸め、股間の辺りを手で隠し横向きに座っている。
二人とも顔だけは驚いた表情をしてこっちを向いていた。
このスレの皆さんなら最初っからこういうオチが予想できただろうけど、
当時の俺は本当にこの瞬間まで二人の事を疑いもしなかった。
彼女と友人の事を信じているとかそういう感情もなかった。
全く考えもつかない事だったからだ。
だから二人を探している時にも不安みたなものもなかった。
俺が迂闊とか鈍感とか、そういうのとも違うと思う。
それだけに裸の二人を見た瞬間、俺は怒りよりも唖然とした。
辺りには服が脱ぎ散らかしてあった。
Y子のブラジャーとショーツも、C男のトランクスも。
そして二人ともすごい汗だ。
俺も段々と正気に戻り、そして怒りがこみあげてくる。
俺 「お前ら・・・何してる?」
C男は即座に「すまん」と言ったが、その言葉にY子がかぶせるように言った。
Y子 「C男クンは悪くないの、私が悪いの。でも何もなかったから、ね、信じて。」
俺 「二人とも裸なのに信じてって・・・意味分からん。」
Y子 「裸で抱き合ってただけ。それ以上は何もないの。」
極寒の雪山で遭難した男女じゃあるまいし、
こんなクソ暑い夏に窓閉めきって、裸で体を温め合うだけの馬鹿がいるかよ。
Y子はすごい早口で言い訳を繰り返す。
その間、C男は脱ぎ散らかしてある服にそっと手を伸ばしていた。
俺はその服を蹴って彼の手の届かないところへやった。
C男は怯えたように手を引っ込めた。
俺 「何であれ、恋人でもない男女が裸で抱き合うなんておかしいだろ。」
C男はずっと無言で、ちょっと震えている。
Y子がまた何か言い訳しようとしているのを俺は遮って、
俺 「C男、どうなんだよ。何とか言ってみろよ。」
Y子 「C男クン、私たち何もなかったわよね、ね。」
俺 「Y子は黙ってろ!」
Y子 「・・・。」
C男 「・・・スマン。・・・いや・・・その・・・。」
この馬鹿どもは・・・。
裸で抱き合うのはいいのか?途中までならいいのか?
俺が来なかったら、最後までいっていたんだろうが。
猛然と言い訳するY子、怒る俺、はっきりしないC男。埒があかない。
とりあえずC男には服を着せ、向こうのバンガローに戻るように言った。
個別面談だ。C男には後で話聞くつもりで、Y子と二人きりで言い合いをした。
服を着ろと言ってもY子は聞き入れず、裸のまま一方的な主張を繰り返す。
Y子は痩せているが出るとこはしっかり出ていて、まあスタイルはいい。
今まで何度も愛し合ってきた女が、全裸で他の男に抱かれて汗にまみれ、
半狂乱で彼氏の俺に食って掛かってくる。おぞましい光景だ。
この体が今まで童貞のC男とチチクリあっていたかと思うと気分が悪くなる。
そのマンコにもC男のチンコを出し入れされていたんじゃないか。
Y子は否定しているが、俺にはその疑いも消えない。
Y子の言い訳は終始、一貫性がなくハチャメチャだった。
Y子 「裸で抱き合っていただけ。それ以上はなかったし、また、するつもりもなかった。」
俺 「裸で抱き合って、するつもりはなかったなんて言い訳が通ると思うのかよ?」
Y子 「自分の彼女の言う事が信じられないの?」
俺 「俺以外の男と裸で抱き合っているの目撃して、何を信じろって言うんだよ!」
Y子 「結果的に何もなかったんだからいいじゃん。」
俺 「いいわけないだろ。じゃあ、何で裸で抱き合う必要があるんだよ?教えてくれよ。」
Y子 「ふざけ合ってただけよ。変な気持ちなんてなかった。」
俺 「お前だって俺が他の女と抱き合ってたら、どんな気持ちになるか考えてみろよ。」
Y子 「はぁ~?何それ?風俗は浮気じゃないって言いたいわけ?」
俺 「誰もそんなこと言ってないし。それに風俗行った事ないし。
   ・・・さっきからお前の言っている事おかしいぞ。」
Y子 「あんたって人間ちいさ~い。」
本当はもっと噛み合わない言い合いだったが、
無理やり要約するとこんな感じだった。
そんな言い訳で俺が納得できると思っているのだろうか。
しかし何故この状況で自己弁護をできるのか。
何故謝ろうとしないのか。
しまいに俺はブチ切れて、
俺 「マンコ見せてみろよ。したかしてないか確かめてやるよ。」
Y子 「最低!最悪!自分の彼女が信じられないなんて!
   あんたなんか大嫌い。私、前々からC男クンが好きだったから、彼と付き合う。」
わけ分からん。
第一「信じろ」って何もやってない奴の台詞だろ。
二人とも裸なのを目撃されているのに「信じろ」って、頭おかしい言い分だ。
Y子が素直に非を認め謝ってきたなら、俺もいろいろと葛藤したかもしれない。
だがこう狂ったように開き直られては、腹が立つだけだし、
正直言ってY子に対する気持ちも冷めていく一方だ。
確かにY子ははっきりとした性格で、気も強いところがある。
普段からY子には尻に敷かれているような俺だし、
ケンカしても大体は俺の方から折れてやる。
でも俺はそういうところも含めてY子の事を可愛いと思っていたし、
上手くいっていたはずだし、好きだった。
ただこういう事態になると、その性格を裏返した悪い部分、
頑固で自己中心的なところだけが浮き彫りになり、
さすがの俺もうんざりした。
とどめになったのはY子がはき捨てるように呟いたこの一言。
Y子 「いつもは寝ると起きないくせに、何で今日に限って起きてくるのよ。」
これ以上、話しても無駄だと思い、
俺はY子を散々罵り、彼女を残し一人でバンガローを出た。
するとバンガローの前の階段にC男が座っていた。
俺はY子と話していて怒り疲れ、また呆れていたので、
C男に対して、もう怒る気にもなれなかった。
歩きながらC男に話を聞いた。C男は「スマンスマン」と謝るばかりで、
肝心なとこはハッキリしないので、聞き出すのに苦労した。
こいつも物静かで控え目ないい奴だと思っていたが、
こんなにイライラする奴だとは思わなかった。
どんちゃん騒ぎの後、みんな徐々に寝てしまい、
起きているのはY子とC男だけになった。
二人はしばらく話していたが、皆を起こしては悪いと思い、
女バンガローを出て、外をぶらぶらして、男バンガローに行き、
そしてそこで喋っているうちに、あやしい雰囲気になり、そうなってしまった。
C男は言葉を選んでY子をかばうように言っていたが、
まあ、誘ったのはY子の方からだろう。
はっきりと断る事の出来ない流されやすい性格のC男の事だ。
あれよあれよとY子のペースに乗ってしまったんだろう。
まあ、C男も男だったということだ。
結局、Y子とC男はやっていたらしい。つまり挿入していた。
その途中に俺が入ってきたとの事だ。つまりは射精はしていない。
それってC男にとって、童貞喪失になるのかなとふと思った。
それにしてもY子め、嘘つきやがって。裸で抱き合っていただけじゃないではないか。
俺 「C男、Y子のバンガロー戻ってやれよ。もう俺は知らん。」
C男 「いや・・・でも・・・。」
俺 「とにかく今、俺はお前と同じ空気を吸いたくない。」
突き放すように言って、俺は一人で皆のバンガローに戻って寝た。
そのまま俺は眠れないまま朝を迎えた。二人は戻ってこなかった。
結局、Y子は男バンガローで泣き明かし、
C男もY子のもとへは行かず、広場のベンチで一人で夜を明かしたようだ。
翌日は気まずかった。
キャンプ中で一人だけ帰るわけにもいかず、つらかった。
当然、Y子とは別れた。
しかしあんな状況で浮気されるなんて、なめられたものだ。
まあ、俺にも至らないところがあったんだろう・・・。
おわりです。
エロというより、嫌な話になってスマン。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1355記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。